土佐の街路市(露店市、青空市)についてのコラム!!高知の食材や農業、食の安全の話題も

サイトマップ
とさあちホーム
  暮らしいきいき 高知が見える 『とさあち』  

ホームいちの土佐 > 編集日記 いっちゃんスキ

大河ドラマ「龍馬伝」のふるさと高知から、坂本龍馬関連の話や、彼の生誕地近くの日曜市、火曜市など街路市のトピックなど、観光情報、食の情報をお届けしています。愛すべき日曜市のおじちゃん、おばちゃんの話、おいしい食べ物や農業の話、旅のつれづれ、街角の経済や投資の話題、歴史や土佐の風土など、考えたこと、感じたことをつづります。

2011年12月アーカイブ

週刊現代の新年号に、「龍馬伝」の大友啓史監督が、お龍役の真木よう子さんにインタビューしています。

「魔女の宅急便」から演技に目覚めた幼い真木さんが、せりふを覚えて一人芝居をしていたこと。

役を演じる上での葛藤など、監督にしか聞き出せないようなエピソードがたくさん盛り込まれていて、とても面白く拝見しました。

「龍馬伝」の「う~み」のエピソードも。


(c) .foto project

 

笑わないお龍に、龍馬が「おまんは、もっと愛想良くした方がえい。『う~み』ゆうてみ」とうながす。

この言葉を口にすると、自然に口角が上がり、笑顔の表情になる。

「そうじゃ。まっことえい顔じゃ」の龍馬の言葉に、お龍の心がほぐれていく。

脚本の福田靖さんの見事な構成です。

そして「龍馬伝」ラスト。

桂浜に暗殺されたはずの龍馬がたたずむ。

龍馬の家族とともにこの地を訪れた傷心のお龍に、龍馬は「う~みじゃぞ、う~み」。

そしてお龍の輝くような笑顔の「う~み」が画面いっぱいに。

「龍馬伝」が終了して3カ月後に東日本大震災が起こります。

多くの家や家族を失ったみなさんの悲しみがいえることはないでしょうが、龍馬を失ったお龍も同じです。

彼女はその後、幸せな人生を送ったとはいえませんが、それでも龍馬の思い出とともに生き続けた。

どんなにつらく悲しいことがあっても、それまでの人生を肯定し、とにかく口角を上げて、笑顔を作ろう。

「龍馬伝」の結びは、被災者のみなさんや、寄り添うわれわれへの力強いメッセージになっていることに気が付きました。

笑顔で乗り切り、来年はいい年に。みなさんのご多幸を心より祈っています。

四国ブログランキングに参加しています。「ぽちっ」

押していただければ、幸せです人気ブログランキングへ

■「いっちゃんスキ」トップ

「りょうまっち」に会いたい方はこちらへ

ry_bn2_500

正月をふるさとで過ごす人たちの帰省ラッシュはきょうがピーク。

空から、陸から、ふるさとへたくさんの人が集まります。

地元で暮らしているので、実感はあまりないのですが、「遠きにありて思うふるさと」へ帰ってくるというのは、格別の思いがあるのでしょう。

最近はまっているのが、桑田佳祐さんの「明日へのマーチ」

 

「想えば恋しや 忘れ難き故郷

願うは遠くで 生きる人の幸せ♪」

ふるさとを持っているのは、うらやましい。

都会に住んで、帰るべき地方を持たない友人に言われたことがあります。

方言、郷土色あふれる料理、自然、大地、そして幼なじみや家族。

そういうバックボーンがあるのは幸せなことですね。

ローカリティが背骨に入った人は、としての心の奥底に揺るぎない安心感があるように思います。

最近、桑田さんは「願うは、東北で生きる人の幸せ」と言い換えて歌ってます。

とても共感できます。

遠くの東北で生きる人たちのコミュニティが復興し、来年はいいことがたくさんありますように。

四国ブログランキングに参加しています。「ぽちっ」

押していただければ、幸せです人気ブログランキングへ

■「いっちゃんスキ」トップ

「りょうまっち」に会いたい方はこちらへ

ry_bn2_500

| | コメント(2)

