土佐の街路市(露店市、青空市)についてのコラム!!高知の食材や農業、食の安全の話題も

サイトマップ
とさあちホーム
  暮らしいきいき 高知が見える 『とさあち』  

ホームいちの土佐 > 編集日記 いっちゃんスキ

大河ドラマ「龍馬伝」のふるさと高知から、坂本龍馬関連の話や、彼の生誕地近くの日曜市、火曜市など街路市のトピックなど、観光情報、食の情報をお届けしています。愛すべき日曜市のおじちゃん、おばちゃんの話、おいしい食べ物や農業の話、旅のつれづれ、街角の経済や投資の話題、歴史や土佐の風土など、考えたこと、感じたことをつづります。

2011年6月アーカイブ

ウルムチへ戻って、バザールへ。

何か、中国というより、中東といった雰囲気。

IMG_0917

こちらは踊りが名物だそうで、踊りを見ながら会食。

IMG_0908

羊肉は苦手なのですが、食べてみるとカレー味で、香ばしい。

IMG_0912

階下のステージでは、華々しくダンスが展開されていました。

ウルムチの女性は美しい方が多いです。

闇のなかに妖しげにうごめく絶世の美女も。

dance01

ウルムチの人はダンスが大好きだそうで、ホテルの近くの公園で踊っていました。

老いも若きも本当に楽しそう。

IMG_0921

ほとんどが漢人でしたけど。

ダンスというより、ラジオ体操をダンス風にアレンジしたものです。

割と簡単そうなので、中に入ってみました。

優美に手を動かしながら、時には足で「けり」のポーズも。

太極拳と似てるなあ。

無理なく、柔らかく、動きをとぎれさせずに。

10分くらい踊っていると、心地よい汗が。

夜は長く、朝は遅いそうなので、健康のため、みんなでやっているんでしょうね。

四国ブログランキングに参加しています。「ぽちっ」

押していただければ、幸せです人気ブログランキングへ

■「いっちゃんスキ」トップ

「りょうまっち」に会いたい方はこちらへ

ry_bn2_500

Twitterやってます。よろしければフォローをnabefollowme

月の砂漠をはるばると~ 旅のラクダがゆきました♪

rakudasan

と、目の前にラクダが。心なしかラクダもまいっているようです。

何せ気温50度。

目の前にあるのは火焔山。

kaenzan kaenzan02

西遊記に出てくる有名な山です。赤い山は、かげろうに揺れてまるで燃えているよう。

ラクダに乗って、上方まで行っている人もいました。

側にあるベゼクリク千仏洞へ。

80近くある石窟の中に6世紀から14世紀の間、石像が彫られています。

senbutudo

庶民がお参りするというより、貴族の寺院の役割を果たしていたとか。

のちにイスラム教が入ってきて、破壊されたり、仏像の顔が削られたりしています。

また、ヨーロッパの調査団が、持ち去った仏像も多いそうです。

ここにあってこそ、価値があるものなのに。

sentutu2

仏像に親しみがある日本人としては、とても残念。

仏師たちはどのような思いで、こつこつたくさんの仏像を彫っていったのでしょうか。

彫っているうちに敬虔な気持ちになったのだろうか。

地獄のような外の炎熱に対して、内に極楽浄土を再現しようとしたのではないか。

そんなことを想像しながら、石窟の仏像群を見つめていました。

四国ブログランキングに参加しています。「ぽちっ」

押していただければ、幸せです人気ブログランキングへ

■「いっちゃんスキ」トップ

「りょうまっち」に会いたい方はこちらへ

ry_bn2_500

Twitterやってます。よろしければフォローをnabefollowme

トルファンに到着後、地下水路のカレーズへ。

IMG_0875 IMG_0876

天山山脈の雪融け水を利用。

山麓に縦穴を掘り、地下水路を横に伸ばしてきて、生活用水や農業に活用する仕組みです。

地下を通っているから外の炎熱でも蒸発しない。

中東ではカナートと呼ばれていすが、カレーズと構造は同じで古代からあります。

傾斜を利用した人口水路で、長さ10キロ以上に達するものもあるそうです。

江戸の玉川上水のシステムもよくできてますが、人間の知恵のすごさを感じさせますね。
何でも古代中国の三大工事は、万里の長城、始皇帝陵、そしてトルファンのカレーズだそうです。

