土佐の街路市(露店市、青空市)についてのコラム!!高知の食材や農業、食の安全の話題も

サイトマップ
とさあちホーム
  暮らしいきいき 高知が見える 『とさあち』  

ホームいちの土佐 > 編集日記 いっちゃんスキ

大河ドラマ「龍馬伝」のふるさと高知から、坂本龍馬関連の話や、彼の生誕地近くの日曜市、火曜市など街路市のトピックなど、観光情報、食の情報をお届けしています。愛すべき日曜市のおじちゃん、おばちゃんの話、おいしい食べ物や農業の話、旅のつれづれ、街角の経済や投資の話題、歴史や土佐の風土など、考えたこと、感じたことをつづります。

ベトナムの街路市の最近のブログ記事

saigongawa01.jpg宿泊しているホテルの目の前をサイゴン川が流れていました。ゆるゆるとした流れは、いろんなものを運んでいきます。

例えばそれは大量の水草であったり、クルーズの大型客船であったり、工事用の土砂であったり。メコン河とも共通する茶色の水はいつも穏やかな表情を見せていました。

対岸はまだまだ未開発のようだったですが、建設工事がそこかしこで始まっていました。街はどこもかしこも建設ラッシュ。これからまた新しい建物が次々と立ち、新しくおしゃれな街に変貌していくのでしょう。

サイゴン川の流れに沿って歩くとモンゴル帝国の来襲からベトナムを守った英雄チャン・フン・ダオの像が立つ公園があります。公園はデートスポットになっており、若いカップルでにぎわっています。

幸せそうにしている一組に微笑みかけると笑顔が返ってきました。何でも最近結婚したばかりで、結婚式の様子やベトナムのリゾート、ニャチャンに新婚旅行にいった写真をうれしそうに見せてくれました。

この穏やかな人々がモンゴルやアメリカという世界一の軍事力を持つ国々の侵入を退けたとは、信じがたいのですが、穏やかな中にも強さ、しなやかさ、したたかさ、そして粘り強さを兼ね備えているのでしょう。

この平和な時がずっと続き、生活が豊かになって、若いカップルたちが幸せに暮らしてほしい。

ベトナムの街路市のにぎわい、人と人とが和気合い合いと交流する様子は、高知と同じです。ベトナムの街路市を歩きながら、1000年以上の時を超えて変わらない人々の営みについて思いをはせたことでした。

【写真】朝日が昇るサイゴン川

四国ブログランキングに参加しています。「ぽちっ」と押していただければ、幸せです→人気ブログランキングへ

ついでにこれも「ぽちっ」と→にほんブログ村 地域生活ブログ 高知情報へ

junglecluse01.jpg
さていよいよメコンデルタの旅のメイン、ジャングルクルーズです。クルーズというと、豪華客船とか、大きい船の印象が強いですが、乗り込んだのは手こぎの小さい船です。

動力付きの船は男性が運転、手こぎの船は主に女性が操ります。女船頭さんの年齢はさまざまですが、全般的に若い人が多いようでした。

船はタイソン島の細い水路を進んでいきます。海からつながっているんで当然のことながら水の色は茶色。シダやヤシなど南方系の植物が上から覆いかぶさるように茂っています。

jungle02b.jpg
水路の幅は船を縦に並べて3つくらい。お客さんを送って帰ってくる船とすれ違うのですが、時おりぶつかりそうになります。それをたくみに操る船頭さんのバランス感覚はすばらしい。

ゆったりと進む船。さまざまな珍しい植物を眺めていると、微風が流れてくる。何ともいえず心地よい気分になりました。

行き交う船頭さんと「シンチャオ!(こんにちは)」と笑顔であいさつ。心豊かになった一日に「カムオン!」(ありがとう)。

【写真】亜熱帯の植物が上から覆いかぶさる水路を進むジャングルクルーズ

四国ブログランキングに参加しています。「ぽちっ」と押していただければ、幸せです→人気ブログランキングへ

ついでにこれも「ぽちっ」と→にほんブログ村 地域生活ブログ 高知情報へ

betojyo01a.jpg
お茶を飲み終わって、またしばらく歩くと再びお休みどころがありました。そこではベトナム名物の編みがさや地元のココナッツを利用したお菓子などまたおみやげ物が置いてあります。

若いお嬢さんが多いので、「何かやるのかなあ」と思っていたら、ギターを弾く青年が出てきて、彼女たちが歌を歌い出しました。

観光客は日本、欧米、中国などから来ている人が多いので、それぞれの国の歌も披露。日本は「幸せなら手をたたこう」で、「幸せなら肩たたこう」という歌詞が出てくると、お嬢さんに肩をたたかれました。

