土佐の街路市(露店市、青空市)についてのコラム!!高知の食材や農業、食の安全の話題も

サイトマップ
とさあちホーム
  暮らしいきいき 高知が見える 『とさあち』  

ホームいちの土佐 > 編集日記 いっちゃんスキ

大河ドラマ「龍馬伝」のふるさと高知から、坂本龍馬関連の話や、彼の生誕地近くの日曜市、火曜市など街路市のトピックなど、観光情報、食の情報をお届けしています。愛すべき日曜市のおじちゃん、おばちゃんの話、おいしい食べ物や農業の話、旅のつれづれ、街角の経済や投資の話題、歴史や土佐の風土など、考えたこと、感じたことをつづります。

2009年3月アーカイブ

20D_2868 店の人 どんなゴミでも 絶対捨てられん

柳町町内会の看板より

日曜市の南にある柳町。ネオン街、ブティック街として知られています。

「どんなゴミでも絶対に捨てられん(捨ててはいけない)」というのは、よく分かりますが、「店の人」と上につけているところがすごい。

まず、自分たちが気をつけると、お客さんたちも、ゴミを捨てにくくなりますね。

同様の発想で、トイレの張り紙に「きれいに使っていただいて、ありがとうございます」というのがあります。

こう言われていると、気持ちよくきれいに使うことができます。

お客さんの気分がよくなり、きれいな環境が整う。

一石二鳥です。

言葉の使い方というのは、本当に大切ですね。

四国ブログランキングに参加しています。「ぽちっ」と押していただければ、幸せです人気ブログランキングへ

ついでにこれも「ぽちっ」とにほんブログ村 地域生活ブログ 高知情報へ

教育熱心な国が滅びるわけがない

「中国という難問」(石川好著、NHK出版刊)

nannmonn ※「中国はバブルだ」「農民の不満が爆発する、暴動も多い。じきに中国は崩壊する」という日本の知識人は多いです。

これは韓国に対しても言えることですが、たぶん同じ文字を使い、同じような顔を持っていることから、近親憎悪のような意識があるのでは?

それとアジアで近代化の先頭を切っていた日本ですから、多分にアジアの他の国々を低く見る傾向があると思います。

石川さんは、中国は大きく(地理上の大きさと、思考的大きさ)、広く(中国史における領土拡大精神)、深く(どこをほっても古代や中世の歴史が顔を出す)、多い(料理、人口、民族の数、そして問題の多さ)国だといいます。

確かに日本人は中国の持つ奥行きを軽視し過ぎているのではないでしょうか?

教育に関して言えば、現在、中国人は世界でも有数の教育熱心な国です。

出稼ぎに行った親の仕送りで、子どもを学校に行かせる。子どもは、「親のためにも一所懸命に勉強して、えらくなり、早く親を楽にしてあげたい」という。

どこかで見た光景。そう60年前の日本の姿に似ています。

教育は未来への投資ですから、未来に希望がなければ、子どもを学校に入れたりしません。

大部分の中国人は国に問題ありとしながらも、未来に希望を抱いているのではないでしょうか?

そんな国が崩壊するでしょうか?