水路に沿って垂直の穴がうがたれていて、そこから水をくみ出したり、水路の修復に入ったりします。

IMG_0879 IMG_0880

中に入ると、外の暑さを忘れるほどひんやりしています。

地下を流れる水のせせらぎに耳をすませると、太古からの人間の営みの声が聞こえてきそうです。

IMG_0881 IMG_0885

トルファンの緑はこの水脈によって維持されているのですね。

近くのおみやげやさんで、干しぶどうとお茶の接待。

気に入ったら買うシステム。おいしいので、2袋求めました。

トルファンは長寿の村。おだやかないい表情をしている人たちがいっぱい。

長寿なのは家族に囲まれ、のんびりしていて、ストレスがないせいかな。

写真のおじさんは85歳以上(推定)。心が安らかになるお顔をされています。

抱き合って、握手すると幸せな気持ちになりました。

四国ブログランキングに参加しています。「ぽちっ」

押していただければ、幸せです人気ブログランキングへ

■「いっちゃんスキ」トップ

「りょうまっち」に会いたい方はこちらへ

ry_bn2_500

Twitterやってます。よろしければフォローをnabefollowme

ウルムチからトルファンへ。

バスは東へ進みます。

IMG_0867

荒涼たる大地。

ところどころ目に入る地面にあるわずかな緑が目につきます。

この緑は遊牧する時、羊が食べる貴重な食料。

天が大地をわずかにしめした印をかてに、遊牧民族は羊を育ててきました。

遊牧民族と、漢民族は時に敵対し合い、時に融和しながら、互いを刺激して今にいたっています。

北に天山山脈。

IMG_0866

龍の背のように長々とうねっています。

敦煌(とんこう)からトルファン、ウルムチを経由する天山南路は中国からローマにいたる唐代シルクロードの主要交通ルート。

千年の歴史を経て、その道を走ることのできる幸運に感謝の念がこみあげてきました。

荒野に風力発電の風車が林立していました。

IMG_0863

障害物がなく、風がよく吹き渡ることから、発電には最適。

新疆の風力発電施設は中国最大規模で、2020年までには3000万キロワットの発電を目指しているそうです。

原発事故で揺れる日本。

中国のような広大な土地はなくても、日本の技術の粋を結集して本気でやれば、自然エネルギー活用に道は開かれると思うんだけどなあ。

四国ブログランキングに参加しています。「ぽちっ」

押していただければ、幸せです人気ブログランキングへ

■「いっちゃんスキ」トップ

「りょうまっち」に会いたい方はこちらへ

ry_bn2_500

Twitterやってます。よろしければフォローをnabefollowme

北京から新疆ウイグル自治区の首府であるウルムチへ。

ぼう漠たる砂漠が果てしなく広がります。

sinkyo01

砂漠というか、月のクレーターみたい。

ウルムチは世界で海から最も遠い都市ということです。

古くから漢民族と騎馬民族の遊牧民族の領土争奪戦が行われてきた土地。

長きにわたる戦いは現在の民族紛争に影を落としています。

空港に到着すると、ペルシャ系の顔立ちをした人たちが増えてきました。

サリーのような衣装を着たおばちゃんと、ちょっと肩が接触。

「ああ、すまないね」と、おばちゃんはにっこり。

人の良さと質朴さを感じさせる一瞬でした。

空港から市内へ向かう途中に雨が降ってきました。

shinkyo02

ウルムチでは雨が珍しいそうです。

さては、海のまじかに住む異郷の旅人が着たので、「雨が降っ」た?

いえいえ、この地の人々は、雨が降るとうれしくて踊ってしまうとか。

貴重な水をもたらす祝福の雨。

東方の異邦人をこの地が歓迎してくれたと、解釈することにしましょう。

四国ブログランキングに参加しています。「ぽちっ」

押していただければ、幸せです人気ブログランキングへ

■「いっちゃんスキ」トップ

「りょうまっち」に会いたい方はこちらへ

ry_bn2_500

Twitterやってます。よろしければフォローをnabefollowme

中国人はタバコをぱかぱか吸っている印象があります。

日本での禁煙の締め付けが激しくなる中、さすがに大陸は大らかだなあと思っていました。

ところがです。

屋外はともかく、どこへ行ってもタバコが吸えない

kituen

なんと中国では先月からホテル、映画館、レストランなど屋内の公共施設での喫煙が禁止されたそうです。

どうりで、どこもかしこも息苦しいわけだ。

タバコ吸いは、1~2時間、体内のニコチンが切れると、どうしようもなく、喫煙したくなります。

例えていえば、水中で酸素が不足して、口をぱくぱくさせている魚のようなもの。

これはこたえました。

中国には「中南海」タバコがあります。

中南海は場所としては北京の紫禁城の西側にある中国共産党や本部の要人の官邸があるところ。

タバコの中南海は「吸えば吸うほど健康になる」という喫煙者にとっては、願ったり、かなったりの代物。

漢方によく使われている甘草が含まれていることから、いわれてるんでしょうね。

どうも「まゆにつば」です。

でも、こういうタバコが売られているところが、中国の懐の深いところなんでしょう。

このように中国は欧米の思想とは一線を画しているところが、中国の中国たるゆえんじゃないのか。

欧米の追随をするとは誇り高い中華の精神はどこにいったのか。

などと毒づいてても始まりませんけど、禁煙の流れは止められないでしょうね。

そのうえ、ハイジャック防止のため、ライターやマッチの機内持ち込みがめちゃくちゃ厳しくなっています。

ボディチェックも入念で、かばんの中に少しでも入っていれば、取り上げざま、投げ捨てられる。

写真は上海の空港にある喫煙室のライターです。

青色部分を押すと火が出る仕組み。

わびしさに涙がちょちょぎれました。

中国でもこうだと、もう止めるしかないのかなあ、タバコ。

四国ブログランキングに参加しています。「ぽちっ」

押していただければ、幸せです人気ブログランキングへ

■「いっちゃんスキ」トップ

「りょうまっち」に会いたい方はこちらへ

ry_bn2_500

Twitterやってます。よろしければフォローをnabefollowme

北京から新疆ウイグル自治区、鄭州を巡って、上海に戻る旅に参加してきました。

旅の風景、思いついたことをこれから書いていこうと考えてます。

まずは北京から。

あまり北京で外へ出る機会がなかったのですが、ホテル周辺を少しだけ散策。

なぜか、でっかいキノコのようなものが見えたので、近づいて見ました。

beijin01

駐車場の中にぽつんと立つコンクリートのキノコ。

何なのでしょうね?

