土佐の街路市(露店市、青空市)についてのコラム!!高知の食材や農業、食の安全の話題も

サイトマップ
とさあちホーム
  暮らしいきいき 高知が見える 『とさあち』  

ホームいちの土佐 > 編集日記 いっちゃんスキ

大河ドラマ「龍馬伝」のふるさと高知から、坂本龍馬関連の話や、彼の生誕地近くの日曜市、火曜市など街路市のトピックなど、観光情報、食の情報をお届けしています。愛すべき日曜市のおじちゃん、おばちゃんの話、おいしい食べ物や農業の話、旅のつれづれ、街角の経済や投資の話題、歴史や土佐の風土など、考えたこと、感じたことをつづります。

2012年1月アーカイブ

きのうの全豪オープンテニス男子決勝戦はジョコビッチ(セルビア)がナダル(スペイン)を破って優勝しました。


時間近い激闘のテニス史に残る名勝負。

すさまじい打ち合いが果てることなく続き、時おり2人が見せるスーパーショットに会場も大興奮でした。

驚異的な2人のスタミナと、不利な時も決してめげない精神力には驚かされてばかり。

特に印象的だったのは緊迫した場面で見せたジョコビッチの笑顔。

意識的にリラックスすべく笑っているのでしょうが、なかなかできることではありません。

さらにナダルにスーパーショットを決められたあとでも、ラケットをたたいて相手を賞賛していました。

この笑顔と相手をたたえる態度が、最終的に勝負を分けたのではないかと思えました。

最終セットは、4―4で、先にナダルにブレークをされたのですが、土壇場でブレーク仕返し(男子テニスの場合はサービスを握っている方が絶対的に有利なのです)、続くサービスをキープして粘るナダルを突き放しました。

両者とも試合後の表彰式では立っていられなくて、いすが用意されたほどの全力を尽くしてのプレーでした。

不利な時でも決してくじけず、相手(周囲)を賞賛(感謝)しながら、笑顔を見せて乗り切る。

ジョコビッチのようにはなかなかいきませんが、その精神を少しでも見習いたいと考えています。

四国ブログランキングに参加しています。「ぽちっ」

押していただければ、幸せです人気ブログランキングへ

■「いっちゃんスキ」トップ

「りょうまっち」に会いたい方はこちらへ

ロボジーの映画評を書きました→こちらです。

矢口監督の笑いのテイストは、爆笑するのとはちょっと違う「クスクス笑い」。

嫌いじゃないです。

 

「ウォーターボーイズ」「スウィングガールズ」と同じく何も知らないシロウトが、いろいろな知識(技術)を習得し、成長していく物語の形を踏襲しています。

四国ブログランキングに参加しています。「ぽちっ」

押していただければ、幸せです人気ブログランキングへ

■「いっちゃんスキ」トップ

「りょうまっち」に会いたい方はこちらへ

ry_bn2_500

 