相手の欠点ばかりあげつらうのではなく、長所もしっかり見なければならないと思います。

四国ブログランキングに参加しています。「ぽちっ」と押していただければ、幸せです人気ブログランキングへ

ついでにこれも「ぽちっ」とにほんブログ村 地域生活ブログ 高知情報へ

osiro01 きょうの日曜市。周辺の桜は満開なのに花冷えで、寒いです。

でもでも、高速道1000円効果と、春の行楽シーズンということで、すごい人出です。
見上げれば高知城の天守閣も鈴なり状態。桜がきれいですね。

これから土日はお花見にでかける人も多いでしょう。

人込みで取材はなかなかままなりませんが、人出が多いとうれしいもの。

うれしがりついでで、観光客の方々においしいものを紹介していました。

konzatu01 確かに、初めて来ても、なかなかどこのお店に行ったら面白いものが手に入るかどうかは分かりませんよね。

そういう人は、ぜひともとさあちの「いちの土佐」をチェックしていただければ、事前準備は完璧です。

さらには日曜市振興の秘策が…。さらに1週間後に判明します。

四国ブログランキングに参加しています。「ぽちっ」と押していただければ、幸せです人気ブログランキングへ

ついでにこれも「ぽちっ」とにほんブログ村 地域生活ブログ 高知情報へ

ame080322 きょうの日曜市は雨。上がったと思ったら、また午後から降り出しました。

雨でというわけではないのですが、きょうの日曜市ニュースはお休みしました。

ちょっと別の用事があって、日曜市は周回していましたが。

そのわけは2週間後か、1カ月後に明らかになります。って、こんじるさんのまねをしたりして。

激しい雨だったので、出ている店も少なめ。その割にはお客さんが多かったです。

kochijyo そろそろ春の観光シーズンに入りますからね。

そのうえ、高速道路1000円の恩恵で、4月からゴールデンウィークにかけては人出がどっと押し寄せそう。

何はともあれ、人が多い日曜市を見るのは、うれしいものです。

久しぶりに高知城の天守閣に上ってみました。高知城の桜も三分咲きといったところ。

花見の季節がやってきましたね。

天守閣から日曜市周辺を見下ろしてみましたが、木に隠れてあまり見えませんでした。俯瞰(ふかん)して、上から日曜市を見てみたいんだけどなあ。

どこかいいポイントがありましたら、教えていただければ、うれしいです。

 

四国ブログランキングに参加しています。「ぽちっ」と押していただければ、幸せです人気ブログランキングへ

ついでにこれも「ぽちっ」とにほんブログ村 地域生活ブログ 高知情報へ

IMG_4704

上野の西洋美術館の横で、ロダンの名作「考える人」が考えていました。

その脇には桜が。きょうは、東京でも桜の開花宣言が出ています。

桜と「考える人」。うーん、何か象徴的。

春は、卒業、異動、転勤、新しい職場、新学期と、変化の季節。

「五月病」というのはこの環境の変化への戸惑いが、基になっているんじゃないでしょうか。

悩み、考えることの多いこの時期。体と心のバランスを保つことが難しくなっている人が多いんじゃないでしょうか。

私自身も、ちと環境の変化があって、難題がいろいろとありますが、先日最終回を迎えた「ありふれた奇跡」(この話題はまた後日)の「無力じゃなかった」のセリフに励まされて、これからいろいろと動いて行こうと思っています。

春は活動の季節とも言えますからね。

四国ブログランキングに参加しています。「ぽちっ」と押していただければ、幸せです人気ブログランキングへ

ついでにこれも「ぽちっ」とにほんブログ村 地域生活ブログ 高知情報へ

ruburu きょうの東京は、晴天に恵まれ、どこもかしこも人出が多く、人ごみに酔ってしまいました。

例によって上野の森をさまよっていると、西洋美術館のところに人だかりが。

ルーブル美術館展をやっていました。

切符を買うのに20分。中に入るのに20分ほど並びました。

ルーベンスやフェルメールなど17世紀の画家たちが描いた絵画に見入って、しばし時を忘れる至福の時。

絵のことは、あまりよく分からないけど、日本で言えば江戸時代の、各国の風俗を見ているだけでも、面白かったです。

ギリシャ神話に題材を取った絵画が多かったので、もう一度、ギリシャ神話を詳しく読んでみたい衝動にかられています。

それにしてもアンドロメダって美人ですね。

四国ブログランキングに参加しています。「ぽちっ」と押していただければ、幸せです人気ブログランキングへ

ついでにこれも「ぽちっ」とにほんブログ村 地域生活ブログ 高知情報へ

kobusi.jpg きょうの東京は、午前中は雨と風が強かったですが、午後からは、太陽が顔を出し、暖かくというより、暑くなりました。

写真は神代植物園のコブシ。この神代植物園は神代緑地から昭和36年に現在の名前になり、バラ園、ツツジ園、野草園、水生植物園、大温室などがあり、植物ごとにまとめて、楽しめるようになっています。