通気口かなあ。知っている人がいたら、教えてください。

お次はたぶんバイクの修理屋さん。

beijin02

路上で営業しています。

日本の高度経済成長の初期のころ、東京にこんな風景がたくさん見えたのでしょうね。

日がさをさしながら携帯電話で通話する女性が横を通り過ぎていきます。

もともと北京の女性、つまり中国の北方の女の方は、背が高くて、スタイルがいいそうです。

ミニスカートでさっそうと街を闊歩(かっぽ)する姿をたくさん見かけました。

かっこいい。

北京や上海に来るたびに、女性のファッションが洗練されてきているのを感じます。

四国ブログランキングに参加しています。「ぽちっ」

押していただければ、幸せです人気ブログランキングへ

■「いっちゃんスキ」トップ

「りょうまっち」に会いたい方はこちらへ

ry_bn2_500

Twitterやってます。よろしければフォローをnabefollowme

上海はきょうも雨。

日本と同様、梅雨だそうです。

でも、そんなにじめじめしてなくて、過ごしやすいです。

sha.jpg

昨秋にも行った田子坊を再訪。

びっくりしたのは、道路をはさんで工事中だったショッピングセンターが完成し、地下鉄の駅までできていたこと。

年々変化のスピードが上がっている気がします。

女性のファッションは来るたびに、洗練されているし、信号で立ち止まった青年はイヤホンを耳に、スマートフォンを操作しています。

高層ビルの形が宮廷風なことをのぞけば、東京にいるのと変わりがありません。

田子坊は、昔の古い町並みを生かしたショッピング街。

観光客であふれかえっていました。

おしゃれなバーの夜は電飾を生かし、風情があります。

sha3.jpg

古さと新しさが同居する街、上海。

世界一の金融街になろうとしているこの街の変化に目が離せません。

これからも、何度となく訪れる予感がしています。

四国ブログランキングに参加しています。「ぽちっ」

押していただければ、幸せです人気ブログランキングへ

■「いっちゃんスキ」トップ

「りょうまっち」に会いたい方はこちらへ

ry_bn2_500

Twitterやってます。よろしければフォローをnabefollowme

先日「東京に出たい」という若い知人と歓談しました。

この若い知人は、東京で生活していて、帰郷していますが、「高知は肌に合わない」そうです。

どこかへ出かけて、何かをしていたら、いつの間にか、母親にそのことが伝わっていることが息苦しい。

そういう気持ち、よく分かります。

地域の共同体というのは、とても「うっとおしい」ところがあり、関係が濃いだけにべたべたしているように感じられる。

村の縛り、家の縛り、男女の縛り。

こういった拘束から抜け出すことが、進んでいる、自我の確立だという考え方が、一昔、二昔前から主流になり、若者は都会へ出て行った。

そして村落共同体、家族の崩壊が進み、今や風前の灯になっています。

ただ、人は何かのコミュニティに所属してないと、孤独感や不安感に陥る生き物です。

最近はネットで人とつながることが大流行ですが、これはリアルなコミュニティが壊れていっていることの反作用ではないでしょうか。

メールやツィートを受け取って、「すぐ返事を出さないと」と、強迫観念にかられる人が増えています。

ネットはリアルな触れ合いがない分、相手との一定の距離感が保てるのが一つのメリットだと考えられます。

でも、一方では渇するように相手の返答を待ち続ける人たちもいる。

「離れたいけど、くっつきたい」人間の心理の矛盾を反映しています。

リアルのコミュニティは、お年寄りや子どもといった社会的弱者のセーフティネットの役割を果たしていました。

それがなくなったとき、どうするのか。

新しいコミュニティの形を考える時が来ているような気がします。

四国ブログランキングに参加しています。「ぽちっ」

押していただければ、幸せです人気ブログランキングへ

■「いっちゃんスキ」トップ

「りょうまっち」に会いたい方はこちらへ

ry_bn2_500

Twitterやってます。よろしければフォローをnabefollowme

| | コメント(2) | トラックバック(0)

上海再び。

cyugoku 003

オールド上海、外灘の夜はふけて。

ジャズの音色に陶然としてました。

cyugoku 004

モダンで古風な上海の夜。

しばし異世界に漂っております。

社会復帰できるかな。

四国ブログランキングに参加しています。「ぽちっ」

押していただければ、幸せです人気ブログランキングへ

■「いっちゃんスキ」トップ

「りょうまっち」に会いたい方はこちらへ

ry_bn2_500

Twitterやってます。よろしければフォローをnabefollowme

ぴりっと効いたワサビ。

お寿司にもお刺身にもおそばにも欠かせない薬味です。

wasabi.jpg

子どものころに、ワサビをなめて、衝撃を受けた経験があります。

なに!これ!

とてもとても食べられた(なめられた)代物ではなかったです。

時は移り、いつのころか、ワサビのうまさが分かってきました。

人の味覚は年とともに、変化します。

「苦み、辛み」が分かるには、ある程度、人としての歳月を経ないとね。

「酸(す)いも、甘いも分かる」というのが、年を重ねて、人格に厚みを増した人。

子どもだって、すっぱいもの、甘いものがよく判別できる。

実は「苦いも辛いも分かってくる」のが大人になったということなんじゃないかなあ。

先日、「にぎりがだめなんです。ワサビが食べられなくて」と、知人の女性にいわれました。

思わず「もったいない!」と叫んでしまいました。

子どもの時にわさびが受け付けられなくて、そのまま食わず嫌いになっているとしたら、とても惜しい気がします。

アレルギーの人とか、絶対に受け付けない人もいるでしょうけど、ワサビにチャレンジする価値はあると思いますけどね。

四国ブログランキングに参加しています。「ぽちっ」

押していただければ、幸せです人気ブログランキングへ

■「いっちゃんスキ」トップ

「りょうまっち」に会いたい方はこちらへ

ry_bn2_500

Twitterやってます。よろしければフォローをnabefollowme


| | コメント(0) | トラックバック(0)

少林寺拳法の発祥の地、少林寺にて。

観光客がいっぱい。入場料が100元ですから、1400円くらいでしょうか。

cyugoku 001

なんか、すごく観光地化されて、静かな雰囲気とは程遠い感じ。

しかし、近くの武術学校の生徒さんたちの演舞は迫力がありました。

cyugoku 002

また詳しく報告します。

四国ブログランキングに参加しています。「ぽちっ」

押していただければ、幸せです人気ブログランキングへ

■「いっちゃんスキ」トップ

「りょうまっち」に会いたい方はこちらへ

ry_bn2_500

Twitterやってます。よろしければフォローをnabefollowme

加藤さんの中国のブログには1本につき、万単位のアクセスがあるそうです。

どんなに少なくても1万、平均10万、多ければ50万のアクセスがあるとも。

日本人の立場から中国語できちんと論ずることができる人が限られていることが人気の秘密。

それに加えて日本の10倍以上という中国の人口の母数の多さも見逃せません。

中国のネット人口は5億人ともいわれ、07年での時点で、ブログを開設しているのは1億人を超えているそうです。

「商業利益を増加させたいメディア、発言や知名度を獲得したいブロガー、ブログを閲覧することで見識を深め、人脈を獲得したいユーザーの三位一体の利益相関関係」がブログの隆盛を招いているようです。

