土佐の街路市(露店市、青空市)についてのコラム!!高知の食材や農業、食の安全の話題も

サイトマップ
とさあちホーム
  暮らしいきいき 高知が見える 『とさあち』  

ホームいちの土佐 > 編集日記 いっちゃんスキ

大河ドラマ「龍馬伝」のふるさと高知から、坂本龍馬関連の話や、彼の生誕地近くの日曜市、火曜市など街路市のトピックなど、観光情報、食の情報をお届けしています。愛すべき日曜市のおじちゃん、おばちゃんの話、おいしい食べ物や農業の話、旅のつれづれ、街角の経済や投資の話題、歴史や土佐の風土など、考えたこと、感じたことをつづります。

【とさあち】いちの土佐/いっちゃんスキでタグ「食の安全」が付けられているもの

東京の日比谷におったら食えんけど、
田舎で農業や林業やったら、
食うていくことはできる

高知県工業会会長 北村精男さん(高知新聞9日付夕刊連載)

「農業への道」「職なき若者は農業を(下) 」でも書きましたが、北村さんのおっしゃるとおりだと思います。

昨日、NHKで「職業“詐欺”増殖する若者犯罪グループ」という番組をやってました。

番組では、「振り込め詐欺」に若者が手を染める背景には、不景気で厳しい就職事情、持っているお金が最重要基準になっている若者気質などがあることが描かれていました。

「家族のため」「食うため」。「自分の中に、正義を作ると、(人は)なんでもやる」という詐欺師集団のリーダーの話は、妙に説得力がありました。

「優位性」と言う言葉にも反応してしまいました。周囲の友人より地位、職業、お金の面で優位に立ちたい。進学校を出たのに、大学に受からなくて、友人の優位性保つために、「振り込め詐欺」に走った若者の話もありました。

この若者たちは団塊ジュニアの世代です。団塊の世代は競争の世代。やはり親から周囲からの「優位性」を保つことにこだわる気質を受け継いでいるのかな?

けれど、お金はなくても、地位や肩書がなくても、見事に生きている人はたくさんいます。

「お金がないから」とすぐ詐欺に走るというはどうにも短絡的な気がします。選択肢は、まだたくさんあるのに、視野が狭くなっている。

田舎で、高知で農業をやりませんか?肉体労働はきついだろうけど、最低限食べることはできるはずです。今、日本の農業は自給率も落ちて、このままだと立ちゆかなくなっています。日本の農業を助けてくれませんか?もう少しすれば、きっと農業の時代が来ます。

苦難を乗り越えて、農業をまじめにやり続けたら、あの日曜市のおじちゃんやおばちゃんのようなきれいな、美しい顔にきっとなれるでしょう。

人をだまして、良心のかしゃくに悩まされながら暮らすより、年輪を経たきれいな顔を目指す方が、ずっと価値あることだと思うのですが。

【写真】日曜市1丁目南48番の小山嘉壽さん。すてきな笑顔でしょう?

四国ブログランキングに参加しています。「ぽちっ」と押していただければ、幸せです人気ブログランキングへ

ついでにこれも「ぽちっ」とにほんブログ村 地域生活ブログ 高知情報へ

★関連記事

努力が足りない?

困ったことは面白い

あせらず、なまけず

私が食べるために作りました

値上げに負けることなく

|

私が食べるために作りました。

お客様も、どうぞお買いもとめください。

――日曜市2丁目北122番 松田春子さんのお店の看板

20D_2311 ※「食の安全」に対して関心が高まっていますが、この言葉こそ、「究極の安全」を表しているのではないでしょうか。

生産者と消費者の口に入れるものは一緒。昔はどんな食材もそうだったんですが、今は、どうなんでしょうか。

スーパーでも輸入物は人気がなく、少し高くても国産の食材を求める人が増えているようです。

その点、日曜市と街路市は松田さんと同じ気持ちの人が多いと思います。ほとんどの人が生産者それ自身が売り手で、なおかつ自分が食べるものと同じ安全な食べ物を提供していますから。