東京は本当に植物園や散策コースが多いですね。

植物ごとに整備された公園は、とても落ち着いた雰囲気で、きれいに咲いた桜やコブシ、椿の花を楽しむことができました。

高知市は牧野植物園くらいしかないけれど、神代植物園に植えられている植物の大半は、道端や近くの山で見ることができますから、そんなにうらやましいとは思いませんでした。

都会の人は、意識して行動を起こさないと自然に親しめない。逆に、高知などの地方は、あまりにも身近に自然があるがために、自然のありがたみが分からない。

高知に住んでいるものとしえ、野生のまま、身近にある自然を、もっと大事に、味わいたいと改めて、考えたことでした。

四国ブログランキングに参加しています。「ぽちっ」と押していただければ、幸せです人気ブログランキングへ

ついでにこれも「ぽちっ」とにほんブログ村 地域生活ブログ 高知情報へ

ほとんどの会社は目先の結果や手っ取り早い解決を

欲しがりますが、そんなものはないのです

「10倍株投資の実践理論」(マイケル・モー著、望月 衛訳、ダイヤモンド社刊)

bai.jpg ※最近の下げ相場は100年に一度ということですが、言い換えれば100年に一度のチャンス。「人の行く道の裏に花あり」ですから、人と違うことをしなければ、成功しない。総悲観なら逆に楽天的に。