ブログのパワーはすさまじく、政府もその影響力を無視できなくなってきました。

政府の要人とも接する機会の多い加藤さんの感触によれば、実は首脳部は「適度に」政府を批判してほしいと思っているそうです。

これも意外ですが、現状を改善したり、民主化に移行するためのワンステップと政府は考えているとか。

中国では、マスコミよりもネットの方が世論への影響力が強いというのも面白いところ。
それもそのはずで、マスコミは日本に比べて規制が多いですから。

日本のブロガーは、まだそれほどの力を持っていませんが、ひょっとすると、中国のように大きな力を発揮する日が来るかも知れません。

何せ、中国は固定電話を一気に飛び越して、携帯が爆発的に普及した国ですから。

一気に未来へ突っ走っているという見方もできます。

四国ブログランキングに参加しています。「ぽちっ」

押していただければ、幸せです人気ブログランキングへ

■「いっちゃんスキ」トップ

「りょうまっち」に会いたい方はこちらへ

ry_bn2_500

Twitterやってます。よろしければフォローをnabefollowme

| | コメント(0) | トラックバック(0)
加藤さんが書かれている「中国は意外と自由な国」の言葉は新鮮でした。

もちろん言論、思想統制や反体制運動の抑圧もあるにはあるけれども、それ以外は比較的自由。

そりゃそうですよね。

何せ13億人も人口がいるんだから、そのすべてを監視するなんて、できっこない。

むしろ、「公への奉仕」が強要されることも多い日本も、その面からいうと不自由な国といえるかも知れない。

以前から市場主義経済が中国に浸透してくる中で、ひょっとして中国での民主化は急激ではないにしろ、徐々に徐々に進んでいくのではないかという予感がありました。

なぜかというと、物の流通や人の交流が盛んになると、物や人に自由や合理主義がまとわりついてくるからです。

経済的に豊かになった人々は自己の主張をするようになるし。

中国には人権がない。民主主義がないと、その点でわが国や欧米諸国の優位性を強調する人がいます。

でも昨今の日本の政治的な混乱を見ていると、ほんとに民主主義は正常に機能してるのだろうか、と疑問に感じることが多いです。

西欧諸国に散らばる華僑も、中国の急激な民主化には反対する人が多いそうです。

いわゆる衆愚政治などの「民主主義の毒」の部分もよく知っているから。

「民主主義や言論の自由に対する欲求は庶民の間にもある」と加藤さんは述べています。
でもそれは急激にではなくて、徐々に達成されることを政府も民も望んでいる。

こちらとしては中国との交流を深めて、気長に待つしかないかなあと思っています。

四国ブログランキングに参加しています。「ぽちっ」

押していただければ、幸せです人気ブログランキングへ

■「いっちゃんスキ」トップ

「りょうまっち」に会いたい方はこちらへ

ry_bn2_500

Twitterやってます。よろしければフォローをnabefollowme




| | コメント(0) | トラックバック(0)

鄭州にいます。

中原区の名前が示す通り、中国の中央部。

cyugoku 001

中原を制すことに古代中国の英雄たちは命をかけました。

生まれて初めて黄河(の中瀬)に立つことができて、感無量です。

cyugoku 002

この黄河から中国文明は発祥しました。

黄色い泥水に悠久の歴史を感じています。

四国ブログランキングに参加しています。「ぽちっ」

押していただければ、幸せです人気ブログランキングへ

■「いっちゃんスキ」トップ

「りょうまっち」に会いたい方はこちらへ

ry_bn2_500

Twitterやってます。よろしければフォローをnabefollowme

日本人が公の場を大切にするのは同質性が強いところが大きいのではないでしょうか。

隣りが何をしているかが気になる。常に世間の目を気にする社会。

「公」のことをまず第一に考えて個人は後回し。

日本型の企業が一時勢威をふるったのは、こういう組織(公)をまず重視する考え方が浸透していたのが一つの要因でしょう。

先の震災でも報道されたように、これは世界には日本人の美質としてとらえられていますね。

これに対して、長い歴史の中で動乱を星の数ほど経験している中国人はまず私を大事にする。

公よりも私的なネットワークを頼りにするところが大きいです。

四国ブログランキングに参加しています。「ぽちっ」

押していただければ、幸せです人気ブログランキングへ

■「いっちゃんスキ」トップ

「りょうまっち」に会いたい方はこちらへ

ry_bn2_500

Twitterやってます。よろしければフォローをnabefollowme



自己主張が強いから、私たちから見ると傍若無人に見えます。

中国人が「公」を尊重するようになるには、何を柱に持ってきたらいいのか。

加藤さんは問いを投げかけています。

考えるに、やはり中国人が大好きな「利」を前面に出すのがよいのではないでしょうか。
公が過ごしやすい場所であるということは私(わたくし)、個人にとっても非常に都合がいい。

公が住みよい、過ごしやすいと、構成員のストレスが平均的に軽減されますので。

最近中国の都市部では五輪や万博の影響で、急速にマナーがよくなってきているように見えます。

上からの「文明人は、公共交通機関では、降りるのが先で乗るのが後」のようなキャンペーンがある程度功を奏しているところもあります。

さらに、居心地のいい空間を一度体験してみると、個人もそれを維持しようとする。

衣食足ることもあいまって、自然に公共の秩序が保たれる方向に動いていくように思います。
| | コメント(0) | トラックバック(0)

ちょっとあと戻りしますが北京にて

「北京女人街」という看板を見かけてドキッ!

