土佐の街路市(露店市、青空市)についてのコラム!!高知の食材や農業、食の安全の話題も

サイトマップ
とさあちホーム
  暮らしいきいき 高知が見える 『とさあち』  

ホームいちの土佐 > 編集日記 いっちゃんスキ

大河ドラマ「龍馬伝」のふるさと高知から、坂本龍馬関連の話や、彼の生誕地近くの日曜市、火曜市など街路市のトピックなど、観光情報、食の情報をお届けしています。愛すべき日曜市のおじちゃん、おばちゃんの話、おいしい食べ物や農業の話、旅のつれづれ、街角の経済や投資の話題、歴史や土佐の風土など、考えたこと、感じたことをつづります。

青森旅行の最近のブログ記事

綿矢りささんが、高校生の時に読んでいて、作家を志すきっかけになったのが、太宰治の作品。

先日の青森旅行で、太宰の生家である「斜陽館」にも寄ってきました。

赤いレンガ、赤い屋根の大きなおうち。

syayokan

太宰の実家、津島家は大地主で、お父さんは衆院議員。

さらに金融業務もやっていたそうで、青森銀行は、津島家の業務を引き継いでいるとか。
想像するに、冬は一面の銀世界でしょうから、この豪壮な赤い屋根は、相当目立っていたでしょうね。

周囲を睥睨(へいげい)するような存在だったでしょう。

太宰は地主階級の六男。

左翼運動に一時走るのは、屈折した心象風景のためかも知れません。。

この斜陽館は、津島家に売却されたあと、旅館になっていましたが、経営が悪化。

96年に町が買い取り、現在にいたっています。

昨年が生誕百年。映画などでも次々と作品化され、太宰にスポットが当たり、斜陽館も次々に観光客が訪れていました。

一番度肝をぬかれたのは、中にあった金ぴかのでっかい仏壇。

この仏壇は津島家のものですから、もちろん一度外へ出たのでしょうが、再び戻ってきています。

こんなに大きいと、家を転居するときにたいへんでしょうね。

umarete01

ところで、近くのみやげ屋さんで「生れて墨(すみ)ませんべい」を見つけました。

青森はイカがよく取れるのですが、その墨を使ったお菓子。

太宰の作品の副題が「生れて、すみません」。

こういう文学の香り漂う語呂合わせは、私のハートをヒットするんですねえ。

彼のイラストが、ちょっと恥ずかしげで、なかなかいい。

青森の方々のセンスを感じます。

四国ブログランキングに参加しています。「ぽちっ」

押していただければ、幸せです人気ブログランキングへ

■「いっちゃんスキ」トップ

「りょうまっち」に会いたい方はこちらへ

ry_bn2_500

Twitterやってます。よろしければフォローをnabefollowme

相変わらず空にはぎんぎらぎんのお日さま。

きつい日差しを受けながら、きょうから高知大丸で始まった「東北六県味紀行」に行ってまいりました。

ajikikou01

青森、秋田、岩手、宮城、山形、福島の6県の味めぐりができるというお得な企画。

先々週、青森へ行ったばかり。東北好きなこのわたすが見逃すわけ、ないんだあ。←あっているのか不安。

まずはぐるりとひとまわり。

うれしいことに試食品がいっぱい。

秋田のしそ巻きあんずに、稲庭うどん、山形の紅花たくあん…。

根が「いただきもので生きています」、なもので、1周するうちに、お腹がいっぱいになってきました。

 

