サイトマップ
とさあちホーム
  暮らしいきいき 高知が見える 『とさあち』  

ホームとさあち五大陸ネット > ピッツバーグ通信

ピッツバーグ在住の医師、三木敏生さん(高知市出身)のアメリカレポート。日米の現在を題材に柔らかいタッチで考察。

 

misskochi 以前に「学習の大聖堂」の記事でも少しご紹介した日米親善人形「ミス高知」がひな祭りにあわせて3月8日まで期間限定でカーネギー美術館にて公開されました。

「ミス高知」は、1927年に高知の子供たちからアメリカの子供たちに送られたものです。実は、人形といえども「静かなる外交官(silent ambassadors)」として当時の正式なパスポートと汽船の乗船券も発行されているのです。これらの書類もきちんと保管されており、今回人形と一緒に展示されていました(人形の足もと)。

1920年代初めは、世界大不況へ突入しようかという時勢でアメリカの対日政策も硬化しはじめていた時期です。この親善人形を送るという計画は、当時日本に25年以上滞在していたグリックというアメリカ人宣教師の発案だそうです。日本の子供たちが寄付を集め合計58体の人形が作られ、1927年3月3日のひな祭りにアメリカに着くように送られたそうです。高知県の子供たちから送られた「ミス高知」は、全米を回った後、1929年1月にピッツバーグに到着しました。

当時、アメリカからも日本に親善人形が送られました。残念なことにほとんどは戦時中に失われたようですが、いくつかは戦後発見されたそうです。そのうち一体が横浜の人形博物館に寄贈された際、招待されたグリックさんの孫のグリック3世とともに「ミス高知」も日本に里帰り帰国し、1996年にまたピッツバーグに戻ってきたそうです。

おそらく日本の威信をかけて丹念に作られた「ミス高知」は、今日その逸話とともに美術品としてカーネギー美術館のギャラリーに展示されていました。80年以上もの時を超え「高知」と「ピッツバーグ」をつなぐ美しい人形、見つめると不思議な感慨にとらわれました。

よろしければクリックをお願いします→人気ブログランキングへ

| | トラックバック(0)

super01 真冬のピッツバーグは、連日氷点下の日々が続いています。しかし、町はスーパーボウルフィーバーで熱気ムンムンです。アメリカと言えばスポーツ、中でもフットボール(アメフト)は、アメリカを象徴するスポーツです。

そしてスーパーボウルは、その決勝戦、年に一度のアメリカ最大のスポーツイベントです。われがピッツバーグスティーラーズは、今年、史上最多6回目の優勝を目指してスーパーボウルに望みます。

ピッツバーグスティーラーズは、その名の示すとおり、鉄鋼(スティール)の町で生まれ、製鉄所で飛び散る鉄の火花をモチーフにしたチームロゴと 鉄の黒と火花の黄色(ブラック&ゴールド)を チームカラーとするピッツバーグの地元チームです。

スーパーボウル出場をかけた先週のカンファレンス決勝戦前には、「金曜日はブラック&ゴールドの日にしましょう」というお達しが行政局長名義で出され、すぐに子供の学校から同じ内容の電子メールが配布されてきました。

町行くバスの普段は行き先を示す電光掲示板も「GO STEELERS」、雑貨屋から銀行まで黄色と黒のスティーラーズカラーの飾り付けです。そして日曜日の試合に向けて、町はスティーラーズのユニフォームを着た人であふれかえります。もちろんわが家の子供たちも、お気に入りの選手のレプリカユニフォームで登校しました。

今年のスーパーボウルの対戦相手は初出場アリゾナカーディナルズですが、なんとチームの監督は元スティーラーズのコーチ、チームの花形プレーヤーはピッツバーグ大学出身です。今年のスーパーボウルはどっちが勝ってもピッツバーグの人にはうれしい(?)、、、いや、やっぱりスティーラーズでなくては!