年の瀬ってどうしてこう、せわしい感じがするのでしょう。

今年中にしなければ仕事を済ませなければならない。

掃除をやらなければならない。窓ふきを終わらせなければならない。

年賀状のアイデアを忘れないうちにまとめとかなくてはならない。

アイデアを現実のものとして編集しなければならない。

表書きを印刷し、元旦に間に合うように出さねばならない。

「ならない」尽くしの自らに課した強制感が、あわただしさを増すのでしょうね。

「締め切りが迫らないと動かない」という性格のゆえか、いつも期日ぎりぎり。

このどうしようもない性癖を、友人から「度胸があるんだね」と言わて、びっくりしたことがあります。

友人がいうには彼は「期日に遅れたらどうしよう」という心配で、夜も寝られなくなる。
だから、早め、早めにやらなければならないことを早くすます。

そうか。期日間際までなにもやらないということは、それまでには仕事を済ます自信があるからなんだと、わがことながら感心したことでした。

ものは考えようですね。

何はともあれ、締め切りがあるから、仕事ができる。

締め切りってありがたいですね。

人生に締め切りがあることを常に頭に置いていると、もっともっとたくさんの仕事ができるかも知れません。

でもそうはいかない。

人生はずっとずっと続いていく。

そのうち、何とかなるだろう、とお気楽に過ごす毎日です。

四国ブログランキングに参加しています。「ぽちっ」

押していただければ、幸せです人気ブログランキングへ

■「いっちゃんスキ」トップ

「りょうまっち」に会いたい方はこちらへ

ry_bn2_500

日露戦争を描くドラマ「坂の上の雲」が完結しました。

年末3年間、13回にわたって放送。映像化は無理と思ってましたが、よくここまで。

旅順攻防戦などあまりにもリアルで、見ててとてもつらかったです。

役者さんも芸達者の人ばかりをそろえてました。

特に印象的だったのは乃木大将を演じた柄本明さん。

この人、「動く」演技もできるのですが、今回は動かず、話さず、背中で、いろいろな苦しみ、悲しみを背負っていることを表現することに成功していました。

原作者の司馬遼太郎さんは、生前、「戦争賛美と誤解される、作品のスケールを描ききれない」と映像化を拒否したそうです。

原作では自らの立てた作戦で日本海海戦に勝利した主人公の秋山真之が、あまりにも多くの人が死んだのを見て、無常観を感じ、詠嘆的な締めくくりになっています。

ドラマもこの形を踏襲し、戦争賛美にならないよう、できるだけ戦場を生の形で描くことに配慮していました。

バランス感覚が見事で、今後も繰り返し見られていく作品になると思います。

ただ一つの不満は最終回がウェットすぎたこと。

秋山家の家族との情愛も見所でしょうが、もう少し日本海海戦を丁寧に描いてほしかった。

同海戦は、日本側がほぼ無傷、ロシア側がほとんど全滅に近いという完全勝利でした。

司馬さんが書いているように、戦後、海軍関係者が「日本海海戦の勝因は?」ということで議論したとき、「6割が運だろう」と言った。

「あと4割は何だったか」「それも運じゃろう」と。

「ただし、あとの4割の運は自らの努力で引き寄せた運である」。

これだけの謙虚さがずっと続いていたら、40年後の壊滅的敗戦もなかったのじゃないかと思わせます。

連合艦隊は相手側の進路を誤解し、見失いかけるというミスを犯してますが、幸いなことに第二戦隊が旗艦の命令をきかず(軍隊では許されないですけど、不問にされた)、正しく追撃して事なきを得た。