日曜市の店主さんたちの生産現場は小規模です。管理にももちろん目が行き届きます。観光客の方も、地元・高知の方も、安心して、安く安全な食材を求めることができます。

松田さんのお店は月に一度、オーガニックの街路市「港の土曜市」にも出店しています

四国 ブログランキングに参加しています。「ぽちっ」と押していただければ、幸せです人気ブログランキングへ

ついでにこれも「ぽちっ」とにほんブログ村 地域生活ブログ 高知情報へ

 20D_2280 寒い。さーむーい。

今日の日曜市は、凍り付くような寒さ。

でも空は、写真の通り晴れ上がっています。

冬の寒い日というのは、空気が澄み渡って透明感があります。

空の青さが目にしみます。見上げる高知城も美しい。天守閣の上には下界を見下ろす人たちが見えます。気持ちいいだろうなあ。

日曜市近くの山内一豊の銅像前では、観光客の方々でしょう、写真を撮影されている方が目に付きました。

20D_2256 こん なに寒いkatutoyo01のに人出は多かったです。連休の中日だということもあるでしょう。

最近、うれしい話を聞きました。「食の安全」から国内産の食材が見直され、日曜市に来る人が増えているとか。

この流れは喜ばしいことです。今年の市は繁盛間違いなし。

四国 ブログランキングに参加しています。「ぽちっ」と押していただければ、幸せです人気ブログランキングへ

ついでにこれも「ぽちっ」とにほんブログ村 地域生活ブログ 高知情報へ

aozora01

ichifukei09.jpg
きょうの日曜市は曇り空で比較的涼しく、そのせいか人出も多かったです。

今年の夏は酷暑でしたから、出掛ける気にならないのはよく分かります。秋になって、観光客が増えたのも、人出の理由の一つでしょう。

このところ三笠フーズの事故米問題、中国の牛乳や粉ミルクのメラミン混入など、食の安全を脅かす話題がニュースになっています。

コンビニやスーパーに行けば、ほしい食べものは、ほとんど手に入りますし、確かに便利です。

でも先に説明したように、いろいろなところから原料を寄せ集めた結果、「小分けされ混入された安全を脅かす物質」が広く流通するようになったのもまた事実です。

前にもいいましたが、食は体の基を作ります。

高知市の周辺に住んでいる方は、ぜひ車や自転車を飛ばして、日曜市を初めとする街路市にお出かけください。

すべてが安全で安心とはいいきれませんが、少なくとも流通経路は「農家から店」と単純で、安全を脅かす物質は入りにくくなっているといえるでしょう。

便利さよりも安全を。街路市に来る「ひと手間」が、ご自身とご家族の健康を守ります。

【写真】人出が増え始めたきょうの日曜市

四国ブログランキングに参加しています。「ぽちっ」と押していただければ、幸せです人気ブログランキングへ

ついでにこれも「ぽちっ」とにほんブログ村 地域生活ブログ 高知情報へ

ansinanzen01.jpg

お金の話題が続いていますが、きょうは食とお金の問題を考えてみたいです。

きょうの高知新聞夕刊には、1面にでかでかと、ウナギの産地の偽装問題が出ています。

各種の偽装問題といい、ギョーザ事件といい、このところ食の安全を揺るがす事件が相次いでいますね。

けれど、食の安全を見つめ直す意味ではいい面もあるんではないかと思います。

今回のウナギの偽装にしてもギョーザ事件から中国産のウナギの売れ行きがにぶって、在庫がたまったのが、一因になっています。

食糧自給率39%。われわれが安く購入できる食品の食材は、ほとんどが輸入に頼っています。

中には安全なものもあるでしょうが、遺伝子組み換え作物、大量の農薬が使われている品物は輸入ものが多いでしょう。また食品添加物の問題もあります。

こういったものを長年、体の中に取り入れていると、将来、体に異常が出てくる可能性が高いと思います。

とすると、たくさんの医療費がかかる。たぶん今のままで行くと、国の医療保険の財政の重荷が増大し、個人の負担分が増えることになる。そうすると、結局家計がすごく圧迫されるようになると思うんですね。