写真は、芸術専門学校の前に飾ってある恐竜。チームカラーのフェイスペイントとマフラーをして今回リーグ優勝を争った相手レイバンスのユニフォームをくわえています。そして、たまたま その前を歩いていた人ももちろんスティーラーズのロゴ入り革ジャケット!

よろしければクリックをお願いします→人気ブログランキングへ

| | トラックバック(0)
obama01a.jpg
ついに、あたらしいページがアメリカの歴史に書き加えられました。過去に人種差別に基づく奴隷制度をもち、その長引く後遺症に苦しんでいる国民が、アフリカ系の黒い肌をもつ人物を、自分たちのリーダーとして選んだのです。

この事実のもつ重さは、肌の色で人を差別することのなかった日本人にはなかなか体感できないものですが、これを国民の総意として自ら成し遂げたアメリカ人に尊敬の念と惜しみない賞賛の拍手をささげたいとおもいます。

さて、細かな論評は専門家にお任せするとして、この歴史的な日のピッツバーグの日常を描写したいと思います。朝起きると、近所の教会の前には、出勤前に投票をすませようという人たちが5、6人たむろしていました。テレビで見るような厳重な警備も長蛇の列もありません。

そして、そんなのんびりした雰囲気のまま午後7時に投票が締め切られ、テレビは開票特集番組になります。実はあとで知ったのですが、職場の近くの協同組合会館では「Watch Party」と称するオバマサポーターによるみんなで開票発表を大画面でみるパーティが行われていたそうです。

また、午後11:30にオバマ候補の勝利が確定すると、オバマサポーターの大学生たちは、学生街を練り歩き勝利を祝ったそうです。

このようなことは、前回の選挙ではなかったことです。とくに、今回は若者の熱狂が目につきました。

そしてそれが伝染したのか選挙権をもたない子供たちまでもが選挙に関心を持ち、しかもオバマ候補を応援していたのです。

わが家でも小学2年生の長男は、就寝前にCNNのウエッブサイトで各州の開票経過を見て回り、翌朝はいち早く起きだして結果を知る為にインターネットをつけてくれと頼んだのです。そして、「僕たち勝ってるよ!」

たしかに、スポーツの決勝戦のような盛り上がりではありましたが…。

おそらく学校でも話題になっていたのでしょう。しかし、なんと幸せな子供たちでしょうか。政治は変わらないなどとシラケることなく、政治も歴史も投票で変わることが体験できたのですから、自分たちが選挙権を持ったときには、大切に行使することでしょう。

よろしければクリックをお願いします→人気ブログランキングへ
| | トラックバック(0)
harowin.jpg
ハロウィンの日には、お父さんは仕事を少し早めに切り上げて自宅に急がなくてはいけません。

急ぎながらも住宅街では、どこから子供が飛び出してくるかわからないので、ふだんより徐行しなくてはいけません。

家には、朝からお気に入りの仮装コスチュームを着込んで待っていた子供たちが早く出かけたくてうずうずしながら待っています。今日は学校にもコスチュームを着ていったのです。

今年は暖かくて気持ちの良い天気なので、家のフロントポーチに、いすと小さな机と一口サイズのお菓子を山盛りにしたトレイを準備して、さぁ出撃です。留守番部隊は、次々にやってくるモンスターやらプリンセスやら海賊たちにお菓子を配ります。

近所の家の前まで行くと、保護者は歩道で待って子供たちはそれぞれフロントポーチか玄関で待っている家の人のところまで駆けていきます。

「Trick-or-Treat!」お約束の合い言葉です。日本語にすると「お菓子くれないといたずらするぞ」と脅迫じみてしまいますが、子供たちはお化けになりきっているわけですからそこはご愛嬌です。

そしてお菓子を手持ちのふくろに入れてもらい「Thank you!」とお礼を言って次の家に向かいます。その間親は、垣根越しに「Happy Halloween!」とあいさつをかわし、「あったかいねぇ」などといいながら子供たちの後を追います。