きょうの高知新聞には「ひがしやま」人気が拡大しているという、うれしいニュース

大月町が特産品化を目指しており、これまで販路が高知県内に限定されていましたが、県外からも引き合いがあるそうです。

higasi02

このブログでも以前、その語源について、照会したことがあります。→こちら

日曜市でもそれぞれ個性的な「ひがしやま」がありますが、大別して、かためのものとやわらかめのものに分けられます。

higasi

かたいのは、口の中にしばらく入れておくと、徐々にやわらかくなり、甘さととともに楽しめます。

やわらかいのは、ほろほろと、とけていくような心地よさがあります。

「ひがしやま」は別名ニンジンイモともいわれ、にんじんみたいな色で、もちもちしています。

まず初めに水で煮て、包丁できれいに皮をはぎ、日光で干します。

higasi03

時々、ひっくり返すのがポイントで、干しておくと徐々においしそうなあめ色に変化してきます。

日光がうまみを引き出すのですね。

農作物は人が企画し、自然が育てるものですが、「ひがしやま」の場合は、加工の過程において、天日が重要な役目を果たします。

本当に天の恵みをいただいている気がしてきます。

四国ブログランキングに参加しています。「ぽちっ」

押していただければ、幸せです人気ブログランキングへ

■「いっちゃんスキ」トップ

「りょうまっち」に会いたい方はこちらへ

ry_bn2_500

きょうはあったかいですね。

日曜市も寒さが和らいで一息ついているように見えます。

ichi01

季節の食材をあれこれ眺めるのが市(いち)の楽しみのうちの一つですが、面白いのはふぞろいであったり、見栄えがよくないものがあります。

いわゆる「ハネモノ」です。

総じて値段がすごく安い。

jyagaimo01

写真のジャガイモは、一盛りなんと100円。

店主さんは「肥料のやりすぎでか、天候の影響か。今年はこんなのがたくさん取れてねえ。これじゃもうけにならんから、きれいなのが作りたい」とか、いいながら高笑い。

「できの悪い息子(?)でも、かわいくてならない」というニュアンスが感じられて、ほほえましくなりました。

20D_9491

堆肥を使って、懸命に育てた作物に愛着を持っているのでしょうね。

でもこのハネモノ。見た目はちょっと悪いですが、味は普通のきれいなジャガイモと変わりません。

中身は同様に甘くほくほくしています。

見た目より中身というのは、人間も同じ。

日曜市のハネモノには、掘り出し物がそろっています。

ハネモノだけの食材を使ったら、安くておいしくて栄養のある料理が作れる。

家族に感謝される賢い消費者と言われることは間違いありません。

四国ブログランキングに参加しています。「ぽちっ」

押していただければ、幸せです人気ブログランキングへ

■「いっちゃんスキ」トップ

「りょうまっち」に会いたい方はこちらへ

ry_bn2_500

きょうの高知新聞によりますと、中国の格安航空会社「春秋航空」の高松―上海便が増便されるようですね。

上海は3回か4回ほど訪れてますが、まだ「春秋」を利用したことないので1度は乗ってみたいです。

shanhai

運賃4000円は、特別価格で運がよくないと当たらないでしょうけど、東京に行くよりは安い。

もっとも、高知から行く場合、現地まで車で行かなければならないですけどね。

上海は世界で一番活気のある都市です。

行くたび変化しているし、近代的な建物がどんどんできてる。

shanhai03

勃興する国のエネルギーを感じるところです。

日本人の口に合う中華もたくさんあり、歴史を感じる名所旧跡めぐりも楽しい。

shnghai02

こちらから行くばかりでなく、中国からもたくさんのお客さんに来てほしいですね。

香川のうどんもいいけれど、高知のたたきなど、四国のたくさんの名物料理を味わってほしい。

こてこてしたフランス料理は、中国料理の亜流で、実は中国の人はあまりインパクトを受けないそうです。

逆に素材を生かした日本料理に中国人はショックを受け、面白いと感じるらしい。

中国大陸での日本食の消費量が増えているおかげで、マグロの値段が高騰しているような困った話も起きてますが。

土佐料理なんかは、特に素が持つ味わいを最大限に引き出すものが多いですから、中国のお客さんにも喜んでいただけると思います。

日曜市なんかで買い食いしても、楽しく感じてくれるんじゃないかな。