pekin.jpg

女の人だけ住んでる街か、何やら艶っぽい雰囲気も。

と思っていたら「衣類や、小物、靴、かばんの店のほか、ネイルサロンが多いストリート」だそうです。

香港女人街がオリジナルとか。

女性が好む商品が立ち並ぶ街みたいです。

時間がなくて、行く暇がなかったですが、今度たずねてみたいです。

ホテルに入ってうろうろしていると、おおこれは兵馬俑ではないか。

pekin2.jpg

何でも置いてあるんですね。

こういう置物が中国にはしっくりきます。

それでは、あすはあこがれの黄河に行ってきます。

四国ブログランキングに参加しています。「ぽちっ」

押していただければ、幸せです人気ブログランキングへ

■「いっちゃんスキ」トップ

「りょうまっち」に会いたい方はこちらへ

ry_bn2_500

Twitterやってます。よろしければフォローをnabefollowme

弱冠18歳で中国に渡り、中国語が全く話せないところから初め、北京大学の大学院まで卒業して、中国で人気の評論家になっている加藤嘉一さん(27)。

「中国人は本当にそんなに日本人が嫌いなのか 」(ディスカヴァー携書)では、新しい切り口で日中問題を論じています。

nazejpg.jpg

日本人として中国のエリートが集まる北京大学の中に身を置き、中国語を駆使して肌感覚で書いたものですから、稀少性があり、貴重です。

加藤さんがいう日本人と中国人の違いの中で面白かったのは、外と内の関係。

中国に出かけると、公の場での中国人の傍若無人さはあきれるほど。

列は作らない。物はそこら中に捨てる。周囲を気にせず大声で話をする。

これに対して、日本人は人目を気にして、公の場ではマナーを守る。

でも中国人は家に帰ると、部屋の中はきちんと整理整頓されていて、いつ誰が来てもいいようにしている。

これに対して、公の場で気を使いすぎる日本人にとって、私的空間は唯一ともいっていい自らを解放する場。

勢い部屋は荒れ放題ということになります。

四国ブログランキングに参加しています。「ぽちっ」

押していただければ、幸せです人気ブログランキングへ

■「いっちゃんスキ」トップ

「りょうまっち」に会いたい方はこちらへ

ry_bn2_500

Twitterやってます。よろしければフォローをnabefollowme

| | コメント(0) | トラックバック(0)

ちょっと中国旅行に出かけています。

ここは西域、新疆ウイグル自治区トルファンの火焔山。

kaennzan.jpg

きょうは気温が50度あって、頭の中が蒸発しそうになりました。

孫悟空の伝説でも有名です。

akatuchi.jpg

見渡す限りのぼう漠とした風景に、心が真っ白に。

詳しくはまた報告します。

四国ブログランキングに参加しています。「ぽちっ」

押していただければ、幸せです人気ブログランキングへ

■「いっちゃんスキ」トップ

「りょうまっち」に会いたい方はこちらへ

ry_bn2_500

Twitterやってます。よろしければフォローをnabefollowme

中国4千年の歴史の中で、庶民の中に飢餓がなかった期間というのは、とても少ないのではないでしょうか。

「大躍進運動」などの経済的な失敗や文化大革命の混乱もありましたが、中国共産党は中国人民の中で飢えをなくすという点では、さまざまな問題を抱えているとはいえ、成功していると思います。

いずれ各地で暴動が起き、中国は崩壊するという日本の「中国崩壊論」は、最近少し下火になりましたが、歴史を見る限り、庶民は「飢える」状態が極限にならない限り、反乱、暴動は起こさないことが多いです。

私の周囲には「中国って共産主義、社会主義でしょう?」といってくる人がいます。

その人に「どちらかといえば、中国より日本の方が社会主義に近い」と言うと、びっくりされます。

中国は「社会主義市場経済」と銘打ってはいますが、その実態は資本主義。

何せ人口が多いものですから、それはそれは激しい競争が行われています。

日本は、一時期に比べて格差は広がっていますが、福祉や保健などのセーフティネットが残っており、世界でも有数の「社会的弱者に優しい国」なのではないでしょうか。(ただ国の借金の額を考えると、福祉を削らなければならなくなる時が早晩来そうです)

そもそも「商人」の語源になっている「商」の国とは中国の古代国家のこと。

「商人」は中国から発生しているのですね。

中国4千年の歴史の中で、社会主義体制だったのはおよそ30年くらいしかないのです。
中国の人がすぐに市場経済に移行でき、商売上手なのは当たり前といえば、当たり前の話です。
| | コメント(2) | トラックバック(0)
近年の新興国の代名詞といえばBRICs(ブリックス)。

ブラジル、ロシア、インド、中国(チャイナ)の頭文字を取ったものです。

言い古されて、最近ではそれに続く国としてベトナム、インドネシア、南アフリカ、トルコ、アルゼンチンの頭文字を集めたVISTA(ビスタ)ということになっています。

BRICsの中では、中国が抜きんでていて、GDPでいうと、世界第二位の大国になってしまいました。

ブラジル、インドは発展著しく、ロシアも徐々に力を増しています。

ただ冷戦時代、ロシアの前身であるソビエト連邦は、米国と世界を二分する超大国でした。

その割には現在のパワーはそれほどでもなく、中国の後塵(こうじん)を拝す状態。

工業化で世界の雄となった中国に対し、ロシアは資源国にとどまっています。

どうしてこうなったのか。

一つの大きな要因は、民主化と経済政策のどちらを重視したかによるのではないでしょうか。

80年代後半のゴルバチョフのペレストロイカ(改革)とグラスノスチ(情報公開)により、政治体制の刷新を図ったロシア。

これに対して中国は70年代末、鄧小平が「改革開放」を掲げ、市場経済に移行しました。

ロシアが市場開放を、中国は民主化を後回しにしたのですね。

30年を経て、こういう結果になりました。

やはり人間は、食べる、豊かになるということが、政治体制や民主主義の問題より、優先するのではないでしょうか。

四国ブログランキングに参加しています。「ぽちっ」

押していただければ、幸せです人気ブログランキングへ

■「いっちゃんスキ」トップ

「りょうまっち」に会いたい方はこちらへ

ry_bn2_500

Twitterやってます。よろしければフォローをnabefollowme



| | コメント(0) | トラックバック(0)
年秋に上海に行く際には、尖閣諸島問題で日中がごたごたしていたこともあって、周囲では「大丈夫か?」と心配してくれました。

