土佐の街路市(露店市、青空市)についてのコラム!!高知の食材や農業、食の安全の話題も

サイトマップ
とさあちホーム
  暮らしいきいき 高知が見える 『とさあち』  

ホームいちの土佐 > 編集日記 いっちゃんスキ

大河ドラマ「龍馬伝」のふるさと高知から、坂本龍馬関連の話や、彼の生誕地近くの日曜市、火曜市など街路市のトピックなど、観光情報、食の情報をお届けしています。愛すべき日曜市のおじちゃん、おばちゃんの話、おいしい食べ物や農業の話、旅のつれづれ、街角の経済や投資の話題、歴史や土佐の風土など、考えたこと、感じたことをつづります。

ゆっくり行こうの最近のブログ記事

最近よく耳にするのが、「あなたは幸せですか?」という問いかけ?

昨年法政大が実施した「47都道府県の幸福度に関する研究結果」では、高知県は46位のブービーでした。


(c) .foto project

 

平均寿命や保育所定員比率、刑法犯認知数などを勘案して幸福度を数値化する試みです。
ポイントは施設、設備や健康度合いなどの外的要因から、はじき出されたデータということ。

この調査は、周囲の環境を整備し、できるだけ住民が住みやすい地域を作るために意図されたものだということは分かります。

でも思うのです。

幸福度というのは、個人が「幸福と思っているかどうか」の内面の部分で左右されるものではないかと。

いかに犯罪率が高く、保育所の定員が足りなくて、平均寿命が短くても、その地域に住む人たちが「幸せだ」と思っているのなら、幸福度は高いといえるでしょう。

経済の豊かさを表すGDP(国民総生産)に対して、GNH(国民総幸福量)という考え方があります。

先ごろ来日したブータンの国王の先代が提唱した概念とのことですが、物資的豊かさより、精神的豊かさを重視しようとする指標。

05年のブータンの国勢調査では「あなたは今幸せか」という問いに対し、45.1%が「とても幸福」、51.6%が「幸福」と回答したそうです(ウィキペディアより)。

国民の96.7%が幸福と感じているというのは、驚異です。

ただいえるのは経済的にさほど豊かでない国というのは、総じて望む水準があまり高くない。

日本の場合でも、終戦後はまず「命があってよかった」のが生き残ったほとんどの人たちの感覚であったと思います。

戦後すぐ「みんな貧乏なのに、明るかった」のは、「生きててよかった、これから新しい国づくりをしよう」と前向きに考えていた人が多かったせいではないでしょうか。

それが高度経済成長を遂げて、経済的に豊かになり、周囲にものがあふれるに連れて、「欠乏感」を感じる人が増えた。

この「欠乏感」こそ、周囲と比較し、「自分は幸福でないのではないのか」との疑問を与え、国民の幸福度(精神的意味での)を下げる要因だと考えます。

どんな環境下でも自らが幸福だと思える人は幸福。

自分を見つめて、幸せな部分を探せば、いくらでも出てくる。

幸せになるには、その人の心の持ちよう次第だという当たり前の事実に気が付くことが大事なのではないでしょうか。

四国ブログランキングに参加しています。「ぽちっ」

押していただければ、幸せです人気ブログランキングへ

■「いっちゃんスキ」トップ

「りょうまっち」に会いたい方はこちらへ

ry_bn2_500

田舎に暮らしていて、たまに東京などの大都会に出ると、とまどうことがあります。

平日の昼間、どうしてこんなに人がいるの?