戦闘中に、偶然主力が帰ってきて挟撃する形となる大幸運。

「完全勝利」は多分に運もあったということをもっと強調してほしかった。

四国ブログランキングに参加しています。「ぽちっ」

押していただければ、幸せです人気ブログランキングへ

■「いっちゃんスキ」トップ

「りょうまっち」に会いたい方はこちらへ

ry_bn2_500

暮れも押し詰まってきて、きょうは今年最後の日曜市。

いやあ寒い。おまけに強い風まで吹いてきて、店の方々、お客さんには気の毒でした。

鏡餅、松飾り、しめ縄が並んでいて、新しい年がすぐ近くに来ていることを実感。

matukaza

ことしは東日本大震災や台風被害など国内では大きな天災が降りかかった年でもありました。

店主さんたちにかけてもらった「よいお年を!」

例年になくこの言葉が、身にしみました。

ichi01

きょうは年末ということもあって、休んでいるお店が多かったです。

年末に限らず、親しくさせていただいた方々が、顔を見せなくなって寂しい思いをした1年でもありました。

何度も書いてきましたが、日曜市は高知を代表する文化の一つだと考えてます。

ichi02

土佐弁の会話、取れたての食材、昔の路上市の面影を残すテント。

数百年いや千年の歴史を経てきた土佐人の日常が生きたまま動いている。

来年も日曜市、街路市の良さを知ってもらうために微力を尽くしたいと考えています。

なんか今年最後のコメントみたいになってしまいましたが、まだまだ続く…かも。

四国ブログランキングに参加しています。「ぽちっ」

押していただければ、幸せです人気ブログランキングへ

■「いっちゃんスキ」トップ

「りょうまっち」に会いたい方はこちらへ

ry_bn2_500

おおの、ひやい。

寒風が吹きすさぶ日曜市。

店主さんたちも震えていました。

こういうときには

1、早歩きして、体温を上げる

2、ポッケにカイロを入れる

3、店の唐辛子を買い、かむ

4、店のストーブの上のヤキイモをもらう

yakiimo

5、ショウガ湯を飲む

shogayu

などの対処法があります。

1の難点は、人が多い日曜市の店の間を歩いていると、人にぶつかりそうになること。集中力がいります。

万が一、肩が触れたり、ぶつかった場合には、明るく「ごめんなさい」「失礼しました」と言いましょう。

東京などでは、ぶつかった側は何にもいいませんが、土佐の日曜市のお客さんは昔ながらのマナーを心得ている。

こちらが「申し訳ないです」というと、「いえ、こちらこそ」という気持ちのいい言葉が返ってきます。

2は、近くのコンビニなどで求めたら、手に入りますが、なかなか体全体はあったまらないですね。

3は、すぐ体が暖かくなるというより、熱くなるでしょうけど、たいがいからい。からすぎる。

4はおいしくて、すぐ体があたたまります。親切な店主さんにあたってみてください。

前振りが長くなりましたが「日曜市での防寒策」の本命は5。

高知はショウガ生産量ナンバーワンの県。

市(いち)のお店でお店で売っているショウガ湯を体内に入れれば、内側からぽっかぽか。

おまけにさわやかさが口の中に残ります。

お試しあれ!