ピッツバーグでは5:30から7:30までがハロウィンのお菓子配りと決められていました。7:30過ぎになると、フロントポーチを片づけて飾り付けてあるハロウィン用の電飾を消します。

そして家に入って、子供たちは戦利品の確認です。あまりに毒々しいお菓子は、親に没収され残りは大切にしまい込まれます。おやつとして、これから数ヶ月は保つぐらいあります。

今年は、サウスカロライナでひどいことに仮装した子供が銃撃される事件がありました。子供たちの楽しみにしているお祭りですが、今後はだんだん廃れてしまうのかもしれません。

よろしければクリックをお願いします→人気ブログランキングへ
| | トラックバック(0)
obama01.jpg
いよいよ残すところあと2週間。史上初の黒人大統領か、女性副大統領か、アメリカの歴史を変える瞬間がやってきます。

テレビ、新聞はもちろん市中でも今回の大統領選の話題でもちきりです。もっとも話題の質感には微妙な違いがあります。テレビではやはり「きれいごと」か、論理的な「批判」が目立ちますが、身近の会話ではもっと端的に「好き嫌い」があらわれます。

大学で働くようなタイプの専門職は大抵、「ブッシュが嫌い」という点では一致しているのですが、さて「オバマ」か「マケイン」かということになると話は違ってきます。

それぞれいろんな理由をつけるのですが、結局、本当のところどういう人間かはわからない、公約が守られるとも限らない、どっちがなってもブッシュよりはまし…と、いうことで、あとは直感的な好き嫌いで決めているように感じられます。

大抵のオバマ嫌いの理由は、「何を考えているかわからない、何をするかわからない」です。この「わからない」という意見の根底には理由を超えた感情的な不信感があるか、「CHANGE」を好まない保守傾向があるように思えます。

一方、マケイン反対派は「年齢」と「共和党」であることが主な理由です。ブッシュと同じ政党であること、ドラスティックな変化を期待できないことだけがマイナスです。ところが、副大統領候補のペイリン批判になるとがぜんヒートアップします。意外なことは、保守的な女性ほどペイリン候補に厳しいことです。女性だからといって盲目的に支持する訳ではありません。

いずれにしても、今回は、汚い個人攻撃よりそれぞれの政策攻撃がメインで、経済的にシリアスな局面にあることもあって、アメリカ全体がまじめに大統領選に取り組んでいるように見えます。

選挙キャンペーンの長さやテレビ討論の話題性、CNNから深夜のコメディ番組まで、ここまで政治にどっぷりつかれるアメリカはやっぱり民主主義の本場といえるでしょう。

写真は、近所の前庭に刺さっている「オバマ候補」支持のポスター(?)です。日本のように顔写真メインの選挙ポスターはありません。

よろしければクリックをお願いします→人気ブログランキングへ

rengyou01.jpg

ピッツバーグでは、レンギョウの黄色い花が春の訪れを告げてくれます。園芸店でも売っているような立派な庭木なのですが、自然に群生していることも多くちょっとした道路脇の斜面などに突然光り輝くような鮮やかな黄色が出現します。

この黄色を先頭に、スイセンが家々の庭先を飾り始め、一瞬桜に間違えそうなドックウッドの花が咲き始めると、灰色と茶色だったピッツバーグの風景が急に色づきだします。まるで、宮崎駿のアニメ映画「もののけ姫」のラストシーンのようにすごい勢いで緑が山を覆い尽くします。

そして、庭の芝生もぐんぐん伸びます。荷台に芝刈り機を積んだ芝刈り業者のトラックが目につき始め、ある日、ついに近所でガソリンエンジンの芝刈り機の音がし始めると、まるで冬眠から一気にさめたかのようにあちらこちらで芝刈り機がうなり始めます。

ガソリンエンジンの排気ガスの臭いと刈ったばかりの芝の匂い、このまじった”におい”も春の匂いです。

これから7月まで湿気の少ないピッツバーグはさわやかな過ごしやすい季節を迎えます。しかし、花盛りのこの季節、洗ったばっかりの車にうっすらとホコリのように花粉が積もり、アレルギーの方々には気の毒な日々でもあります。