sibuya

東京で暮らしていたとき、初めてもった印象でした。

しかし、都会で日々を過ごしていると、だんだん慣れてきて、徐々に早足になってきます。

ほんとに都会の人は足が速い。

地下道をくぐり抜け、階段を上り、駅のホームの電車に駆け足で滑り込んでいるうちに、自然と歩行速度が上がってきます。

たまに帰省すると、周囲の人間の歩き方がえらく、ゆっくり感じる。

とにかく都会では歩かないと、生活できません。

必然的に足が鍛えられる。

相対的に、高知など田舎に住んでいる人が、どうしても自動車を使うので、足弱になるようです。

kochijyo

今のところ、まだ高知城への登城生活は続いてますが、基本的には歩くのは大好き。

四季の変化を肌で感じることができるし、におい、音、光の具合など、移動することでさまざまな変化を楽しめる。

そして足にはいているのは、「ワラジ」が足に優しい。

ミズノが発売しているウエーブリバイブというワラジをモデルしたサンダルです。

waraji

3カ所、左右で計6カ所をきちっととめなければいけないので、ややめんどくさい。

ところが装着すると、これが足にしっくりきて、とても歩きやすいのです。

それにソールの影響からか、ひざへの負担が軽いような気がします。

とても歩くのが楽なんですね。

ひんがち(一生懸命)に猛スピードで歩く女性たちにあおられながら、マイペースで力を抜いて、ゆったり歩く日々が続いています。

四国ブログランキングに参加しています。「ぽちっ」

押していただければ、幸せです人気ブログランキングへ

■「いっちゃんスキ」トップ

「りょうまっち」に会いたい方はこちらへ

ry_bn2_500

Twitterやってます。よろしければフォローをnabefollowme

ra 「おいさがし」な人が多い高知。

ひそかに私は高知県人は日本人の中ではラテン気質を持っている人が多いではないかと考えています。

ベトナムやタイに行ってみて思ったのですが、非常に共通点が多い。

いずれも南洋性の気候。

とにかく「ものなり」がいいので、動かなくても、そこらへんに生えているものを食べていれば、生きていける。近くの海には魚がたくさんいますから。釣りをすれば、おいしい魚が取れる。

そして、女性がよく働く。男はあまり働かない。

男性にかい性がないせいでしょうか。土佐の女性は、勤勉で「男前」の人が多いです。

地方独特の閉鎖的なところもありますが、一般的には他から来た人に対してあけっぴろげです。

ラテンの元祖、ローマ人の美質の一つは、占領した国の宗教を無理矢理宗旨替えさせずに、そのまま残した点にあります。ローマの神々の中にどんどん加えていきました。

占領民にも、ローマの市民権を与えて、ローマ人としての意識を持たせました。

こういった柔軟性と、大らかさが何世紀にも渡って覇権を維持してきた大きな理由でしょう。

高知の人は「いごっそう」(がんこ)な人が多いですが、一面、流行に敏感な柔らかさを兼ね備えています。

経済的には全国の県の中で、ほとんどびりを走っていますが、ひょっとしたら、土佐人の明るさと、がんこさと柔軟性が、日本にはびこる閉塞(へいそく)感を打ち破ることができるのではないかと、夢想しています。

