土佐の街路市(露店市、青空市)についてのコラム!!高知の食材や農業、食の安全の話題も

サイトマップ
とさあちホーム
  暮らしいきいき 高知が見える 『とさあち』  

ホームいちの土佐 > 編集日記 いっちゃんスキ

大河ドラマ「龍馬伝」のふるさと高知から、坂本龍馬関連の話や、彼の生誕地近くの日曜市、火曜市など街路市のトピックなど、観光情報、食の情報をお届けしています。愛すべき日曜市のおじちゃん、おばちゃんの話、おいしい食べ物や農業の話、旅のつれづれ、街角の経済や投資の話題、歴史や土佐の風土など、考えたこと、感じたことをつづります。

観光の最近のブログ記事

先日土佐清水を訪れた日はちょうど、鹿島神社の大祭の日。

maturi01

大漁旗を建てた船が港を回る名物行事が行われるほか、町中を御輿がねり歩きます。

御輿の下にしゃがんで、通り過ぎるのを待てば、福運が訪れるとか。

maturi04

誘われてやってみました。

あっという間。でも運がつきそうな予感。

男性も女性も、老いも若きも一緒になって歩いたり、御輿の下に入っているのを見ると、まだここには昔ながらの地域のコミュニティが生きている感じがします。

maturi03

みんなどこのだれかを分かっているのは、現代人にとっては、うっとおしいところもあるでしょうが、地域の子どもたちを、町中で見守り続けている雰囲気が残っていて、心が和みます。

祭りといえば、10月31日に「第3回ジョン万祭り」が海の駅あしずりジョン万群像前で開かれます。

maturi02

ジョン万次郎の出身地、土佐清水ならではの催し。

ハロウィンの仮装コンテストやキルト教室、フリーマーケットなどもありますので、みなさんもぜひお越しください。

噂のサバーガーが食べられるかも。

四国ブログランキングに参加しています。「ぽちっ」

押していただければ、幸せです人気ブログランキングへ

■「いっちゃんスキ」トップ

「りょうまっち」に会いたい方はこちらへ

ry_bn2_500

Twitterやってます。よろしければフォローをnabefollowme

久しぶりに怒とう逆巻く足摺岬に行って参りました。

20D_4794

いい天気。

さすがに土佐清水はあったかいというよりは、暑い。

気候がいいせいか、お遍路姿の観光客がいっぱい。

金剛福寺にお参りする人もひっきりなしでした。

亀呼び岩周辺の亀さんもかわいい。

20D_4779

生まれが土佐清水、赴任地も清水のせいか、ここに来ると元気になるような気がします。
開けている球形の海を見ているだけで、心が広々として安定してくる。

20D_4770

足摺、土佐清水は、私にとってのパワースポットです。

四国ブログランキングに参加しています。「ぽちっ」

押していただければ、幸せです人気ブログランキングへ

■「いっちゃんスキ」トップ

「りょうまっち」に会いたい方はこちらへ

ry_bn2_500

Twitterやってます。よろしければフォローをnabefollowme

じゃらんリサーチセンターが発行している情報誌「とーりまかし」に、2010年宿泊旅行調査が出ています。

来訪者の満足度の全体平均は前年度の78%から80%に上昇したそうで、満足度が高い部門が「地元ならではの美味しい食べ物が多かった都道府県」、続いて「魅力のある特産品や土産物が多かった都道府県」だそうです。

hatake

そして、「地元ならではの美味しい食べ物が多かった都道府県」で、堂々第一位が高知県(80.8%)でした。

そして「魅力のある特産品や土産物が多かった都道府県」でも第3位(64.0%)に。
カツオ、ユズなどのかんきつ類に加えて坂本龍馬グッズが支持されました。

どう考えても、この二つの結果は「龍馬伝」効果からでしょうね。

「地元ならでは―」では、いつも沖縄と上位を争っているのですが、今年は、特別。

身びいきで言うのではないのですが、高知の食べものは安くて、とてもおいしい。

このことを高知県人はあまり意識していません。

所得は全国的にも低いレベルなのに、口にしているものは極めてぜいたく。

blue

そして、よく聞かれるのは、高知の人は、がいな(乱暴な)ものいいで、ぶっきらぼう。他県の人に不快感を与える。もっとホスピタリティを持たなければ…という意見。

では、「地元の人のホスピタリティ(おもてなし心)を感じた都道府県」の部門ではどうなのかというと、なんと5位に入っています。

ちなみに高知より上から順番にいうと、沖縄、鹿児島、岩手、山形です。

そんなにホスピタリチィ悪うないって!

何度も言ってきましたが、高知県人は、「高知が好き」と、ゆうて(言って)くれる人が、おったら、うれしゅうなって、その人に、できる限りのことはしちゃりたいと思うがやき。

