土佐の街路市(露店市、青空市)についてのコラム!!高知の食材や農業、食の安全の話題も

サイトマップ
とさあちホーム
  暮らしいきいき 高知が見える 『とさあち』  

ホームいちの土佐 > 編集日記 いっちゃんスキ

大河ドラマ「龍馬伝」のふるさと高知から、坂本龍馬関連の話や、彼の生誕地近くの日曜市、火曜市など街路市のトピックなど、観光情報、食の情報をお届けしています。愛すべき日曜市のおじちゃん、おばちゃんの話、おいしい食べ物や農業の話、旅のつれづれ、街角の経済や投資の話題、歴史や土佐の風土など、考えたこと、感じたことをつづります。

グーグルの最近のブログ記事

IMG_4421 グーグル本社は食環境も充実していました。

何でも職場の30メートル以内には、食べ物が食べられるところがあるとかで、すべて無料。

「マイクロキッチン」を至るところでみかけました。いつでもお菓子を食べたり、飲み物を飲んだりできます。

噂のグーグルレストラン?で朝食と昼食を取らせていただきました。いわゆる米国の「バフェ」(ビュッフェ)で、バイキング方式。好きなものを取ることができます。

アジア系の人が多いためか、みそ汁まであります。これはちょっと甘すぎました。アメリカの人は濃い味が好きですからね。

有名な「カリフォルニア巻き」もありました。

いなせなお兄さんに「これとこれを入れて」と材料を指定すると、手巻き寿司を作ってくれます。

アボガドが入っていて、これも甘みがありましたが、米国の寿司の味を堪能しました。

シェフも一流の人たちだそうで、うらやましい環境です。

こういった恵まれた環境も世界中の優秀な人材が集まる一つの要因になっているのでしょう。

四国ブログランキングに参加しています。「ぽちっ」と押していただければ、幸せです人気ブログランキングへ

ついでにこれも「ぽちっ」とにほんブログ村 地域生活ブログ 高知情報へ

| | コメント(3)

IMG_4425 20%ルールなどで、仕事の意欲を刺激された社員は働き者になることでしょう。となると、泊まり込み、徹夜の作業も常時ということになります。

社内には、クリーニングや修理、マッサージの場所などもありました。

マッサージと言えば、よく社内のあちこちで、マッサージチェアを見かけました。これはグーグルの幹部が日本に出かけた時に、見つけ、いたく気に入ったということで、日本製だということです。疲れたらマッサージをして、英気を養うんでしょうね。

マッサージチェアは日本が世界一ですからね。

トレーニングルームやプールまであるのにはびっくりさせられました。

ただ、プールは非常に小さい。幹部がプールを作ることを従業員に約束したそうなんですが、あいにくとスペースがなかった。で、どうしたかというと、狭いプールに水流を人工的に起こして、前に進めなくしたそうです。ルームランナーの発想ですね。

さすがはハイテクのメッカ。考えることがおしゃれです。

すべての設備の利用は社員ならだれでも無料。働く者にとって理想的な環境ですね。

四国ブログランキングに参加しています。「ぽちっ」と押していただければ、幸せです人気ブログランキングへ

ついでにこれも「ぽちっ」とにほんブログ村 地域生活ブログ 高知情報へ

g3.jpg
1日遅くなってすみません。グーグル本社訪問記の続きです。

グーグルの「20%ルール」というのは、仕事の中で2割は自分の好きなことに、熱中してもいいという制度。

もちろん、申告は必要だし、仕事に全く関係がないことはだめですが、社員の士気を高めるのには、すごくいいシステムだと思います。

人は自分の好きなことには熱中するし、集中する。得意分野なら、それこそ時間を忘れて取り組みますから。

お金のために、上から言われた仕事を単にこなすだけでは、貴重な人生の時間を無駄にしていることになります。仕事は人生の時間の中で、大半を占めるものですから。

もちろん、好きなことができるからといって、すぐ仕事につながる、売り上げが上がる…ということにはならないでしょう。企業にとっては無駄になるものも多いかも知れない。

でも「好きな仕事パワー」がなしたものには、とてつもなく大当たりするものが出てくる可能性もあります。

もともとグーグルは、当初、スタンフォード大学の学生2人が始めました。今までにない精度の高い検索システムはこの2人の「世界中の情報を整理し、人々が求める情報を、可能な限り分かりやすく提示したい」という情熱から始まりました。