【写真】春の訪れを告げるレンギョウの花

よろしければクリックをお願いします→人気ブログランキングへ

| | トラックバック(0)

pittuentogu01.jpg子供のころ、中学校の地理の教科書には、確かピッツバーグは、鉄鋼の町として書かれていたと思います。

現在、産業的には学術、医療、コンピューター、エレクトロニクスの町として見事に変身をとげましたが、町の人たちや町の中にはいまだピッツバーグは鉄鋼の町という誇りが残っています。

この写真の煙突群もその象徴の一つです。豊富な石炭資源と川を利用した運搬で鉄鋼の町となったピッツバーグの河川敷には延々と製鉄所が建っていたそうです。

『鉄は国家なり』の時代、製鉄に必要な石炭と石灰岩が豊富にあり鉄鉱石や鉄鋼を運搬するのに適した川を持つピッツバーグは、1911年にはアメリカ国内の鉄鋼の半分を生産し、人口は50万人に達していたそうです。

しかし、第2次大戦後、原材料の枯渇と施設の老朽化から採算が取れなくなり、1970年代に入ると日本をはじめとする外国勢との競争、不況による需要の低下などでピッツバーグの製鉄産業は衰退していきます。

人口も1950年の68万人をピークに減少し、現在は約30万人と半分以下になっています。市内の最後の製鉄所の火がきえたのは、1998年で、そんなに昔のことではないのですが、その後河川敷は新しいオフィスビルや大学の建物、あるいはショッピングエリアへと再開発が進みました。

製鉄所を象徴する煙突。1960年代は、町中煙だらけで大学教授でも一日働くと白いシャツが黒くなってしまったそうです。いまは、澄み切った青空に屹立する92フィートのモニュメントになっています。

【写真】モニュメントになった青空に立つ煙突群

 

よろしければクリックをお願いします→人気ブログランキングへ

| | トラックバック(0)

pittusinbun01.jpgピッツバーグには、2種類の地方紙があります。そもそも広いアメリカでは全国紙というのはあまりありません。

全国区なのは、USA TodayとNewYorkTimesぐらいでしょうか。ピッツバーグにあるのは、ピッツバーグポストガゼット(Pittsburgh Post-Gazette)とピッツバーグトリビューンレビュー(Pittsburgh Tribune-Review)です。

写真のように、ポストガゼットは緑、トリビューンは赤のビニール袋に入れられて毎朝庭に投げ込まれます。どちらかといえば緑のポストガゼットの方が優勢なようで、近所の庭には赤よりも緑の袋が目立ちます。

わが家にも毎朝緑の袋が投げ込まれます。平日は、たいてい3部構成で、一般のニュース、ビジネス関連のニュース、そして地方のニュースといった感じで分冊がまとめて入っています。

そして日曜日は、ドドーンと折り込みチラシや広告が入って分厚くなります。

実は、このチラシが主婦の必需品。いろいろな商品の割引券(クーポン)がついているのです。

日曜版の一面には、「今日は何ドルぶんのクーポンが付いています」とわざわざ毎週集計して書いてあるところをみると、このチラシを目当てに日曜版だけ買う人もいるのかもしれません。

日曜版は、いつもの項目に加えて「Forum」という論説主体の部や「House & Garden」といったオシャレなお宅紹介ページ、また「Classified」という売ります買います情報のページも充実しています。

ほかにも、「Travel」(土曜日)「Cooking」(木曜日)など文化系の紙面が充実しているのがアメリカ地方紙の特徴でしょうか? テレビやネットで事件事故のニュースでは速報性に劣る分、読ませる解説の文化系でリードを保っているのかもしれません。