ということで相場を勉強し直しています。

マイケル・モーさんの手方はしごく単純で、利益を急激に上げて、時流に乗り、ビジョンのある会社を早い段階で発掘しようと言ってます。

モーさんは、スターバックスやグーグルに早めに目を付けていて、推奨したのですが、その時はウォール街の人たちに鼻で笑われていたそうです。

本の中で、スターバックスのCEO、ハワード・シェルツのインタビューが出てきます。その中の言葉。

相場とは直接関係ないですが、今の日本の企業の多くは、世界大不況にびっくりしすぎて、目先の利益を追い求めることに血眼になっているような気がします。

目先の利益ばっかり追い求めると、かえって逆効果だと思うんですが。消費者もそんなに愚かじゃないですから。

経営状況が厳しいのはよく分かりますが、雇用する人間をどんどん切っていくと、結局、消費が停滞し、回り回って自社の商品を購入しなくなるのでは。

今こそお客さんとの信用を第一に、いい商品を提供しようとがんばっている日曜市のおじちゃん、おばちゃんたちを見習うべきだと思います。

四国ブログランキングに参加しています。「ぽちっ」と押していただければ、幸せです人気ブログランキングへ

ついでにこれも「ぽちっ」とにほんブログ村 地域生活ブログ 高知情報へ

090318_1248~01 東京出張中です。きょうは、月島で会合がありました。

会合場所のすぐ近くには石川島公園が。

石川島といえば、江戸時代の人足寄場を連想しています。

人足寄場といえば、長谷川平蔵が作ったものですね。「鬼平」です。

池波正太郎さん原作の「鬼平犯科帳」で、中村吉右衛門さんが「火付盗賊改方、長谷川平蔵である」と、切るたんかがかっこいいです。

平蔵は盗賊たちに恐れられた、厳しい面だけではなく、犯罪者を構成させるための施設、人足寄場を作る「仏の平蔵」の部分も、持ち合わせていたんですね。

石川島人足寄場といえば、私の大好きな山本周五郎さんの「さぶ」の舞台にもなりますが、その話はまた別の機会に。

きょうの月島周辺は黄砂にけぶって、目がしょぼしょぼしてしまいました。

川には水鳥が優雅に泳いでいます。水鳥にしばし目をやって、ちょっとだけ和んでいました。

四国ブログランキングに参加しています。「ぽちっ」と押していただければ、幸せです人気ブログランキングへ

ついでにこれも「ぽちっ」とにほんブログ村 地域生活ブログ 高知情報へ

わがブログを、チェックしていると、末尾の広告に、NHKの「がんばれルーキー!」キャンペーンで、多部未華子さんが出ていたので、うれしくなってコメントです。

この人は大女優になる雰囲気を持っています。端役で出ていても、目立っている。「篤姫」でブレークした同じ事務所の宮崎あおいさんより、個人的には伸びる可能性が高いと思っています。

映画「西遊記」にも出演していましたが、完全に主役陣を喰っていました。

ドラマ「鹿男あをによし」では、今時珍しい凜(りん)とした高校生役を好演していましたが、鹿に乗った姿がかっこよかった。品(ひん)と知性を感じます。

彼女は、4月からの連続テレビ小説「つばさ」のヒロインです。脚本にもよるけれど、朝の楽しみが増えそうです。

若い時から、目をつけていた女優さん、男優さんが成長する姿を見るのは、自分が持っている株の値段が上がっていくような心地よさを感じます。

ってちょっと下世話になり過ぎましたか。下世話ついでに、持っている未来の有望株たちよ、寒い冬に負けずに成長しておくれ。

四国ブログランキングに参加しています。「ぽちっ」と押していただければ、幸せです人気ブログランキングへ

ついでにこれも「ぽちっ」とにほんブログ村 地域生活ブログ 高知情報へ

20D_2767久しぶりに行ったきょうの日曜市は風が強くて、朝のうちは寒かったです。

でも、太陽が顔を出すと、日光が暖かく感じました。

寒さとあったかさを感じながら、春へ。

きょうは、観光でいらっしゃっているお客さんも多く、にぎわいを見せていました。

これからゴールデンウィークにかけ、人出があるでしょうね。

暑さ、寒さも彼岸まで。そういえば、そろそろお彼岸。

これから高知の短い春がやってきます。そして長い夏が…。

4月からわが部も陣容が変わります。

忙しくなりますが、何とか日曜市の取材だけは続けていきたいと思ってます。

四国ブログランキングに参加しています。「ぽちっ」と押していただければ、幸せです人気ブログランキングへ

ついでにこれも「ぽちっ」とにほんブログ村 地域生活ブログ 高知情報へ

津軽の三味線には津軽の匂いがあるはずだ

津軽三味線ひとり旅(高橋竹山著、中公文庫)

02518358 ※リンゴ無農薬の木村秋則さんのことも気付いたら、紹介していましたが、何か津軽地方、青森県に、北にあこがれを感じています。

なぜかなあ。やはり、あったかいところに住んでいるせいでしょうか。

青森の人に「いいですよねえ。津軽弁。いいですねえ。青森」なんて、ことをいうと、「冬に住んでみればいいんだあ」とぼそり。うーん。確かに南国育ちにとって、冬はつらそう。