報告したように、全く問題はなく、むしろ現地の人から「今は(日本人にとっては)一番安全な時期だ」と言われていました。

時は上海万博の最終盤。

世界の耳目が注目しているときに、日本の民間人になにかあったら、中国の国際的地位が危うくなるとの読み。その通りでした。

このように、日本だけに限らず、マスメディアは、問題のあるところを局部的にとらえるので、現地に行かないと実際のところはよく分かりません。

03年に北京に行ったときには、日本では「中国がこれから経済発展するなんて、ありえない」という論調が主流を占めていました。

でも現地で、若い人たちの顔を見ると、明るいのですね。

よりよき未来が待っていて、それにまっすぐ向かっているように見えました。

もちろん発展に伴う拝金主義的な側面も多々見ましたが、それでも全体としては非常に前向き。

一例を挙げると、若いカップルの類似性です。

男の人は薄暗い色のオーバーやセーター姿で眼鏡を掛けている人が多かった。

それに対して、女性は日本ほど洗練されてないけど、ファッショナブルで、すらっとしていて立ち姿が美しい。

あまりのアンバランスに言葉を失ってしまいましたが、脇目もふらずに仕事に専心している男性と、身なりに気を使い、豊かさを享受する女性のコントラストが印象的でした。

中国の昇り龍のような躍進を確信したことでした。

「龍馬伝」での龍馬は「労を惜しまず、行きたいところに行き、会いたい人に会う」旅人として描かれていました。

よく足を運んだからこそ、時代のすう勢がよく見えたのでしょう。

使い古された言葉ですが、百聞は一見にしかず。

現地へ行き、におい、空気を感じてこそ、分かることがあります。
| | コメント(1) | トラックバック(0)

作家の村上春樹さんがカタルーニャ国際賞を受賞しました。

式でのスピーチの様子が昨日の高知新聞夕刊で1面大きく取り上げられています。

「(前略)原発に代わる有効なエネルギー開発を国家レベルで追求すべきだった。それが広島、長崎の犠牲者に対する、集合的責任の取り方となったはずだ」

胸にわだかまっていたものが、明確な形で目の前に現れた気がしました。

核兵器の被害者を今も抱える国だからこそ、政府や東電だけでなく、われわれにも責任がある。

「安全」「便利」「コスト安」の言葉に乗っかってしまって、「効率」や「便宜」のために、うすうす危険だと知りながら、知らないふりをしていたわれわれは、広島、長崎の被爆者を深く傷つけてしまった。

「われわれは自らも告発しなければならない」

「核兵器廃絶」「戦争のない社会を」「国境がない世界を」の声はいつも、理想、夢想、幻想だと切って捨てられます。

ただ、千年前の日本人が、今の世の中を想像できたか。

幕末の志士たちは、職業選択の自由があり、民主的な日本を予想できたか。

もっといえば、太平洋戦争中の日本人が現在の日米の強い結びつきを、考えられたか。

技術革新、考えの成熟、パワーの移転…。人類の歴史を見るとさまざまな要素が絡み合って、過去の理想が現実になったことは枚挙にいとまがありません。

村上さんのおっしゃるとおり「夢を見ることを恐れてはならない。われわれは力強い足取りで前に進んでいく『非現実な夢想家』でなくてなならない」と思います。

四国ブログランキングに参加しています。「ぽちっ」

押していただければ、幸せです人気ブログランキングへ

■「いっちゃんスキ」トップ

「りょうまっち」に会いたい方はこちらへ

ry_bn2_500

Twitterやってます。よろしければフォローをnabefollowme

きょう6月10日は時の記念日。

時間って不思議ですよね。

年を取れば取るほど、流れが速くなる。

1年の過ぎるのが、なんと早いことか。

一説には長く生きていると、慣れてしまって、変化がなくなる。

同じように過ぎていく時間。同じような生活は、あっという間に過ぎていきます。

子どもの時は、毎日が珍しい発見に満ちているから1年が長かった。

変化のある能動的な人生を送っている人にとっては、時間は一定の質量を感じさせるものなのでしょうね。

一方で、好きなことをしている時間は短く感じられ、意に沿わない、面白くない時を過ごしていると時は長く長く感じます。

好きな仕事に熱中している、恋人の過ごす、趣味に没頭する。いずれも短い。

やり場のない孤独感を感じている。大失敗してくよくよ。暑過ぎるとき、寒すぎるとき。長いですね。時間が。

充実しているときは時が短く、体や精神が疲れているとき、まいっているときは長く。

では、変化のある充実した時間を過ごしている人はどうなんだろう?

変化がなく、時間をやり過ごしたい気持ちの人はどうか?

短く、長い? 長くて、短い?