【写真】雪の中にひときわ目立つ緑のポストガゼット

よろしければクリックをお願いします→人気ブログランキングへ 

| | トラックバック(0)

  kyoukai01.jpg ある日、息子のKARATE教室で日本語の文庫本を読んでいると隣の女性が突然話しかけてきました。

女性「それは、中国語?韓国語?」

私「日本語です」

女性「私も日本の勉強しています。宗教関係です。」

私「ほぉ~ 禅ですか?」

女性「いえ、Nichirendaisyouninです」

私「え?」(聞き取れなかった、、)

女性「ご存じないですか?」と小冊子をとりだす。

表紙の漢字をみてようやく

私「あぁ、日蓮大聖人ですか」と納得。

その後、彼女の親友が日本人であるという話になりましたが、日本の仏教についてピッツバーグの街角で耳にしたことにちょっと驚きました。

そこで いったいどれくらいの人が仏教徒なのかと、ちょっと調べてみました。アメリカの宗教分布統計では、福音プロテスタント26.3%、カトリック23.9%、主流プロテスタント18.1%、無所属キリスト教16.1%、歴史的黒人教会(Historically black churches) 6.9%、モルモン教1.7%、ユダヤ教1.7%、仏教0.7%、イスラム教0.6%、ヒンズー教0.4%となっているようです。

意外にも、仏教徒はイスラム教徒よりも多いようです。それにしても、キリスト教が統計上こんなに細かく分かれているとは知りませんでした。

ちなみに、答えを拒否したか無宗教と答えたのは、わずか0.8%。アメリカ人百人中99人は何らかの宗教に帰依しているということです。う~ん 確かにいたるところに教会はあるけれど…。

【写真】アメリカの教会

よろしければクリックをお願いします→人気ブログランキングへ 

| | トラックバック(0)

daiseido01.jpgピッツバーグの文教地区オークランドには、ひときわ目立つ建物がたっています。

ピッツバーグ大学のシンボルであり、ランドマークでもあるCathedral of Learning(学習の大聖堂)です。

大聖堂といいながらこの大聖堂は宗教施設ではありません。1937年に大学の建物として、建てられた世界で2番目に高い(42階)の校舎です。

地下と4階以上は、ふつうのオフィスが入っていますが、一階は古い教会のように雰囲気のある広い空間が広がっています。薄暗い中に大きな木のテーブルが置いてあり、学生たちが三々五々教科書を広げて勉強しています。この広い自習用のスペースを取り囲むように「The Nationality Rooms」と呼ばれる教室があります。

これらの教室はそれぞれ26ヶ国の文化を表現した内装が施されています。美術館レベルの凝ったつくりで、それぞれ展示物もあるのですが、実際に授業に使われます。

授業のないときには鍵がかかっているので勝手に見て回ることはできませんが、ツアーを頼んで見学することもできるようです。実は、インターネットのおかげで日本からでもヴァーチャルツアーが可能です。http://www.pitt.edu/~natrooms/index.html

この26教室の中には、「日本」教室もあります。もちろん日本の小学校の教室を再現したものではありません。

目標は日本家屋の様式を表現するということで、江戸時代の民家を模したものだそうです。日本を学習する際に、「障子」「畳」「大黒柱」「床の間」など日本文化のキーワードを実際に見ることができるという趣向です。

たしかに、「百聞は一見にしかず」。

たとえば、日本文学を専攻しているアメリカ人学生が、夏目漱石の作品を読みながら 「Shouji」越しの光の柔らかさを感じ取るには、あるいは どうやって「Shouji」に穴をあけるのか理解するには、日本に行くか、この教室で解説してもらうしかないでしょう。 こういった学習を支援する環境づくりはアメリカはピカイチです。

さて、ここの「日本」教室は、高知にとても縁があるのです。1999年に「日本」教室が完成した際には、日本に里帰りしていた親善人形「ミス高知」も帰国、また、高知から大正琴グループの方がいらして式典に参加されたそうです。

【写真】夕日に映える「学習の大聖堂」

よろしければクリックをお願いします→人気ブログランキングへ 

| | トラックバック(0)

Powered by Movable Type 4.292