shanhai04

台湾からのお客さんも増えていることですし。

人口が日本の13倍あるから、ファンを増やしたら、日曜市も息を吹き返すのだけど。

四国ブログランキングに参加しています。「ぽちっ」

押していただければ、幸せです人気ブログランキングへ

■「いっちゃんスキ」トップ

「りょうまっち」に会いたい方はこちらへ

ry_bn2_500

前回の続きです。

コラムなどで、どうしても考えがまとまらない。アイデアが出てこない。

こういうときはどうするか。

tetugaku

私の場合は、のしのし歩きです。

煮詰まったら、自然と体が歩いている。

ある時は、いつのまにか外へ出ていたり、またある時は部屋の外のろうかを往復してみたり。

じっと座っていても、あれこれ考えていてもだめ。

思考中に熊さんみたいにのしのし歩を進める自分は、普通じゃない。

ずっとそう感じてましたが、どうも頭に刺激を与えるためには、歩くことは非常にいいらしい。

最近何かの本で読みました。

体の振動が脳に違ったリズムを与えるのでしょうか、あるいは景色が変わることによって新鮮なインパクトがあるのか。

歩いていると、思考が解きほぐれてきて、なぜかいい案が浮かんだり、結論が見えてくることがよくあります。

ロダンの「考える人」は座ってますが、「哲学の道」(哲学者・西田幾太郎が思索にふけった京都の小道)があるように、「考える人」は歩く効用をよく知っていたようです。

私みたいに、たとえ「下手な考え休むに似たり」でも、いやなおさら、歩け、歩け。

四国ブログランキングに参加しています。「ぽちっ」

押していただければ、幸せです人気ブログランキングへ

■「いっちゃんスキ」トップ

「りょうまっち」に会いたい方はこちらへ

ry_bn2_500

ブログの話題に困るという話をよく聞きます。

確かに、出ないときは出ないものですね。

ブログの場合は自分勝手にテーマを定めていいので、そんなに困ることはないです。(←「それならきちんと毎日書け、さぼるな」という自らの内なる声には「すみません」としかいえませんが)

しかし、コラムとか、映画評などでは困ることが多々あります。

私淑している直木賞作家で「お金の神様」邱永漢先生にうかがったところでは、邱先生は頭の中に原稿用紙のマス目があるそうです。

japanese_a10

注文の行数を受けると、頭の中で調整しぴったりにする。

原稿用紙に書くときにはそれを書き写すだけで、一字一句たがわずに完成するとか。

まさに神業(かみわざ)。

「どうすれば、そんなことができるのでしょうか」という私の質問には、「自然とできる」との説明。

やっぱり書くことを天職としている人は違います。

私の場合は、頭の中にあらすじ的なものがあり、右へ行ったり、左へいったりしながら、書き進めていくうち何とか完成するというパターン。

思いもかけぬ展開になり、自分自身でびっくりすることがよくあります。

「行く先は筆(キーボード)に聞いてくれ」のこの方式は、途中で整合性がなくなって苦しむことが多いです。

でも、自分の思考を文字化する中で、「オレはこんなことを考えていたのか」と、自分で自分を発見する喜びというのもあります。

邱先生のような天才には及びもつかないけれど、そんなこんなで駄文ながら、無から有を生み出した瞬間、数少ない充実を感じることがあります。

四国ブログランキングに参加しています。「ぽちっ」

押していただければ、幸せです人気ブログランキングへ

■「いっちゃんスキ」トップ

「りょうまっち」に会いたい方はこちらへ

ry_bn2_500

こごえる日曜市です。

空もどんより。どことなくさみしさが漂います。

そんな中で注目されていたのが、ベストを着たワンちゃん。

inu

近寄ってはたくさんの人が写真を撮影していきます。

毛があるとはいえ、「裸」ですから、犬も寒いのは当たり前ですよね。

暑い日も、寒い日も開かれている日曜市。

ichi02

暑いときもたいへんでしょうが、寒い日に市を出すのは、店主さんにとっても、さぞつらいことでしょう。

今はやめてしまいましたが、前に市(いち)に「出店」している時は、寒さがほんとにこたえました。

ichi01

生産者の方々は、作物を作るときに「暑いの寒いの」いってられないから、体が頑健なんでしょうが、日曜市の出店者は作ったうえで、それを運び、寒空の露天市で売るわけですから、ご苦労もひとしおだと思います。