四国ブログランキングに参加しています。「ぽちっ」

押していただければ、幸せです人気ブログランキングへ

■「いっちゃんスキ」トップ

「りょうまっち」に会いたい方はこちらへ

ry_bn2_500

先日の日本経済新聞の記事で、台湾から来日した企業視察団の話が掲載されていました。

訪問した企業は、ユニクロ、京セラ、省エネ住宅のパナホーム、介護サービスのニチイ学館、挙式サービスのワタベウェディングなど。

内需拡大が進むであろう中国の市場では、今後どのようなもの、サービスが売れるのであろうかと、台湾の企業人たちも真剣に考えています。

日本は「失われた20年」でデフレが進んでいますが、日本貿易振興機構(ジェトロ)は「安価で良質なもの」に対し、中国の消費者の需要が高まるであろうと予想しています。

キメ細かい日本式サービスや品質の高い商品は、ますます中国社会に浸透していくことでしょう。

ichidai01

「安くて良質なもの」がそろっているとえば、何といっても日曜市。

青々とした葉。真っ白なダイコン。生き生きとした赤のダイコン。土からの滋養を感じさせるイモ。

ichida02

日曜市の作物は見ただけで元気なのがよく分かる。

そして、びっくりするほどの安さ。

店主さんたちと親しくなると、さらにおまけしてくれます。

何度も言っているように、店主とお客は信頼関係で成り立っています。

なじみの、あるいはわざわざ遠方から来た人の「口に入る」ということをお店の方々は痛いほど意識しています。

ichida03

安くて、良質な上に、しかも安全。

最近、台湾からのツアー客もよく見かけるようになりましたが、中国からもどんどん日曜市を訪れてほしい。

そして土佐の食を味わっていただければ、絶対気に入ります。

日曜市で仕入れた食材のみを使う専門の料理屋さんがあれば、一番いいんですけどね。

四国ブログランキングに参加しています。「ぽちっ」

押していただければ、幸せです人気ブログランキングへ

■「いっちゃんスキ」トップ

「りょうまっち」に会いたい方はこちらへ

ry_bn2_500

はりまや橋商店街を歩いていたら、見慣れた絵柄が。

高知新聞夕刊に連載されている4コマ漫画「きんこん土佐日記」の作者、村岡マサヒロさんが描いた看板です。

muraoka01

ミニはりまや橋の隣りにある写真撮影用看板には、「がっかり名所でごめんちや」の吹き出しがあります。

「龍馬伝」で福山雅治さん扮(ふん)する龍馬が、「ごめんちや、ねえやん、ごめんちや」と言っていたのを思い出します。

最近、由紀さおりさんの「1969」が欧米で大ヒットしてます。

早速購入して聴いているのですが、ほとんどが日本語で歌われているのに、びっくりさせられます。

あの声の美しさと、独特の歌唱法が言葉の壁を乗り越えたといってもいいでしょう。

考えてみれば、英語の歌詞が分からなくても、われわれは洋楽を聴いている。

曲調と声などで、曲の良さがちゃんと分かるんですよね。

いいものはいいのは万国共通。

 

米国のジャズ・オーケストラ、ピンク・マルティーニのリーダーが、由紀さんのレコードを発掘したのが、今回の大ヒットのきっかけということですから、うれしい話です。

いいものを作っていれば、いつかは誰かの目に止まる。誰かが発掘してくれる。

福山さんが話す龍馬の土佐弁も、土佐人以外には意味不明な部分が多い。

でも昨年、土佐弁は全国で大人気になった。

言葉の持っている強さと豊かな感情表現は、他県の人にも伝わるということでしょう。

由紀さんも福山さんもローカリズムが持つ力が発揮された成功例ですね。

ローカリティを掘り進めていけば、世界に通じる普遍性の鉱脈に突き当たる。

地方に住む者は、地域の文化に誇りを持ち、安心して突き進めばいい。

そんな示唆を受けたような気がして、勇気づけられる思いです。

四国ブログランキングに参加しています。「ぽちっ」

押していただければ、幸せです人気ブログランキングへ

■「いっちゃんスキ」トップ

「りょうまっち」に会いたい方はこちらへ

ry_bn2_500

足摺岬で椿園を営んできた影山充秀さんの訃報を聞きました。

影山さんは、窪川町の出身。「足摺の大自然の中で思う存分ツバキを咲かせてみたい」と、36年前に足摺半島に移住。ツルハシをふるって、荒れ地を開墾し、ツバキの木を植え続けてきました。