中国の歌も歌われていましたが、興味深かったのは中国人の対応です。その一家は50がらみの男性を筆頭とした家族で、20代の兄妹、お母さん、おばあちゃんの5人家族でした。

歌が終わると、かっぷくのいいお父さんが、彼女たちにチップを渡し始めました。お金持ちですね、中国の人は。

好景気にわいていた15年から20年前は、世界中どこでも気前よくチップをあげる日本人があふれていました。当時は中国人の旅行客を中国以外の国で見つけることはまれでしたが、今やどこへ行っても旗を立てたツアーの中国人が多いです。

海外に出るたび、成熟して下り坂の日本と、若い上り坂の中国の対比をいつも見せつけられます。

【写真】歌を歌ってくれた女性たち

四国ブログランキングに参加しています。「ぽちっ」と押していただければ、幸せです→人気ブログランキングへ

ついでにこれも「ぽちっ」と→にほんブログ村 地域生活ブログ 高知情報へ

kinkanbee01.jpg
タイソン島の亜熱帯のジャングルの道を抜けて歩いていくと、まずはおみやげ物やさんで一服。とにかくツアーではお客さんに、みやげものを買わせなくてはいけないですからね。

構えられた席に座ると、女性がお茶を入れてくれました。ここタイソン島は、ハチミツが名物の一つらしく、盛んにロイヤルゼリーを勧めてきます。

丁重にお断りしたのですが、あれもある、これもあると安い品物も含めて、ハチミツの各種を押してきました。なかなか商売熱心です。

彼女の入れてくれたお茶はもちろんハチミツを使ったもの。そして、取りいだしたるものは、なんとキンカンではありませんか。

そのキンカンを搾って、お茶の中に。キンカンの酸っぱさとハチミツの甘さが適度にからまって、すい甘い。うーん、おいしい。

キンカンとハチミツと言えば日曜市の名物の一つですが、高知に帰ったら、また買い求めて、この取り合わせを楽しんでみようと思いました。

ほんと体があったまりそう。風邪によくききそうですね。

【写真】ハチミツとキンカンのお茶を入れてくれる女性

四国ブログランキングに参加しています。「ぽちっ」と押していただければ、幸せです→人気ブログランキングへ

ついでにこれも「ぽちっ」と→にほんブログ村 地域生活ブログ 高知情報へ

betoboat01.jpg
ミトーの渡し場にはたくさんの大小の船が出番を待っていました。

船が出るまで時間が少しあったので、例によってうろうろしていると、20人ばかりでしょうか、ハンモックにぶら下がって寝ている男性がいます。

ウィークデーの最中に、昼寝しているとはいいなあ。暑いからねえ。ベトナムにもシエスタ(午睡)があるのかなあ…なんてことを考えてましたが、さにあらず。

河を渡るツアー客を待っている船頭さんたちと、お客さんを乗せてきた運転手さんたちなんですね。別にさぼっているわけではなく、暑いベトナムでは、待ち時間は少しでも休んでおかないと事故につながりますから。

すやすやと気持ちよさそうに寝ている男性たちを見て、ちょっとのんびりした気分になったところで、クルーズに出発です。私たちを運んでくれるのは屋根がついた小さな動力船。

気のいい船頭さんが河に落ちないようにしっかりと手を握ってくれて、船に招き入れてくれました。

船はエンジン音を響かせながら、なめらかに河を進んでいきます。水の色は褐色。台風の時以外は清流に親しんでいる土佐人としては、不慣れな光景ですが、この泥こそがメコンデルタ地帯に豊かな実りを持たらしているんですね。

川風に吹かれながらしばらく行くと、緑が見えてきました。河の中にある小島、タイソン島です。

【写真】タイソン島まで送ってくれた船頭さん

四国ブログランキングに参加しています。「ぽちっ」と押していただければ、幸せです→人気ブログランキングへ

ついでにこれも「ぽちっ」と→にほんブログ村 地域生活ブログ 高知情報へ

betotanbo01.jpg
メコンデルタ地帯は、水田や畑が多く、バナナ(すごくちっちゃいバナナ)やマンゴーなどフルーツももいたるところで実っています。いわゆる「物なりがいい」土地柄というのがよく分かります。

もともとこの肥沃な大地に、住んでいたのは現在のラオスやカンボジアの人々でした。あまり洪水も頻繁に起こらなかったことから、メコンの河が運んできた養分をたっぷり吸い込んだ土地に種を蒔(ま)けば自然と農作物が取れたんですね。

こういう土地柄だと、もっと収量を増やそうとか、もっとお金持ちになろうだとかいう発想は出てきません。反対に、北の紅河周辺に住んでいた現在のベトナム人の先祖は、河の氾濫に悩まされて、治水の努力をしなければなりませんでした。