天の恵み、人の知と労を経て、われわれの口に入るさまざまな食べもの。

大事に、かみしめていただきたいです。

四国ブログランキングに参加しています。「ぽちっ」

押していただければ、幸せです人気ブログランキングへ

■「いっちゃんスキ」トップ

「りょうまっち」に会いたい方はこちらへ

ry_bn2_500

|

きょうは日曜市の初市。

元日はお休みだったので、2週間ぶりの再開です。

imoten

なじみのお顔に「本年もよろしくお願いします」とごあいさつ。

うれしかったのは、「とさあち」ブログ仲間の山中明子さんが復帰して、元気な姿を見せていたことです。

もっとも、そこは日曜市の申し子のような明子さん。

気になるらしく、ちょくちょく病院を抜け出して(もちろん許可を取って)、市(いち)の様子を見に来てました。

寒いですので、無理せずに。お大事になさってください。

ところで、毎週A4版の日曜市ミニ新聞を発行して、日曜市の協力店に配っていただいてます。 

その日の旬のニュースをできるだけ載せるようにしているのですが、柔らかみを出すために俳句をつけています。

これがなかなか難しい。

きょうは「初市や緑したたる野菜かな」

ああ、恥ずかしい。こんなことなら、もう少し俳句を勉強しておくのだった。

それはともかく、本当に日曜市には生命力の青々とした野菜がたくさん見つけられます。

都会のスーパーなどではお目にかかることのできない生命力あふれる野菜がいっぱい。

見ているだけでも元気になれそうです。

なんといっても取れたてのみずみずしさと、高知の土地の地力が大きいでしょう。

きょうのニュースの一つは、サラダセット。

サラダ春菊、ルッコラ、カラシナ、ワサビナ、セロリが入って150円の安さです。

sarada

市では、野菜は単体で売られていることが多いのですが、こうやってセットとしてまとめてくれると、食べてみようかなという気になりやすい。

若い人が少しでも求めやすくなる工夫で、実際よく若者に売れています。

こういったちょっとした発想や工夫をして、それぞれの店が個性を競っている。

「日曜市の知恵」も隠れた見所です。

四国ブログランキングに参加しています。「ぽちっ」

押していただければ、幸せです人気ブログランキングへ

■「いっちゃんスキ」トップ

「りょうまっち」に会いたい方はこちらへ

ry_bn2_500

きょうは少し寒さが緩みましたが、相変わらず寒い日が続いています。

昨年11月まで、あたたかかったので、その後、急激に冷えたことから、風邪をひいた人も多かったのではないでしょうか。


(c) .foto project

 