奥入瀬に行った時に、みやげものやのお姉さんと話していた時、高知から来たことを告げると、「一度四国に行ってみたい。遍路をやってみたい」と言ってました。

南の人が、北にロマンを感じるように、北の人は南にあこがれるものなんでしょうか。

高橋竹山さんは、いわずと知れた津軽三味線の名手。映画にもなっている(竹山ひとり旅)し、北島三郎さんの「風雪流れ旅」も竹山さんがモデルですね。

http://www.youtube.com/watch?v=TXErH5SXqlg

http://www.youtube.com/watch?v=aVtMbqLOZhg

津軽三味線には津軽の匂いがある。竹山さんは、「おらは学問がないから、それを匂いとしかいいようがない」と話しています。

水、空気、方言、気温、すべてを総合した風土が、音にも現われるんでしょうか。
さて、高知の匂い、土佐の匂いのする音ってなんだろうと、考えています。

四国ブログランキングに参加しています。「ぽちっ」と押していただければ、幸せです人気ブログランキングへ

ついでにこれも「ぽちっ」とにほんブログ村 地域生活ブログ 高知情報へ

何度でも何度でも何度でも、立ち上がり君を呼ぶよ

1万回だめで、へとへとになっても

1万1回目は何か変わるかもしれない

吉田美和作詞、唄、ドリームズ・カム・トゥルー

31YGG7HPF9L._SL500_AA192_ ※自分が強く励まされる、元気が出る歌について、NHKがアンケートを採ったところ、一つはミスチルの「HANABI」、もう一つはドリカムの「何度でも」、最後は福山雅治さんの「明日の☆SHOW」になったそうです。

「HANABI」は「もう一回、もう一回」。「何度でも」は「何度でも、何度でも」。「明日の☆SHOW」はたぶん「あしたのジョー」で、「敗れたって何度でも立ち上がれ」。

くじけそうに、折れそうになった時に、もう一度やってみよう。あきらめずにというメッセージを発している点では同じです。

三曲とも好きですが、特に「何度でも」は、気分が落ち込んだ時に、それこそ「何度でも」聞いて、時には歌って、気持ちを盛り上げています。

http://www.youtube.com/watch?v=fOLj2g3oF4Q

1万回だめで、へとへとになっても、1万1回目は何か変わるかも知れない。そのために、くじけずに何度でも立ち上がれ。

こんな曲がアンケート上位に来るということは、やはり、みんな何かしら励みになる言葉を探しているんだと思います。

ということは、励ましてくれる人がいかに少ないかの裏返し。

もっと注意して、励みになる言葉を、友人や家族、周囲の人に、投げかけなければなりませんね。

君の呼ぶ声、力にしてくよ、何度も

あしたがその1万1回目かも知れない

四国ブログランキングに参加しています。「ぽちっ」と押していただければ、幸せです人気ブログランキングへ

ついでにこれも「ぽちっ」とにほんブログ村 地域生活ブログ 高知情報へ

090309_1855~02 楽しかったです。昨日、行われた四国のぶろがーのポジティブオフ会に参加してきました。

スポーツマックスさんのエクササイズでは、食べた料理を戻しそうになり(まだ、食べてないちゅうに)、かつおさんとボスさんのコントに笑い、みませやさんの紙芝居には、しみじみとして、演目も盛りだくさん。

何より、四国内のブロガーの方々と少しの時間ながら、お話できたのが、有意義でした。四国ブログランキング上位の局長さんこんじるさんに、お目にかかれたのもうれしかった。

調子に乗って3次会まで行ってしまいました。

個人的にもこれからの人生を変える出会いがあったような気がしています。

三代目若さんゆりっちさんまっきーさん酒蔵娘さん、そのほかこの会の運営に携わっていただいたみなさんにkamisibai 感謝いたします。

友人のジェームズ鈴木さんふくさんも楽しんでいただけたようで、うれしかったです。

オレンジマンさんの講義には、いつもながら、感激しました。

四国ブログランキングに参加しています。「ぽちっ」と押していただければ、幸せです人気ブログランキングへ

ついでにこれも「ぽちっ」とにほんブログ村 地域生活ブログ 高知情報へ

成功とは

あなたが生きているおかげで、

たった1人でも慰められた人がいると知っていること

--ラルフ・ワルド・エマーソン

きょうの日曜市ニュースはお休みです。

このところ、いろいろな仕事が山積み。ブログの更新もおろそかになっていて、申し訳ありません。

wakuwaku ※エマーソンは19世紀のアメリカの思想家にして哲学者。この言葉は、「働かないって、ワクワクしない?」(アーニー・J・ゼリンスキー著、三橋由希子訳、VOICE社刊)に掲載されています。