ajikiko02

それでも青森のホタテを見ては、「うまかったなあ」と手を伸ばしそうになったり、宮城の蔵王の烏帽子(チーズケーキ)の誘惑に負けそうになったり。

減量中なのに、自分の欲望と戦うのに必死でした。

販売しているみなさんは現地からいらっしゃっているみたいで、高知の暑さはこたえるでしょうね。ご苦労さまです。

ついつい秋田のおばちゃんと話こんだりして。

「納豆に、いぶりがっこ。(秋田の人は)寒いから何もすることがなくて、変なものばっかり作り出す」と自嘲気味に話す秋田弁、いいなあ。

両方とも大好き。いぶりがっこは「おばさんの顔が掲載されているのがおいしい」(生産者の顔が示されているから)と、教えてもらいました。

ああ、いぶりがっこ食べたい。あの焦げたような独特の風味。

これがあれば、ご飯何杯でもいけます。

でも、会場には持ってきてないそうで、残念。

ajikiko03

しかし、昼食お目当ての横手焼きそばは、きっちりゲット。

早速、近くの中央公園でいただきました。影に入ると風が通り抜けて、気持ちいい。

ajikiko04

アドバイス通り、上に乗せられた、卵を混ぜ込んで、いただきました。

うんま~。

太めのめんが、卵にからまって、口の中でさらに仲良しに。

この太めのめん、青森の「つゆ焼きそば」を思い出しました。

またお腹すいてきた。みやげに買った秋田の「豆腐かすてら」持って帰って食べよう。

四国ブログランキングに参加しています。「ぽちっ」

押していただければ、幸せです人気ブログランキングへ

■「いっちゃんスキ」トップ

「りょうまっち」に会いたい方はこちらへ

ry_bn2_500

Twitterやってます。よろしければフォローをnabefollowme

きっと帰ってくるんだと~ お岩木山で手を振れば~♪

名曲「帰って来いよ」の冒頭に出てくる岩木山。

 