分からなくなってきましたが、時間て、ほんとに主観的なものだと思います。

四国ブログランキングに参加しています。「ぽちっ」

押していただければ、幸せです人気ブログランキングへ

■「いっちゃんスキ」トップ

「りょうまっち」に会いたい方はこちらへ

ry_bn2_500

Twitterやってます。よろしければフォローをnabefollowme

facebookで、「田舎寿司」についての質問がありましたので、この話題に。

高知県民にとっては、いつも身近にあるので、何の気なしに食べていますが、全国的には珍しいようです。

inaka

お寿司は通常は魚介類を素材に使います。

でも、田舎寿司は山の幸が材料。

タケノコ、コンニャク、リュウキュウ、シイタケ、ミョウガなど、山間地で取れる食材を利用したのは、いにしえの人たちの知恵ですね。

赤、黄色、緑、茶色など色も楽しめる仕組み。

まさに「菜色兼備」です。

皿鉢料理の盛り合わせなどにもよく使われます。

この田舎寿司、日曜市ではいたるところで見受けられます。

酢が効いたり、やや薄めの上品な味だったり、材料の並べ方、色合いなどそれぞれのお店によって、個性があります。

お寿司はそんなに日持ちしないので、店主さんたちは市(いち)の前日から仕込みを初め、ほとんど寝ないでお寿司を作ります。

以前、ある店主さんの現場に立ち会わせていただいたことがありますが、表情は真剣そのもの、職人の顔をしていました。

先代の工夫をベースに、オリジナリティを少しずつ加えながら、受け継がれてきた伝統の味です。

四国ブログランキングに参加しています。「ぽちっ」

押していただければ、幸せです人気ブログランキングへ

■「いっちゃんスキ」トップ

「りょうまっち」に会いたい方はこちらへ

ry_bn2_500

Twitterやってます。よろしければフォローをnabefollowme

物語を作る人は、見ている側に、「こうあってほしい」と思わせるストーリー展開も必要です。

「JIN―仁―」の中では史上有名な龍馬の「船中八策」を「船中九策」としていました。

九策目は、庶民のために、国民皆保険制度を作ること。

未来から来た南方仁に、そのアイデアを教えられた龍馬が八策に一つ付け加える。

歴史に参画したことの喜びに打ち震える仁の様子を見て、自分もその場に立ち会っているような気分になりました。

暴力によって打ち倒された政権は、恨みと暴力の報復を受ける。

幕府と長州の戦いを目にする現代人の仁にとって、同じ日本人が血で血を洗いながら争っているようにしか見えなかった。

「倒さなければ、倒されるがじゃ」という龍馬に、「昔の龍馬さんじゃない」と告げ、その場を立ち去る仁。

このことが、無血革命の大政奉還につながっていく。

「大嘘」ですけど、見ている側が「こうあってほしい」「そうであってよかった」と、カタルシスを感じるストーリー展開です。

これからの「JIN」の最大の山場は「龍馬暗殺」が防げるかどうか。

龍馬大好き人間としては、仁に何としても、龍馬暗殺を止めてほしい。

龍馬を生かす幸せな結末になってほしいと、念じながらドラマの中に入っています。

四国ブログランキングに参加しています。「ぽちっ」

押していただければ、幸せです人気ブログランキングへ

■「いっちゃんスキ」トップ

「りょうまっち」に会いたい方はこちらへ

ry_bn2_500

Twitterやってます。よろしければフォローをnabefollowme

物語は虚構ですが、その虚構をどう面白く見せるかというのが、脚本家の腕の見せ所。

その虚構の中には虚構を成立させるリアリティがないと、話が嘘くさくなってしまう。

ウソの中に真実を込めるのが作家の仕事だと思います。

「JIN」と同じく日曜日放映の大河ドラマ「江」で、こういうせりふがありました。

お市の方「悪いのでは人ではない。すべて戦(いくさ)が悪いのじゃ」。

首をかしげてしまいました。

戦を起こすのは人だから。

人が悪くなかったら、なぜ戦は起こるのでしょう。

「平和が何よりも尊い」

これは真理ですが、平和を守るという確固たる人の意志がない限り、平和な世は続きません。

「江」のお市の方のせりふは底が浅く、真実味がない。

「JIN」や「プリンセス トヨトミ」は一見、荒唐無稽に見える壮大な虚構ですが、登場人物の言葉には、真実が込められており、周辺のさまざまな仕掛けにも嘘がないように感じられます。

「嘘の中の誠(真実)を見たい」から、人は映画館、劇場、寄席に通い、テレビドラマを見るのです。

映画やドラマには、制作者、脚本家、監督、スタッフ、キャスト、音声、カメラとたくさんの人々が携わります。

総合芸術といわれるゆえんですが、その中で最も大事なのは何かというと、私は脚本だと思います。

いかな名優が演じ、カメラが巧妙、演出がざん新でも、お話の骨格やせりふがだめだと、作品は成り立ちません。

映画「アマルフィ」で脚本家のクレジットがなかったのが、問題になってました。

どうしても役者さんと、監督(ディレクター)には注目が集まる傾向がありますが、世の中によい作品を送り続けている脚本家にもっと着目すべきだと思います。

四国ブログランキングに参加しています。「ぽちっ」

押していただければ、幸せです人気ブログランキングへ

■「いっちゃんスキ」トップ

「りょうまっち」に会いたい方はこちらへ

ry_bn2_500

Twitterやってます。よろしければフォローをnabefollowme

昨日の「JIN―仁―」は、最終回が近づく中でのクライマックス。

大政奉還と野風(中谷美紀さん)の産みの苦しみを交互に描く手法で、見応えがありました。

250年の江戸幕府の世は機能不全を起こしかけ、西洋列強の干渉が強まる「死にゆく」国。

その国を生き返らせるために、奇跡的な医療で死にかけた人を助けた南方仁の言葉を信じた龍馬。

「暴力は暴力を生む。暴力で倒した政権はまた新たなる暴を生む」

そして龍馬は大政奉還を画策…ついに成功するという筋立て。

もう一つ「船中八策」ではなく、「九策」になってましたね。

仁に国民皆保険制度のことを教えられた龍馬が、それを付け加える。

見事な構成です。

龍馬が好きな人は、一度は彼に会ってみて話したい、親友になりたいという気持ちを持っているはず。

仁先生は見ている人たちに代わって、龍馬の友だちになり、影響を与え、歴史に新たな意味づけをしてくれます。

このドラマに入って行きやすいのは、こういう仕掛けがあるからかも知れません。

自分がタイムスリップして、龍馬に会えたら、彼にどんな影響を与えることができ、どんな役に立てるだろう?