この本、題名は刺激的ですが、決して働かないことがいいといっているわけではなく、働けない状態になったり、退職したり、あるいは仕事を持っていてもですが、「自由時間をどう使うか」について深い考察がなされています。

ぽっかり長い自由時間ができてしまうと、どう過ごしていいのか分からない人が多いみたいですね。

その自由時間をもっと創造的に、ゆったりと、意義ある時間として過ごしていこうという提案がなされています。仕事を持っている人はそのことによって、心身をリフレッシュし、仕事でももっと生き生きと活動ができる。仕事がない人はこれからの行く末を考えていく上で、リラックスしたら、いいアイデアが出る。

ちなみに、エマーソンの「成功とは?」を全文掲げますと

よく笑い、たくさん愛すること

聡明な人々の尊敬と子どもたちの親愛を得ること

正直な批評家に認められ、偽りの友人の裏切りに耐えること

美を賞賛すること

他人の中に最高のものをみつけること

見返りのことなど一切考えずに自分を献身的に捧げること

健康な子ども、救われた魂、美しい庭、改善された社会状況を通して、世界をほんの少しよくすること

熱心に遊んで笑い、思い切り歌うこと

そして最後に

あなたが生きているおかげで、たった1人でも慰められた人がいると知っていること

人は1人では生きていけません。もちろん、家族や友人がいる人たちは、それぞれの存在が本人にとっても周囲の人々にとっても慰められる、元気の素なんでしょう。

ただ、極端にいうと、まったく周囲に家族や友人がいなくても、何らか触れあう人間がだれでもいるはずです。その人たちに、優しい言葉をかけたり、感謝の気持ちを伝えることで、「慰められる人」が新たに1人この世に誕生します。

そして、それによって、自分自身も慰められる。

みんなそう思って生きていると、生きる元気や希望がわいてきますね。

四国ブログランキングに参加しています。「ぽちっ」と押していただければ、幸せです人気ブログランキングへ

ついでにこれも「ぽちっ」とにほんブログ村 地域生活ブログ 高知情報へ

★このジャンルの記事

人を喜ばせることが先

ゆったり回復を待つ

あせらず、なまけず

人を助ければ自分が助かる

世界をよりよい場所に

20D_2701 このところ忙しく、アップが滞ってしまいました。

写真は昨日の日曜市で撮影したものです。

「耳より情報」で、イチゴのチョコレートフォンデュを紹介しましたが、そこで、口の端ををチョコレートだらけにしながら食べているお子さんです。

お母さんに聞くと、なんでも滋賀県から来たとか。

昨日は日和もよく、たくさんの観光客のみなさんがいらっしゃってました。

cyoko01 泉からあふれ出るチョコに、串を刺したイチゴをくるくると回して、つけるとチョコフォンデュの出来上がり。

お子さんたちや若い女性がうれしそうに、フォンデュを作っている姿がほほえましかったです。

ほんとに日曜市は楽しいものが、たくさんありますね。

四国ブログランキングに参加しています。「ぽちっ」と押していただければ、幸せです人気ブログランキングへ

ついでにこれも「ぽちっ」とにほんブログ村 地域生活ブログ 高知情報へ


follow ichansuki at http://twitter.com


お気に入りリンク

土佐名産ちりめん乾物専門店「中田遊亀商店」スタッフブログ

"あの"ゆりっちの土佐日記

"奥山佳恵のてきとう絵日記

オイラの赤い青春

クリエイターのWEBギャラリー  F-space!

こんぶろ・酒屋のブログ

むすび夢工房

どき土紀ブログ

高知ネット

映画を見ませんか SNS「ふらっと」ブログ

秋田のSNS・こみっと

日曜市に出店中【小出商店】


最近のコメント

このアーカイブについて

このページには、2009年3月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2009年2月です。& amp; amp; amp; lt;/p>

次のアーカイブは2009年4月です。& amp; amp; amp; lt;/p>

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

 

Powered by Movable Type 4.292