kageyama

知る人ぞ知るという山の中の地。

植物は育ちにくく、菜種の油かすを使うなどの苦労も。

入園料を無料。色とりどりのツバキで訪れる人の目を楽しませてきました。

収入は農作業で得たものだけ。人を喜ばせるためだけに、黙々と作業を続ける。

人目にはつかないけど、こんな人たちがたくさんいて、世の中を支え続けています

影山さんに20年前にインタビューして書いた「やいろ鳥」の記事を見ると、

「あと、三十年、ツバキを育て続けて、幹が太くなり花が咲き誇る最高の状態で天寿をまっとうできたら…」と話しています。

この言葉どおり、あと10年、いやずっと長生きしてほしかった。

もう一度、あの笑顔に触れたいです。

ご冥福をお祈りします。

四国ブログランキングに参加しています。「ぽちっ」

押していただければ、幸せです人気ブログランキングへ

■「いっちゃんスキ」トップ

「りょうまっち」に会いたい方はこちらへ

ry_bn2_500

なんか気持ち悪いほどあったかかったのに、やっと寒くなってきました。

きょうの日曜市でも店主さんの一人は「朝がつらかった」と、おっしゃってました。

でも、そろそろ冬らしくないと、クリスマスも盛り上がりません。

日曜市にもクリスマスモ ードが漂ってきました。

ichi01

かわいらしいクマのサンタさんです。

寒くなればあたたかいものが食べたくなります。

うどんやおそばなどを食べられる一柳さんのお店ではたくさんの方が、食事で暖を取っていました。

ichi02 ichi03

体の中からぬくもりますね。

冬と言えば鍋。

具の主役の一つがダイコンですが、市(いち)を見回すとさまざまな大きさ、色、形のものがあります。

まっしろ、丸々もいいですが、紫、黒の生き生きとしたダイコンも。

ichi04

こうして軒につるされている様子は、市ならでは。

ダイコンに限らず「日曜市の野菜は生き生きしている」と、高知県外の友人に言われたことがあります。

畑から取って、すぐ持ってくることもあるのでしょうが、本当にみずみずしく生命力にあふれています。

しかも手ごろなお値段。

ichi05

高知の元気の一部は、地元野菜に負っているところが大きいですね。

四国ブログランキングに参加しています。「ぽちっ」

押していただければ、幸せです人気ブログランキングへ

■「いっちゃんスキ」トップ

「りょうまっち」に会いたい方はこちらへ

ry_bn2_500

きょうは日米開戦70周年の日。

今二十歳の人は、ちょうど開戦半世紀後の生まれになります。

若者の中には、日本とアメリカが戦ったことを知らないという人が増えているとよく聞きます。

でも、放映中の大河ドラマ「坂の上の雲」のテーマ、日露戦争に目を向ければどうでしょう。

日露戦の開戦は1904年ですから、それから半世紀たって生まれた人は1954年生まれ。現在、57歳の方々です。

この方々が二十歳の時、日露戦争のことを十分に知っていたとは思えません。

時の流れというのは、すべてを忘却の彼方に押し流してしまいます。

ただ、「坂の上の雲」を目指して、勝利した日露戦争から空前絶後の敗戦まで、たったの40年しかたっていないと気づき、ぼうぜんとしました。

絶頂期から転落まで40年。

日露戦争から40年さかのぼるとちょうど明治維新になります。

維新からずっと坂を上り続けて日露戦争の勝利、近代化にたどりついた。

終戦から40年後は1985年。ちょうどバブル期にさしかかった時期です。

明治維新後、日本は40年周期で上がったり下がったりを繰り返しているように思います。

とすると1985年から40年たった年は2025年。

この年くらいまでに、また大変動が起きる可能性をどうしても考えてしまいます。

変動といっても今回は下がる方の変動ですね。

「第二の敗戦」という言葉が、最近よく言われていますが、まだまだ今の日本にはゆとりがあるように見えます。

本当の「第二の敗戦」に備えるために、何をすべきか。

太平洋戦争の敗戦も教訓として、真剣に考えるべき時に来ているような気がします。

四国ブログランキングに参加しています。「ぽちっ」

押していただければ、幸せです人気ブログランキングへ

■「いっちゃんスキ」トップ

「りょうまっち」に会いたい方はこちらへ

ry_bn2_500

「道の駅四万十とおわ」に新聞バッグが置かれていました。

古新聞を再利用。作り方と見本を集めたセットも販売しています。

shinbunbug