その下が京都、青森、秋田。

最近青森に行ったからいうわけではないですけど、青森の方のおもてなし度は抜群で、正直、高知より上なんじゃないかなあ。

これは、たぶん、私らがしゃべりゆう土佐弁が、ふだんは「乱暴」と誤解されちゅうけんど、「龍馬伝」の影響で普通の言葉じゃと、認知されたがじゃないかと、思うちょります。

higan

「美味しいたべものが多く」「魅力ある特産品があって」「ホスピタリティが高い」ところやったら、こりゃあ、リピーターも期待できそう。

でも、都道府県別宿泊旅行者数で見ると、10位にも入ってないがですよね。

1位はやっぱり東京で、2位の北海道と同じく、交通アクセスがいいのが特徴です。

そこが弱いんだよなあ。

高知県は西に長く、まだ高速道路網も整備されてなくて、アクセスが悪い。

やっぱりグリーンツーリズムじゃないけど、ある程度長い間泊まってもろうて、体験型でおってもらうしか、ないがやないろうか。

「龍馬伝」を機会に、高知へ来てみて、自然と食の魅力に親しんでくれた人も多いはず。

外から来てくれた人は、すぐ帰るんじゃなくて、もうちょっと滞在を延ばして、できればずっと居続けてくれたら、いうことないがやけんど。

四国ブログランキングに参加しています。「ぽちっ」

押していただければ、幸せです人気ブログランキングへ

■「いっちゃんスキ」トップ

「りょうまっち」に会いたい方はこちらへ

ry_bn2_500

Twitterやってます。よろしければフォローをnabefollowme

きょう帯屋町を通ると人だかりがしていました。

物見高いので、何だ何だと行ってみると、路上でファッションショーをやっているではありませんか。

メディアでも話題の美少女図鑑。地域の美少女を発掘し、モデルとし、地元の各所で撮影するというフリーペーパーです。地域活性化の意味もあって、このフリーペーパー、すぐになくなるそうです。

高知での創刊は今月16日から。そのイベントということでした。

こういうときに限って、カメラを持っている。いやあ、ついてるなあ。これは撮影しなくては。と、いうことで、目の保養をどうぞ。

 

satuei01 20D_7626 20D_7640

 

ずいぶん緊張されている方もいらっしゃいましたが、ちょっと表情が緩むと魅力が増しますね。

 

20D_7662 20D_7712

 

個性もさまざま。クールビューティから、ウォームビューティまで

 

20D_7675 20D_7687 20D_7682

 

高知は「美人の宝庫」とは思っていましたが、街であまり見かけません。どこに隠れていたんでしょうね。

 

20D_7705   hyousi 20D_7651

高知美少女図鑑のホームページは→こちら

四国ブログランキングに参加しています。「ぽちっ」

押していただければ、幸せです人気ブログランキングへ

kouchijyo01.jpg日曜市を見下ろす高知城は何といっても高知市のシンボル。

市(いち)の中を歩いている時には木々に隠れて見えませんが、帰りがけに仰ぎ見る「お城」と天は、心を晴れやかなものにしてくれます。

街路市は、すでに江戸時代からありましたが、今の位置に定着してからおよそ60年になります。

雨の日も風の日も、じっと日曜市を見守り続けてきたんですね。

観光的な側面からいっても、日曜市とお城は、切っても切れない関係です。

まずお城から下ってきて日曜市観光に行くか、はりまや橋方面から市を散策してお城方面に向かうか2つのルートがありますね。

時間的に余裕があれば、はりまや橋からのルートは、お城へ上がってから、龍馬の生誕地方面へ向かうコースもなかなかいいです。

木曜日に木曜市をやっている道路を南に向かえば、山内容堂邸だった三翠園横の山内神社。神社の中の道から西に向かうと土佐山内家宝物記念館があります。

そこから少しだけ西へ行き、第六小学校を左に見て、北の電車通りまで足を伸ばし、西に向かえば、龍馬の生誕地。近くには「龍馬の生まれたまち記念館」も。

近くに流れる「龍馬の泳いだ川」鏡川の散策も楽しいし、ほんとに「高知市を面白がる方法」はいくらでもありますね。

四国ブログランキングに参加しています。安全で安心な品物を懸命に作っている街路市の店主さんを応援するためにも、「ぽちっ」と押していただければ、幸せです人気ブログランキングへ

ついでにこれも「ぽちっ」とにほんブログ村 地域生活ブログ 高知情報へ

先日の日曜市では、ガイドブック片手に歩く観光客をよく見かけました。

せっかくの魅力ある街路市。もちろん観光ルートになっているでしょうけど、周辺と絡めて面白いルートができないものでしょうか?

日曜市に朝出向いている観光客の方々にうかがうと、午後は桂浜の龍馬像を見に行って帰るという人が多いです。

その途中に牧野植物園を入れれば、食、自然、歴史と旅の目的の3大要素が全て入ると思うんですが。

高知は魅力的な素材がたくさんあるのになあ。それを有効に活用しきれていないような気がしています。素人考えですけど。

四国ブログランキングに参加しています。安全で安心な品物を懸命に作っている街路市の店主さんを応援するためにも、「ぽちっ」と押していただければ、幸せです人気ブログランキングへ

ついでにこれも「ぽちっ」とにほんブログ村 地域生活ブログ 高知情報へ



follow ichansuki at http://twitter.com


お気に入りリンク

土佐名産ちりめん乾物専門店「中田遊亀商店」スタッフブログ

"あの"ゆりっちの土佐日記

"奥山佳恵のてきとう絵日記

オイラの赤い青春

クリエイターのWEBギャラリー  F-space!

こんぶろ・酒屋のブログ

むすび夢工房

どき土紀ブログ

高知ネット

映画を見ませんか SNS「ふらっと」ブログ

秋田のSNS・こみっと

日曜市に出店中【小出商店】


最近のコメント

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち& lt;$MTCategoryLabel$>カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは西域、中原巡る旅< /a>です。

次のカテゴリは高知のブロガー< /a>です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

 

Powered by Movable Type 4.292