将来、大病になる確率を減らしたいなら、もっと食にお金をかけるべきです。安心、安全な食物にはコストがかかります。

家計の飲食費に占める割合がエンゲル係数です。この係数が高いほど生活水準が低いとされますが、20%以下は上流といわれています。

06年の日本人のエンゲル係数は23%。世界的に見てほぼ上流といってもいいでしょう。

いうまでもないことですが、人間にとって食は体を作る最も大切なものです。もっとお金をかけて、きちんとしたものを摂取しなければ病人だらけの世の中になっていくような気がします。

もっとも街路市には、安くて安全な食品がたくさんあります。出掛ける労さえいとわなければ、信頼できる店主さんを見つけることができます。

ご自分と家族の将来的な健康の担保として、どうか街路市で食材をお求めください。

【写真】街路市には安くて安全な食品がいっぱい

四国ブログランキングに参加しています。安全で安心な品物を懸命に作っている街路市の店主さんを応援するためにも、「ぽちっ」と押していただければ、幸せです人気ブログランキングへ

ついでにこれも「ぽちっ」とにほんブログ村 地域生活ブログ 高知情報へ

higasiyama01.jpg

 高知に住んでいる方はヒガシヤマはご存じだとは思いますが、イモを水で煮て、それを干したものです。イモそのものの自然な甘みが、私自身も大好きです。いつか、「食べてみました」シリーズでやってみようと思ってます。

 昨日、日曜市の店主さんと話をしていたら、県外客の女性が店に置いてあるヒガシヤマを指さして、「これは国産ですか?」と質問をしてきました。

 私は一瞬、キョトンとしてしまいました。だって生産農家直売の店が、外国産の品物を置いてあるなんて発想は全く出てこないからです。もちろん街路市では青果店などで外国産のものをわずかに売っている場合はありますが、少なくとも農産物に限っては、ほとんどが国内産というか、高知産でしょう。

 一つ感じたのは、中国などの輸入農産物に高い濃度の農薬がかけられていたケースがあり、消費者の食に対する安全意識が高まっているということ。質問した女性は「やはり国内産でないと安心できないですからね」とおっしゃってました。

 もう一つ、案外と日曜市、街路市の生産者直売のシステムが、特に県外のお客さんの多くに理解されていないように思いました。街路市の産品は農薬を使っているといっても、現在は行政の指導が厳しく、だいたいは低農薬です。中には完全な無農薬に挑戦している方もいます。「私たちが食べているものを持ってきています」とわざわざ断り書きを書いている店主さんもいらっしゃいます。

 お客さんが喜ぶ顔を楽しみに、一生懸命ものづくりに励んでいる店主さんたちのことをもう少し世間の人に知ってもらいたい。改めてそう思ったことでした。

 【写真】もちろん純土佐産のヒガシヤマ

「ぽちっ」と押していただければ、幸せです→人気ブログランキングへ

 ついでにこれも「ぽちっ」と→にほんブログ村 地域生活ブログ 高知情報へ


follow ichansuki at http://twitter.com


お気に入りリンク

土佐名産ちりめん乾物専門店「中田遊亀商店」スタッフブログ

"あの"ゆりっちの土佐日記

"奥山佳恵のてきとう絵日記

オイラの赤い青春

クリエイターのWEBギャラリー  F-space!

こんぶろ・酒屋のブログ

むすび夢工房

どき土紀ブログ

高知ネット

映画を見ませんか SNS「ふらっと」ブログ

秋田のSNS・こみっと

日曜市に出店中【小出商店】


タグ

 

Powered by Movable Type 4.292