新聞にはとても愛着がありますが、こんなにきれいに「編集」して仕上げてもらうと、うれしくなりますね。

デザインとしても美しい。

ついつい記事を読み込んでしまうのだなあ。これが。

shiubunbug02

持ってるだけで、「ニュースを運んでいる」ことになりますね。

読み終えたあとの再活用。しかもエコバッグ。

身の回りにこの新聞バッグが増えて、新聞に興味を持つ人が増えてくれたら、うれしいです。

四国ブログランキングに参加しています。「ぽちっ」

押していただければ、幸せです人気ブログランキングへ

■「いっちゃんスキ」トップ

「りょうまっち」に会いたい方はこちらへ

ry_bn2_500

「地球交響曲第7番」の上映会に行ってきました。上映のあと、龍村仁監督の講演もありました。

地球交響曲は、地球を一つの生命体と見なし、その視点から自然とともに生きる人々を描くドキュメンタリー。

第7番まで全部見ているわけではないのですが、感じるところが多く、上映会を見る機会があれば、足を運んでいます。

gaia

今回の3人は環境教育活動家の高野孝子さん、ツールド・フランスの優勝者、グレッグ・レモンさん、統合医療医学博士のアンドルー・ワイルさん。

さらに日本人の精神の支えとして歴史を経てきた神道にもスポットを当てています。

龍村監督の言葉で心に残った言葉は

「変えられないことを受け入れる落ち着きを持つ。変えられることを変える勇気を持つ」
何が変えられないことで、変えられることは何かというのは難しい問題ですが、こういう二律背反的なバランスを取る考え方は、「陰陽合一」というか、融通無碍なところを感じさせます。

映画や講演を通じて一貫して示されているのは、「自らの内部に答えはある」ということ。

体内には生命38億年の叡智が積み重ねられている。

昔の叡智は未来の化学。

人間に備わった自然治癒力。

過去も現在も未来も、行くべき道への回答もすべて自分の中にある。

それを引き出すにはどうしたらいいのか。

高野さんが映画の中でおっしゃってたのが、「心のスタミナは柔らかく受け入れることで長持ちする」。

心を落ち着け、柔らかい心で、自らを受け入れ、じっと耳をすます。

そうすると答えが自然に立ち現れてくる。そういうふうに解釈しました。

四国ブログランキングに参加しています。「ぽちっ」

押していただければ、幸せです人気ブログランキングへ

■「いっちゃんスキ」トップ

「りょうまっち」に会いたい方はこちらへ

ry_bn2_500

「マネーボール」の映画評を書きました→こちらです。

人(企業)をさまざまな視点から評価し、光を当てて活性化させる。

この物語は単に野球の話ではなくて、投資、ビジネス、組織の活性化の点でも、参考になります。

書ききれなかったけど、人間ドラマとしてもよくできていました。


「もっと野球を楽しんで」。特に主人公の娘との交流は、ほのぼのとしたものを感じさせます。

お金に目がくらんで、人生の選択を誤った主人公が、大枚でお金持ち球団、レッドソックスに誘われたとき、それを拒否して貧乏球団のアスレチックスにとどまるところが、すがすがしい。

四国ブログランキングに参加しています。「ぽちっ」

押していただければ、幸せです人気ブログランキングへ

■「いっちゃんスキ」トップ

「りょうまっち」に会いたい方はこちらへ

ry_bn2_500


follow ichansuki at http://twitter.com


お気に入りリンク

土佐名産ちりめん乾物専門店「中田遊亀商店」スタッフブログ

"あの"ゆりっちの土佐日記

"奥山佳恵のてきとう絵日記

オイラの赤い青春

クリエイターのWEBギャラリー  F-space!

こんぶろ・酒屋のブログ

むすび夢工房

どき土紀ブログ

高知ネット

映画を見ませんか SNS「ふらっと」ブログ

秋田のSNS・こみっと

日曜市に出店中【小出商店】


このアーカイブについて

このページには、2011年12月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2011年11月です。& amp; amp; amp; lt;/p>

次のアーカイブは2012年1月です。& amp; amp; amp; lt;/p>

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

 

Powered by Movable Type 4.01