それに加えて競争をむねとする中国の影響を受けてますから、この人々がメコンデルタ地帯を見逃すはずはありません。「なんてもったいない。もっときちんと計画的に農地を作り上げれば、もっともっと収穫が増えるのに」と考えたベトナム人の先祖たちは、結局、牧歌的なラオス、カンボジア人を追い出して、この豊かな地域を押えてしまいました。

車窓から見える水田には青々とした稲の波が広がっていました。気温が高く米が年に3回取れる土地柄。農家の人が稲を収穫している姿が所々で見られました。

水田の中から所々、電柱がにょっきり顔を出しているのにびっくり。日本人は田んぼを大事にするからか、その中に電柱を立てているなんて風景はあまり見かけません。

でも数千年に渡って、現地の人々の食を支えてきた水田と、電気の消費量がこれからどんどん増えてくる象徴である電柱が同居している姿が、いかにも現代のベトナムを表しているような気がしました。

【写真】水田の中からにょっきり突き出た電柱

四国ブログランキングに参加しています。「ぽちっ」と押していただければ、幸せです→人気ブログランキングへ

ついでにこれも「ぽちっ」と→にほんブログ村 地域生活ブログ 高知情報へ

きょうからホーチミン市を離れて、メコンデルタ地帯へのジャングルクルーズの旅にお付き合いください。

ホーチミンから南へ車で国道1号線を通って2時間のミトーへ向かいました。ミトーは戦国末期、タイで活躍した山田長政のような武家商人が拠点としたところで、日本人墓地があり、日本ともゆかりのある街です。

道路は相変わらず、たくさんのバイクが通り過ぎていきます。先にお話したとおり、3人乗りは当たり前ですが、山積みの荷物を積んでいるものもあり、日本人の感覚からするとちょっと危険なんじゃないかと思います。

ちなみに、ベトナムでは、車やバイク事故で人をはねても賠償金は200万円ほどだそうです。日本が賠償金1億円とすると、およそ50倍の開き。あまり損保に入る人もいないそうですが、生活が豊かになって、命の値段が高くなってくると、損害保険に入る人も出てくるでしょうね。

車の中から流れる風景を飽きずに眺めていると、生きたニワトリを逆さにつるして市場に持っていっていく光景にでくわしました。「ちょっとかわいそうだなあ」というと、ガイドさんは「かわいそう。でもおいしそう」と切り返し、大笑いになりました。

最近、日本では鳥をつぶす光景を見ることもなくなりました。「かわいそう」なんて言葉は切り身の姿でしか、食用のチキンをおがまなくなった便利社会に居住する者の感傷にしか過ぎませんでした。それにしてもベトナムはたくましいなあ。

四国ブログランキングに参加しています。「ぽちっ」と押していただければ、幸せです→人気ブログランキングへ

ついでにこれも「ぽちっ」と→にほんブログ村 地域生活ブログ 高知情報へ

senso01.jpg
ホーチミン市の旧市場と高知の日曜市の違いをもう一つ。店主さんの年齢ですが、旧市場の方は圧倒的に若い人が多いです。これは一つには日本とベトナムの人口構成比率が違うことが理由です。

高齢化社会を迎えた日本に比べて、ベトナムは若い人の人口比率が高い。なぜかというと悲しいことですが、ベトナム戦争の影響です。

日本の団塊の世代は還暦を迎えましたが、その世代はベトナムでは兵士として戦った戦争世代。激しい内戦の結果、もっとも多くの人命が失われた世代でもあります。

ベトナム戦争終結からおよそ30年。そろそろ「戦争を知らない子どもたち」が社会の主役を占めるようになりつつあります。

先日、「日本の学生が『おいおい、知っているかい?日本って、昔アメリカと戦争をしたことがあるんだってよ』と話をしていた」という話を知人から聞きました。

まさに「戦後は遠くなりにけり」ですが、ベトナムでもこれから「ベトナムってアメリカと戦争をしてたんだってさ」なんてことをいう若い人が増えてくるんでしょう。平和はいいものです。

実際、現地通貨のベトナムドンとともに、アメリカドルが普通に使えるのにびっくりしてしまいました。

旧市場の中で、高齢の「いちのおばちゃん」に出会いました。日曜市にも共通する穏やかないい顔です。しみじみながめていると、「このおばちゃんはベトナム戦争をくぐり抜けてきたんだ」ということに気づきました。

この人は、肉親や知り合いの死や生きるため幾たびの苦難を乗り越えてきたんだ。

そう思うと、おばちゃんの顔が、さらに深みを持ったものとして胸に迫ってきました。

【写真】日曜市とも共通するいちのおばちゃんの穏やかな顔(ホーチミン市の旧市場)