これが大当たりしたんですね。

仮に大当たりしなくても、社員が仕事をしていて幸せに感じられる時間を持てることがすばらしい。

だれでも好きなこと、情熱を傾けられるものは持っているはず。それを仕事に絡められれば、大きな力を発揮することは間違いない。

グーグルの「20%ルール」は、これからの個人の仕事のあり方、企業のあるべき姿を示してくれているように思えてなりません。

四国ブログランキングに参加しています。「ぽちっ」と押していただければ、幸せです人気ブログランキングへ

ついでにこれも「ぽちっ」とにほんブログ村 地域生活ブログ 高知情報へ

g2.jpg
本社の中に入ると、落書き用のホワイトボードがありました。スタッフが何でも思い付いたことを書いているそうです。

その横には、グーグルを訪れた有名人の写真が並べてありました。

オバマ氏もプレジデントのコーナーにいます。何でも訪れたのは大統領選に出る前で、大統領選に勝ってから、プレジテントコーナーに移したとか。

ところで、不思議なことに著名人と一緒に、アジア系の人物が必ず写真の中におさまっています。

この人、一番初めに訪れた有名人を案内し、写真を一緒に撮ったことから、それ以降、有名な人が来たら常に一緒に写真撮影をするそうです。しゃれてますね。

近くには、ディスプレイがあって、その中の地球がぐるぐる自転しています。

各地域から垂直に光が上がっている。これは、世界のグーグルの検索状況をほぼリアルタイムに示していて、光の高さは量を、光の色は言語の種類を表しているとのことでした。

日本列島からは盛んに紫の色が出ていました。日本語は紫だそうです。半面、アフリカ大陸からはほとんど光が出ていません。これはパソコンの普及率が低いからでしょうね。

このソフトを開発した技術者は、「グーグルの20%ルール」を活用したらしいです。

「20%ルール」についてはあす。

四国ブログランキングに参加しています。「ぽちっ」と押していただければ、幸せです人気ブログランキングへ

ついでにこれも「ぽちっ」とにほんブログ村 地域生活ブログ 高知情報へ

g4.jpg
サンフランシスコへ行った最大の目的は、近くのシリコンバレーにあるグーグルの訪問でした。一般的に内部に入ることはなかなかできないので、今回の機会を逃すと、もうチャンスはないだろう…と考えまして。

世界的なIT企業の中身に少しで接しみたいという、とにかく野次馬根性の一心でした。

ちなみに内部撮影は厳禁でしたので、写真は外景のみにとどめます。

サンフランシスコから車で約40分。広大な敷地にたくさんの建物が立っていました。

歩道を社員が歩いています。みんな若いです。自由に乗れる自転車が置いてあって、敷地内の移動が可能です。

企業というより、大学のキャンパスのような雰囲気でした。

歩を進めていくと、恐竜のオブジェが。幹部社員が買ってきたものということで、グーグル社内の遊び心を感じました。

この遊び心が社業発展の一つの原動力なのでしょうね。

四国ブログランキングに参加しています。「ぽちっ」と押していただければ、幸せです人気ブログランキングへ

ついでにこれも「ぽちっ」とにほんブログ村 地域生活ブログ 高知情報へ


follow ichansuki at http://twitter.com


お気に入りリンク

土佐名産ちりめん乾物専門店「中田遊亀商店」スタッフブログ

"あの"ゆりっちの土佐日記

"奥山佳恵のてきとう絵日記

オイラの赤い青春

クリエイターのWEBギャラリー  F-space!

こんぶろ・酒屋のブログ

むすび夢工房

どき土紀ブログ

高知ネット

映画を見ませんか SNS「ふらっと」ブログ

秋田のSNS・こみっと

日曜市に出店中【小出商店】


このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち& lt;$MTCategoryLabel$>カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはよさこい< /a>です。

次のカテゴリはサンフランシスコ< /a>です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

グーグル: 月別アーカイブ

 

Powered by Movable Type 4.01