土佐の街路市(露店市、青空市)についてのコラム!!高知の食材や農業、食の安全の話題も

サイトマップ
とさあちホーム
  暮らしいきいき 高知が見える 『とさあち』  

ホームいちの土佐 > 編集日記 いっちゃんスキ

大河ドラマ「龍馬伝」のふるさと高知から、坂本龍馬関連の話や、彼の生誕地近くの日曜市、火曜市など街路市のトピックなど、観光情報、食の情報をお届けしています。愛すべき日曜市のおじちゃん、おばちゃんの話、おいしい食べ物や農業の話、旅のつれづれ、街角の経済や投資の話題、歴史や土佐の風土など、考えたこと、感じたことをつづります。

内野聖陽さんの龍馬

きょうのテレビ高知「じゃらん!2モーニング」。

「JIN-仁-」で、坂本龍馬を演じる内野聖陽さんへのインタビューがありました。

 

内野さんは、生きた龍馬の土佐弁を習得するため、実際に高知にいらっしゃって、酒場で地元の人の言葉に耳を傾けたそうです。

ここまでする役者さんは、そうはいないでしょうが、そのためか、内野・龍馬の土佐弁はほぼ完ぺき。

われわれが聞いても、まったく違和感がないです。

先日のドラマでは花魁(おいらん)の野風が、仲間の病気を治した仁への御礼に、吉原で大宴会を催すというシーンがありました。

そこに居合わせた龍馬のせりふ。

「ざまな、お客じゃのう」(豪勢な宴会だなあ)

「たぶんこのせりふは、高知にいる人か、出身者じゃないと分からないだろうな」と笑いころげてしまいました。

「お客」は客を招く、あるいは客になりに、出向くということから、「宴会」になったのではないかと推測されます。

「これからお客じゃ」「お客によばれちゅう」「きょうのお客はほんまに、にぎやかじゃった」などと使われます。

「ざまな」は、「本当に」、「実に」、「大規模な」という意味。「ざまに、太ったねや」「ざまな大金じゃねえ」。

内野さんは、台本のせりふの一部を知っている土佐弁に変えて、楽しんでいるとか。

今までいろいろな役者さんが龍馬を演じてきましたが、これほど土佐弁に愛着を抱き、面白がってやっている人は、初めてでしょう。

地元の人間としては、とても好感を持っています。

ただ、以前にも書きましたが、ちくと大げさすぎる。

歴代、龍馬を演じた方々は、だいたい熱血風で、「がいに」(乱暴に)せりふを言いすぎるきらいがあります。

ふと気が付いたのは、土佐弁は、もともと外から見たら、「がいに」聞こえるのではないか。

土佐人の会話を聞いていた高知県外の人が「けんかしてると思った」という話をよく聞きます。

勢いがあるように聞こえるために、龍馬を演じる役者さんがどうしてもがなったり、どなったりするようになるのでは?

もともとの土佐弁の気質、性質からこの問題は来ているのではないのかと思いいたりました。

龍馬は柔らかな人間ですので、彼の日常使っている土佐弁も、もっと優しかったと考えています。

もう少し柔らかく、ひょうげた感じの龍馬が実像に近かったような気がする。

ひょうげた内野・龍馬はいい味出しているんですけどね。

この点、「龍馬伝」の主役、福山雅治さんは、脱力系なので、ちょっと期待しています。

四国ブログランキングに参加しています。「ぽちっ」

押していただければ、幸せです人気ブログランキングへ

■「いっちゃんスキ」トップ

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 内野聖陽さんの龍馬

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://blog.kochinews.co.jp/blog/mt-tb.cgi/4700

コメント(3)

風花 :

先日、桂浜の龍馬像を近くで見てきましたが
龍馬さんの顔が何となく内野さんに見えてきました。
恐るべし内野さん!今夜、内野・龍馬に会えるので楽しみです!

鍋島 :

>風花さん

内野・龍馬が出てくる「仁」高知版CMは、高知からのクルーが、内野さんにインタビューしたときに撮影したものでしょうね。

「こじゃんと龍馬をやるのを楽しみにしちゅうき。見るがぜよ」

「仁」も残すことろあと2回、楽しみですね。映画化の話もあるので、まだまだ楽しみは続くのですけど。

春風 :

私も内野さんの、龍馬が最高でした。
今までの役者さんは、発音が何か可笑しくては、
聞き苦しっかった。また、内野さんに龍馬をやってほしいです。

コメントする


follow ichansuki at http://twitter.com


お気に入りリンク

土佐名産ちりめん乾物専門店「中田遊亀商店」スタッフブログ

"あの"ゆりっちの土佐日記

"奥山佳恵のてきとう絵日記

オイラの赤い青春

クリエイターのWEBギャラリー  F-space!

こんぶろ・酒屋のブログ

むすび夢工房

どき土紀ブログ

高知ネット

映画を見ませんか SNS「ふらっと」ブログ

秋田のSNS・こみっと

日曜市に出店中【小出商店】


このブログ記事について

このページは、鍋島和彦が2009年12月12日 23:51に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「筑紫哲也さん一周忌記念シンポ(2)」です。

次のブログ記事は「目に鮮やか甘柿、つるし柿」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

 

Powered by Movable Type 4.01