土佐の街路市(露店市、青空市)についてのコラム!!高知の食材や農業、食の安全の話題も

サイトマップ
とさあちホーム
  暮らしいきいき 高知が見える 『とさあち』  

ホームいちの土佐 > 編集日記 いっちゃんスキ

大河ドラマ「龍馬伝」のふるさと高知から、坂本龍馬関連の話や、彼の生誕地近くの日曜市、火曜市など街路市のトピックなど、観光情報、食の情報をお届けしています。愛すべき日曜市のおじちゃん、おばちゃんの話、おいしい食べ物や農業の話、旅のつれづれ、街角の経済や投資の話題、歴史や土佐の風土など、考えたこと、感じたことをつづります。

ゲームで知力、胆力を練る

日曜市の帰りに帯屋町を通ったら、「競輪。」の大きい看板がかかっていました。

オダギリジョーさん、長沢まさみさん、大森南朋さんの3人が競輪選手のユニフォーム姿。

keirin

豪華キャストですね。

競輪は、最近売り上げが伸びてないそうです。

一つには、もちろん不景気。

もう一つには、「競輪は難しすぎる」という声です。

確かに番手やラインを予測して「一票を投じる」のは、あまりにも複雑なのかも知れません。

でも、頭を働かせて推理する面白さが、ギャンブルを含めたゲームの面白さなのではないでしょうか。

考えに考えても、だいたいは、はずれます。

しかし自分の予想通りの展開で、勝負が決まったときの壮快感と満足感といったら。

これはお金がかかっている、かかってないの話には関わりなく、将棋や囲碁のボードゲームでも全く同じです。

賭け事を含めてゲームは頭によい刺激を与えてくれます。

さらに、どんなゲームでもそうですが、自分との激しい戦いが待っています。

勝ちたい、儲けたいという欲求があまりにも過剰だと勝てません。

いつも勝てませんから、負けるにしても「小さく負ける」ようにして、あわよくば逆転を狙う。

冷静でリスクマネージメントができないと勝負事は最終的に勝てません。

ギャンブルやゲーム、株式投資は知力を鍛え、胆力を練るのに、適している面があります。

ただしやるにしても、あくまでもクールに。

熱くなりすぎて、本業に影響が出たり、レバレッジ(てこ)をかけ過ぎないようにご注意を。

競輪などのギャンブルは楽しみの範囲で、くれぐれも余裕をもって。

余裕を持ってないと痛い目にあいます。

四国ブログランキングに参加しています。「ぽちっ」

押していただければ、幸せです人気ブログランキングへ

■「いっちゃんスキ」トップ

「りょうまっち」に会いたい方はこちらへ

ry_bn2_500

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: ゲームで知力、胆力を練る

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://blog.kochinews.co.jp/blog/mt-tb.cgi/9357

コメント(1)

やまびこ :

昔、孔子が言ったそうです。

「ぼんやり過ごすくらいなら、バクチのひとつでもしたほうが良い」と。

バクチははまり過ぎると毒ですが、うまくやれば薬になります。

鍋島記者さんの言われるように、頭を使うものが特に有効だと思います。

実は私も子供の時に競輪に連れて行かれた思い出があります。

もちろん、買ってはいませんが場内のお好み焼きや大判焼きは懐かしく感じます。

機会があればまた食べてみたいものです。

コメントする


follow ichansuki at http://twitter.com


お気に入りリンク

土佐名産ちりめん乾物専門店「中田遊亀商店」スタッフブログ

"あの"ゆりっちの土佐日記

"奥山佳恵のてきとう絵日記

オイラの赤い青春

クリエイターのWEBギャラリー  F-space!

こんぶろ・酒屋のブログ

むすび夢工房

どき土紀ブログ

高知ネット

映画を見ませんか SNS「ふらっと」ブログ

秋田のSNS・こみっと

日曜市に出店中【小出商店】


最近のコメント

このブログ記事について

このページは、鍋島和彦が2012年2月13日 17:05に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「農作物は珠玉の作品群」です。

次のブログ記事は「新八犬伝と言語教育」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

 

Powered by Movable Type 4.01