南国育ちであまり高知を離れたことがない身にとっては、寒さってほんとに耐えがたい。

人は青森に夏、行ったとき、現地で「青森ってほんとにいいところです。大好きです」と現地の人に言ったら、「冬に暮らしてみればいいんだあ」と返事が。

そのとおりです。

北国では信号が縦についている。

お察しの通り、降雪から信号機を守る工夫です。

少し朝雪が降ったら、通勤がパニックになる南国高知の人間には雪深い地方の人の気持ちは分からないでしょう。

でも、冬の寒さは、背筋を伸ばす作用もありますよね。

寒い日に、厚着して歩くと、中はぬくぬく、頭は冷え冷えというのは気持ちいい。

頭寒足熱は、身体に心地よい。つまり体調が整い、活気を保持することにつながる。

しんしんと冷える日に、とぼとぼと歩く。

心と体はあったか。陶然としてきます。

ふところもあったかいし、言うことない…といきたいところです。

四国ブログランキングに参加しています。「ぽちっ」

押していただければ、幸せです人気ブログランキングへ

■「いっちゃんスキ」トップ

「りょうまっち」に会いたい方はこちらへ

ry_bn2_500

けさの高知新聞の朝刊1面のトップは「『食べログ』で順位操作」。

「食べログ」は飲食店の検索サイトで、一般利用者が投稿する口コミなどに基づき、ランク付けされます。

それに投稿のやらせをする業者があるという話です。

horn

「食べログ」をこれまで重宝してきました。

知らない土地に行って、「どこか適当な場所はないだろうか?」と思ったときに、「答え一発」ですから。

はずれたことはないですね。

wantan

ところが、こういう業者が出てくると、口コミの信頼性にも関わってくる。

ランキング上位にいるか、いないかで売り上げが違ってくるから、「やらせ」があるのは予想できたことですが。

でも、でもです。

「自分の舌に自信があるか」と考えると、首をかしげたくなります。

確かに、おいしいものを普段から食べ慣れている人は舌が肥えています。

高知県人などは、安くておいしい素材が地元にたくさんあるから、素材の良し悪しがよく分かる。

susi

でも「おいしい」というのは、主観の判断。食べる場所、雰囲気、おなかのすき具合に大いに左右されます。

みんなが「おいしい」という店で食べたから、おいしく感じるということも多々あるのではないでしょうか。

若いとき、海外をさまよっていて、日本食を半年くらい食べなかったことがあります。

ネパールにたどりついたとき、日本人が経営する日本料理店で飲んだ一杯のみそ汁は、それまで食べたどんな料理よりおいしかった。

確かに、多くの人が「美味である」と感じる料理は、そんなにはずれることはないでしょう。

でも、「評判の店」で看板料理を食べても、おいしく感じなかった場合も少なからずあります。

すべての料理を「うまい」と感じられるのも一つの才能。

ジャンキーなものも、素材を生かした料理も、ぜいを尽くした食べ物も等しくおいしく食べられる。

舌に自信はないけれど、なんて幸せなことなんだろう。

四国ブログランキングに参加しています。「ぽちっ」

押していただければ、幸せです人気ブログランキングへ

■「いっちゃんスキ」トップ

「りょうまっち」に会いたい方はこちらへ

ry_bn2_500

三が日も終わり、きょうから仕事を始められている方も多いと思います。

今年の正月は天候も穏やか。例年通り寒さが厳しかったですが、初もうでに出かけた方も多かったのではないでしょうか。

元日に高知市の潮江天満宮に出かけてきました。

IMG_0183

以前、大晦日の夜中に初もうでに行き、あまりの寒さに凍りそうになったことがありまして、夜にお参りする根性はなくなってしまいました。

今年の元日は列ができていましたが、そんなに寒くはなかったので、余裕を持って待ち時間を過ごしていました。

さい銭箱にたくさんのお金が投げ入れられ、一心に祈る人たち。

何をお祈りしているのでしょうか。

たぶん家内安全とか、商売繁盛とか、合格祈願とかなんでしょうね。

昔はこういうことを祈ってたけど、最近はやめました。

神社、仏閣は、これまでずっと無事に生きてこられたことを神々や仏様に感謝する場所である。

確か斉藤一人さんが書かれてたと思いますけど、それに賛同して。

家族の病気が快癒することを祈る。肉親、友人の無事を祈念する。

それを否定するつもりは毛頭ありません。

でも、神様、仏様へのお願い事が全く頭の中になく、ただ、感謝の念だけで頭を下げていると、とても心が安らぎます。

「ありがたい」という気持ちに満たされる時間をもっと持った方が、いいんでしょうね。

四国ブログランキングに参加しています。「ぽちっ」

押していただければ、幸せです人気ブログランキングへ

■「いっちゃんスキ」トップ

「りょうまっち」に会いたい方はこちらへ

ry_bn2_500


follow ichansuki at http://twitter.com


お気に入りリンク

土佐名産ちりめん乾物専門店「中田遊亀商店」スタッフブログ

"あの"ゆりっちの土佐日記

"奥山佳恵のてきとう絵日記

オイラの赤い青春

クリエイターのWEBギャラリー  F-space!

こんぶろ・酒屋のブログ

むすび夢工房

どき土紀ブログ

高知ネット

映画を見ませんか SNS「ふらっと」ブログ

秋田のSNS・こみっと

日曜市に出店中【小出商店】


最近のコメント

このアーカイブについて

このページには、2012年1月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2011年12月です。& amp; amp; amp; lt;/p>

次のアーカイブは2012年2月です。& amp; amp; amp; lt;/p>

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

 

Powered by Movable Type 4.01