四国ブログランキングに参加しています。「ぽちっ」と押していただければ、幸せです人気ブログランキングへ

ついでにこれも「ぽちっ」とにほんブログ村 地域生活ブログ 高知情報へ

akacyan02.jpg きょうは幡多の赤ちゃん会。

ミニ新聞を作りに四万十市まで出向いていました。

好天に恵まれ、快調なドライブ。沿道ではたくさんのこいのぼりが泳いでいました。

会場の幡多看護学校は、ツツジが真っ盛り。ピンク色のじゅうたんが出迎えてくれました。

撮影は、たくさんのお子さんが訪れていましたが、たくさんの赤ちゃんの笑顔を見て、なごんでいました。

中には泣き出すお子さんもいらっしゃいましたが、あやすと、つぶらな瞳を向けてきます。

akacyan01.jpg 赤ちゃんたちが元気に成長されますように。

四国ブログランキングに参加しています。「ぽちっ」と押していただければ、幸せです人気ブログランキングへ

ついでにこれも「ぽちっ」とにほんブログ村 地域生活ブログ 高知情報へ

IMG_4704

上野の西洋美術館の横で、ロダンの名作「考える人」が考えていました。

その脇には桜が。きょうは、東京でも桜の開花宣言が出ています。

桜と「考える人」。うーん、何か象徴的。

春は、卒業、異動、転勤、新しい職場、新学期と、変化の季節。

「五月病」というのはこの環境の変化への戸惑いが、基になっているんじゃないでしょうか。

悩み、考えることの多いこの時期。体と心のバランスを保つことが難しくなっている人が多いんじゃないでしょうか。

私自身も、ちと環境の変化があって、難題がいろいろとありますが、先日最終回を迎えた「ありふれた奇跡」(この話題はまた後日)の「無力じゃなかった」のセリフに励まされて、これからいろいろと動いて行こうと思っています。

春は活動の季節とも言えますからね。

四国ブログランキングに参加しています。「ぽちっ」と押していただければ、幸せです人気ブログランキングへ

ついでにこれも「ぽちっ」とにほんブログ村 地域生活ブログ 高知情報へ

ruburu きょうの東京は、晴天に恵まれ、どこもかしこも人出が多く、人ごみに酔ってしまいました。

例によって上野の森をさまよっていると、西洋美術館のところに人だかりが。

ルーブル美術館展をやっていました。

切符を買うのに20分。中に入るのに20分ほど並びました。

ルーベンスやフェルメールなど17世紀の画家たちが描いた絵画に見入って、しばし時を忘れる至福の時。

絵のことは、あまりよく分からないけど、日本で言えば江戸時代の、各国の風俗を見ているだけでも、面白かったです。

ギリシャ神話に題材を取った絵画が多かったので、もう一度、ギリシャ神話を詳しく読んでみたい衝動にかられています。

それにしてもアンドロメダって美人ですね。

四国ブログランキングに参加しています。「ぽちっ」と押していただければ、幸せです人気ブログランキングへ

ついでにこれも「ぽちっ」とにほんブログ村 地域生活ブログ 高知情報へ

kobusi.jpg きょうの東京は、午前中は雨と風が強かったですが、午後からは、太陽が顔を出し、暖かくというより、暑くなりました。

写真は神代植物園のコブシ。この神代植物園は神代緑地から昭和36年に現在の名前になり、バラ園、ツツジ園、野草園、水生植物園、大温室などがあり、植物ごとにまとめて、楽しめるようになっています。

東京は本当に植物園や散策コースが多いですね。

植物ごとに整備された公園は、とても落ち着いた雰囲気で、きれいに咲いた桜やコブシ、椿の花を楽しむことができました。

高知市は牧野植物園くらいしかないけれど、神代植物園に植えられている植物の大半は、道端や近くの山で見ることができますから、そんなにうらやましいとは思いませんでした。