そう考えると、楽しさをこのドラマは与えてくれます。

四国ブログランキングに参加しています。「ぽちっ」

押していただければ、幸せです人気ブログランキングへ

■「いっちゃんスキ」トップ

「りょうまっち」に会いたい方はこちらへ

ry_bn2_500

きょうは時間がなくて、少ししか日曜市をのぞけなかったのが残念。

来週、再来週は高知にいないので、ちょっとだけ店主さんたちにごあいさつに行ってきました。

takenoko

うろうろしていたら「最近こんけんど(来ないけど)、どうしよったが?」の声。

「野菜400グラムのおばちゃん」根小田佳代さんです。

私「いやあ、日曜市には来てるんですけど…」

根小田さん「私のこと、避けちゃあせん?(避けてない?)」(この意地悪なもの言い。愛らしい人です)

私「そ、そ、そんなことないですよ。なんせ500店舗もありますから。ごあいさつが久しぶりで、申し訳ありません」(汗)

(突然)根小田さん「タケノコ食べる?持っていきや」

(あまりにも唐突なのでどぎまぎして)私「いや、うーん」(丹精込めて作った商品を、無料でいただくのが心苦しいのです。実は)

根小田さん「何?嫌いなが?(タケノコ嫌いなの?)」

私「そんなことないです。大好きです!」(キッパリ)

根小田さん「それやったら、持って行きや!」

(迫力に押し切られて)私「はい」

持たされたのが、このミニチュアタケノコです。

(おそるおそる)私「どうやって食べたらおいしいですか?」

根小田さん「斜めに切って、エンドウと一緒にたいたらえい。でもうちはもう売り切れ。よそでこうて(買って)」。

私「は、はい。どうもありがとうございました」…。

こういったきっぷのいいおばちゃん、もとえお姉さんにいじられつつ、日曜市を回るのは無上の楽しみです。

久しぶりに奥山佳恵さんの言葉を拝借。

いただきもので、生きてます。

根小田さんに、何かおみやげ、買ってこよう。

四国ブログランキングに参加しています。「ぽちっ」

押していただければ、幸せです人気ブログランキングへ

■「いっちゃんスキ」トップ

「りょうまっち」に会いたい方はこちらへ

ry_bn2_500

「プリンセス トヨトミ」の映画評を書きました。→こちらです。

3年前、万城目学さんの小説をテレビドラマ化した「鹿男あをによし」のスタッフが再結集した作品。

puri01

「鹿男」は、相沢友子さんの脚本がとても、よくできてました。

原作ものを映像化すると、製作者側がいじって、設定を変に変えていたり、大事なせりふが削られていて、原作の良さが大幅に減じられることが多いのですが、「鹿男」については、原作を超えている、まれな作品だと思います。

原作では男性になっている歴史教師役を綾瀬はるかさんが好演しているのですが、男女を置き換えたことで、主人公の鹿男(玉木宏)とのラブストーリーを縦軸にしています。

それと、卑弥呼とシカのほのかな情の交流を横軸として重ねているのが見事です。

原作の良さを生かしつつ、想像力を十分に駆使したファンタジーの傑作といえると思います。

配役がまたいいんです。それについてはまた。

「プリンセス」も、相沢さんらしいタッチで改編が巧みに行われてました。

prinses

ただ、映画評にも書いたとおり、「旭」に込められた万城目さんの意図がちょっと薄まっています。

原作本を読めば、よりいっそう理解が深まり、数々の仕掛けの面白さが分かりますので、ご一読をお勧めします。

四国ブログランキングに参加しています。「ぽちっ」

押していただければ、幸せです人気ブログランキングへ

■「いっちゃんスキ」トップ

「りょうまっち」に会いたい方はこちらへ

ry_bn2_500

人口が減り続ける高知県をもり立てようと、高知新聞社が県内35番目の村として、バーチャルの「キャララ村」を開村しています。

名誉村長はやなせたかしさん。

これまで次々にキャラクターが寄せられ、昨日から同社ホームページに登場することになりました。

中でも面白いと思ったのが、西原理恵子さん提供のキャラ「りえぞう」(画像をクリックすれば、ページに飛びます)。

riezo

性格は「だき(いいかげん)な感じ」。特技は「やりくさし(やりっぱなし)のまま、前に進めていく」

「ゴーカイに見られたい一心で、ゴーキなことをするが、内心は小心なところがあり、疲れていたりもする…」

そしてうれしいことに、「日曜市によく出没」し、「ひろめ市場で酔っぱらっている」。
何か、西原さん、そのもののような気がしますが、考えてみれば、土佐人の一般的気質と言えるかも知れません。

というか、こんなおんちゃん、そこらへんに、いっぱいおる。

自分自身もそのおんちゃんの一人ですね。こりゃあ。

ほかにも、ユニークなキャラがたくさんいますので、ぜひ一度のぞいてみてください。

入り口は→こちらから

そして、よろしかったら、新しいキャラを考えて、応募していただければ、うれしいです。

こういった笑いを伴った明るい取り組みをしていたら、そのうち何とかなるでしょう。

って、こういう考え方自体が高知県人的ですなあ。

四国ブログランキングに参加しています。「ぽちっ」

押していただければ、幸せです人気ブログランキングへ

■「いっちゃんスキ」トップ

「りょうまっち」に会いたい方はこちらへ

ry_bn2_500


follow ichansuki at http://twitter.com


お気に入りリンク

土佐名産ちりめん乾物専門店「中田遊亀商店」スタッフブログ

"あの"ゆりっちの土佐日記

"奥山佳恵のてきとう絵日記

オイラの赤い青春

クリエイターのWEBギャラリー  F-space!

こんぶろ・酒屋のブログ

むすび夢工房

どき土紀ブログ

高知ネット

映画を見ませんか SNS「ふらっと」ブログ

秋田のSNS・こみっと

日曜市に出店中【小出商店】


このアーカイブについて

このページには、2011年6月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2011年5月です。& amp; amp; amp; lt;/p>

次のアーカイブは2011年7月です。& amp; amp; amp; lt;/p>

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

 

Powered by Movable Type 4.292