四国ブログランキングに参加しています。「ぽちっ」と押していただければ、幸せです→人気ブログランキングへ

ついでにこれも「ぽちっ」と→にほんブログ村 地域生活ブログ 高知情報へ

kanban01.jpg

「3丁目の夕日」の昭和30年代。タバコ屋さんには「看板娘」がいました。いわゆるその店の広告塔。

若くて美しい女性が店番をしており、それにひかれてくるお客さんで売り上げが伸びるという寸法です。

今ほどタバコを吸う人が迫害されていない時代。タバコがどんどん売れたんでしょうね。

余談ですが、発展途上国ではタバコを吸う人、それも男性が多いようです。

煙を吐きながらひたすら前進する蒸気機関車でもないでしょうが、とにかく途上国の男性はタバコをすぱすぱ吸いながら仕事をしている。

ベトナムではだいたいどこでもタバコが吸えるようになっており、喫煙者に優しい国でした。

日本なんか、もうタバコを吸う人は極悪人扱いですからね。

生活レベルが向上し、健康問題がクローズアップされるようになって、喫煙者はどんどん減ってきています。いつしか、タバコ屋の看板娘も姿を消すようになりました。

ところが、喫煙者に優しいホーチミン市の旧市場にいました!タバコ屋の看板娘。

マルボロやマイルドセブンなど大量のタバコの箱に囲まれてほほえむ表情は天使のよう。いやあ、かわいい。

ベトナムでの美人の基準は、肌が白くて髪が長いことだとガイドさんに教えてもらいましたが、まさに、まさに。

美しい女性は心を和ましてくれます。しばし立ち止まって見とれていると、来るんですねえ、男どもが。

バイクを飛ばしてきた青年は少しだけ娘さんと会話をしたあと、そそくさとタバコを買って去っていきました。

ちょっとはにかんだ彼の表情が初々しい。いいですねえ。看板娘がいる国は情緒があって。

【写真】街角の天使、タバコ屋の看板娘(ホーチミン市の旧市場)

 

四国ブログランキングに参加しています。「ぽちっ」と押していただければ、幸せです→人気ブログランキングへ

ついでにこれも「ぽちっ」と→にほんブログ村 地域生活ブログ 高知情報へ 

betofuukei01.JPG
前回、高知の日曜市とホーチミン市の旧市場の違いをお話しましたが、今回は似ている点です。

それは、しつこい客引きをほとんどしないということ。

観光客の多く集まるベンタイン市場では、品物を見ていると、観光客と思ってか、「何を探しているんだ」「これはどうだ」「これは安くておいしいよ」と何度も何度もお店側にくいさがられました。

あまりお店側から勧められると拒否反応が強い天邪鬼(あまのじゃく)な私はそれに乗ることはなかったんですけれども。

これに対して旧市場の方は、のんびりとしたもので、店主さんは何をするでもなく、ぼーと路上を行く人や車を眺めています。

実は日曜市も同じで、そんなに、強引にお客さんに品物を勧めることをしません。これは自分の持ってきているものに自信があるのと、高知県の県民性として、いい意味であまり商売っ気がないところが影響していると思います。「まあ、気に入ったら、こうていってや」というところでしょうか。

高知県民は、私のような天邪鬼が多いので、あんまりしつこく勧めると「もうこん(もうこない)」という人が多いので、お店側の対応も必然的に無理強いしないということになっているんでしょう。

商売熱心もいいですが、あまりくどく品物を勧められると、お客さんの品物を見る楽しみを奪ってしまいます。客がじっくり品定めをして、その品物を店主さんが丁寧に説明してくれる。そうした方がお客さんも喜んで買い物ができるのではないでしょうか。

高知の日曜市、ホーチミンの旧市場ともこのいい雰囲気をいつまでも保ってほしいですね。

 

【写真】路上でのおしゃべりも多い旧市場(ホーチミン市)

四国ブログランキングに参加しています。「ぽちっ」と押していただければ、幸せです→人気ブログランキングへ

ついでにこれも「ぽちっ」と→にほんブログ村 地域生活ブログ 高知情報へ 


follow ichansuki at http://twitter.com


お気に入りリンク

土佐名産ちりめん乾物専門店「中田遊亀商店」スタッフブログ

"あの"ゆりっちの土佐日記

"奥山佳恵のてきとう絵日記

オイラの赤い青春

クリエイターのWEBギャラリー  F-space!

こんぶろ・酒屋のブログ

むすび夢工房

どき土紀ブログ

高知ネット

映画を見ませんか SNS「ふらっと」ブログ

秋田のSNS・こみっと

日曜市に出店中【小出商店】


このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち& lt;$MTCategoryLabel$>カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはテニス< /a>です。

次のカテゴリは火曜市< /a>です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ベトナムの街路市: 月別アーカイブ

 

Powered by Movable Type 4.01