都会の人は、意識して行動を起こさないと自然に親しめない。逆に、高知などの地方は、あまりにも身近に自然があるがために、自然のありがたみが分からない。

高知に住んでいるものとしえ、野生のまま、身近にある自然を、もっと大事に、味わいたいと改めて、考えたことでした。

四国ブログランキングに参加しています。「ぽちっ」と押していただければ、幸せです人気ブログランキングへ

ついでにこれも「ぽちっ」とにほんブログ村 地域生活ブログ 高知情報へ

街路市、日曜市のおじちゃん、おばちゃんは、ゆったりしているというか、ゆとりを感じさせる人がたくさんいます。

やはり、たくさんの仕事や家庭の苦労を乗り越え、自然の声を聞いて生きているせいなのかも知れません。

なんと言うか、せかせかしていない。常にどっしり、大地に根付いたような風格を感じさせる人によく出会います。

自然のリズムが、自然に身についているからでしょうか。

話していると呼吸が楽になるような気がします。

どんなに忙しくても、ゆったりと生きる。これが気を損じない秘けつなのかもしれません。

四国ブログランキングに参加しています。「ぽちっ」と押していただければ、幸せです人気ブログランキングへ

ついでにこれも「ぽちっ」とにほんブログ村 地域生活ブログ 高知情報へ





|

beder01.jpg

暑い、暑いと何度も書くのも気が引けますが、やはり暑い。

きょうの日曜市も、この暑さでお客さんの姿はまばらでした。

「日曜市ニュース」の取材を終えて帰ってくる途中で、帯屋町を通りかかると「スーハー、スーハー」と何やら聞き慣れた荒い息づかい。

振り返るとそこには、アナキン・スカイウォーカーこと、ダースベーダーの黒い巨体が…。

さては、私の正体をジェダイの騎士、「オビ・ワン」と見破って挑戦してきたか。うむむ。ライトセーバーを自宅に置いてきたのが悔やまれる、と思っていたら、近くのひろめ市場がなにかにぎやか。

実は、きのうから高知市で始まった「まんが甲子園」の敗者復活戦が行われていたのですね。ダースベーダーは、その景気づけのコスプレと推測しました。

ダークサイドに落ちていたアナキンも、ジェダイの側に最終的には戻ってきましたからね。「敗者復活」にはうってつけかも。

hirome01.jpg
それにしてもこの猛暑、炎暑。あの重厚なダースベーダーのいでたちでは、中にいるアナキンはさぞや汗だくだったことでしょう。ご苦労さまです。

【写真】帯屋町に立つダースベーダー(上)とまんが甲子園の敗者復活戦

四国ブログランキングに参加しています。安全で安心な品物を懸命に作っている街路市の店主さんを応援するためにも、「ぽちっ」と押していただければ、幸せです人気ブログランキングへ

ついでにこれも「ぽちっ」とにほんブログ村 地域生活ブログ 高知情報へ

nichiyou01.jpg

「あのゆりっちの土佐日記」のゆりっちさんが「ぽれぽれで行こう」といういい話を書かれていました。

スワヒリ語で、のんびり、ゆったりという意味。「ぽれぽれ歩く」というと、てくてく、ぽくぽく歩くという語感があって、ほほえましいですよね。

スローライフ、スローフードという言葉を最近よく聞きますが、「そんなに急いでどこへ行く」の日本人、とりわけせっかちな土佐人はもう少しゆったりを心掛けたいです。

きょうの高知新聞には、高知県人の自殺率(人口10万人当たり)がワースト7位という記事が出てました。

意外に多いんですね。せっかちだから生き急ぎ、死に急ぐのかなあ。それぞれに事情があるでしょうから、一概には言えないんだけど。

私も本来は「ぽれぽれ派」で、のんびり屋なのですが、仕事の締め切りに追われると周囲が見えなくなることがよくあるので、自戒したいです。

心に余裕がなくなっている時は、街路市に出掛けてみましょう。

300年の昔から変わらないゆったりとした時間が流れています。

おじちゃん、おばちゃんと話し込んでスローライフを楽しみ、買っていった食材をゆっくり調理し、ゆったりいただくスローフードを味わう。

これだけで、固くなった心が、ぽれぽれと解きほぐれてきます。

【写真】こういう光景もほっとしますよね

四国ブログランキングに参加しています。安全で安心な品物を懸命に作っている街路市の店主さんを応援するためにも、「ぽちっ」と押していただければ、幸せです人気ブログランキングへ

ついでにこれも「ぽちっ」とにほんブログ村 地域生活ブログ 高知情報へ


follow ichansuki at http://twitter.com


お気に入りリンク

土佐名産ちりめん乾物専門店「中田遊亀商店」スタッフブログ

"あの"ゆりっちの土佐日記

"奥山佳恵のてきとう絵日記

オイラの赤い青春

クリエイターのWEBギャラリー  F-space!

こんぶろ・酒屋のブログ

むすび夢工房

どき土紀ブログ

高知ネット

映画を見ませんか SNS「ふらっと」ブログ

秋田のSNS・こみっと

日曜市に出店中【小出商店】


このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち& lt;$MTCategoryLabel$>カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはきれいな顔< /a>です。

次のカテゴリはよさこい< /a>です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

 

Powered by Movable Type 4.01