弘前近辺からよく、姿を見せてもらいました。

平原にすっと立っている姿は神秘的。

iwakisan01

思わず拝みたくなる美しさと品格です。

山容を目にした人々が山岳信仰の対象としたのも、よく分かる気がします。

いつ見ても眼前にあるから、人々は時には話しかけたり、問答したりしているんでしょうね。

「帰ってこいよ」は、好きな女性を東京へ送り出した男の歌。

「茜の空で誓った恋」なんですが、東京暮らしで忘れてしまうのですね。彼女は。

ちょうど「木綿のハンカチーフ」と男性と女性が逆のパターン。

「毎日愉快に過ごす街角、僕は、僕は帰れない♪」。

この場合は男性が都会へ出て行く。

都会は、刺激がいっぱい。だんだんふるさとの素朴な恋人からは、心が離れていくのでしょうね。

でも地方出身者として、言わせてもらえば、都会は短期間滞在するのは、面白くていいですが、長期だと疲れます。

iwakisan01a

都会で疲労困ぱいになった人たちの心を、あたたかく包んでくれるのは、ふるさとやそこに住む人たち。

そういえば、龍馬も、「40(歳)になったら高知へ帰る」と手紙に書いていました。

龍馬に限らず、ふるさとが胸の中にあるから、人は、がんばれるのかも知れません。

「津軽の風と待っている 忘れはしまい あの約束の こんなに綺麗な茜空♪」

龍馬関係の記事は→こちら

四国ブログランキングに参加しています。「ぽちっ」

押していただければ、幸せです人気ブログランキングへ

■「いっちゃんスキ」トップ

「りょうまっち」に会いたい方はこちらへ

ry_bn2_500

Twitterやってます。よろしければフォローをnabefollowme

「田舎」を標ぼうする青森の田舎館(いなかだて)。

潔いです。男意気です。男だてです。

この田舎館の名前を全国にとどろかせたのが、役場近くの田んぼアート。

古代米と現在の米「つがるロマン」を組み合わせ、赤、黒、緑の三色で、大きな絵を描きます

これまで写楽や北斎、俵屋宗達などの作品が、田んぼに「転写」されています。

昨年は、大河ドラマ「天地人」から、「愛」の前だて、直江兼続が登場。

とすると、今年は期待するではありませんか、大河の主人公、坂本龍馬を。

田園風景の中、車を走らせると、こつ然とお城が出現します。

なんと、これが田舎館村の役場。

inakadate02

ここの「天守閣」(展望台)から、田んぼアートが見られるのですね。

2年前に訪れたときは、人が全くいなかったのですが(閉館間際だったせいもあります)、今回は行列ができてました。

驚いて「列に並ばないといけないのか!」と、びっくりしていると、「2時間前はこんなものじゃなかったですよ。列がずっと外まで続いていたから」と係員さん。

どうやら人気観光スポットになっているようです。

ごったがえすエレベーターで、最上階、「天守閣」へ。

眼前に広がる緑の中に、ありました、ありました。

龍馬…じゃなくて、今年も来年も飛び越して、再来年の「平清盛」のたぶん登場人物であろう牛若丸、源義経と弁慶が。

benkei yositune

「京の五条の橋の上~♪」の光景そのまま。

剛勇無双の弁慶に向かって、かろやかに飛び上がった牛若が、扇を投げつけるシーン。

頭上には月が。

牛若丸の体さばきが美しい。柔らかさをよく表現しています。

いつ見ても見事!

デザインから、稲の植え付けから、これは手間がかかっている。

初めて青森に来た5年前、偶然、「天守閣」を見かけて、田んぼアートのとりこになりました。

以来、青森にいくたび、作品をのぞきに行ってます。

四国ブログランキングに参加しています。「ぽちっ」

押していただければ、幸せです人気ブログランキングへ

■「いっちゃんスキ」トップ

「りょうまっち」に会いたい方はこちらへ

ry_bn2_500

Twitterやってます。よろしければフォローをnabefollowme

青森の友人と電話で話をしていて、「アリエッティの館」がある盛美園にいると言ったら、「その近くなら○○焼きそばが、おいしいですよ」とのこと。

○○の部分が聞こえなかったので、聞き返すと、どうも「ふゆ」と、いっているらしい。

夏なのに、「ふゆ焼きそば」とは、これいかに。

首をかしげていましたが、まあ、地元の人に聞くのが一番手っ取り早い、と覚悟を決めて田舎館へ。

inakadate

この田舎館(いなかだて)という地名の響き、とても潔く感じられて、心地よい。

そう、田舎は田舎。

平成の大合併で、おしゃれな地名というか、何か勘違いしている地名がたくさん生まれましたが、「田舎じゃて!」(「田舎館」)と言い切るきっぷの良さ。

勘違いしている「地名」には、田舎館の爪のアカでもせんじて飲ませたいですね。

「田舎館」については、近日(あしたといわない、慎重さ。リスク管理能力を誉めてほしい)報告します。

その田舎館に、あったのです。

メニューの中に「ふゆ焼きそば」じゃなくて、「つゆ焼きそば」が。

うん?焼きそばにつゆ?

なんと、焼きそばがつゆの中におさまっている。

tuyuyakisoba

食堂のお客さんたちが何やら、ラーメンのようなものを食べていると思ったら、ちょっとめんが太い。

近くにいるとソースの濃厚なにおいが立ちこめています。

めっきりソース味に弱い私。すなわち焼きそばソースの魅惑に抗しがたい私

で、早速注文することに。

汁の中に入っているのは、ほんとに、ほんとに焼きそばなんです。

その汁。ソースとかつおだし(だと思った)が絶妙のハーモニー。

焼きそばがからまると、これがなんとも、豊かな味。

汁もたくさん飲んじゃった。

青森の人って、味の天才ですね。こんなこと考えつくなんて。

四国ブログランキングに参加しています。「ぽちっ」

押していただければ、幸せです人気ブログランキングへ

■「いっちゃんスキ」トップ

「りょうまっち」に会いたい方はこちらへ

ry_bn2_500

Twitterやってます。よろしければフォローをnabefollowme

青森空港に到着したのがお昼時。

お腹がすいたので、すぐ「ご飯」ということになりました。

こんな時に、便利なのが「食べログ」。

早速検索をかけてみて、人気の高いお店に行くことにしました。

myumise01

「これが、わかりにくいんだあ~」と突然の青森弁というか、津軽弁。

津軽弁、好きなんだあ~。

それはともかく、ナビをたよりに行きつ、もどりつ。いくら探してもない。

やっとのことで、小道の奥にお店を見つけました。

ヒーリングスペース ミュウ。

店の前にはブランコが置いてあり、しょうしゃなたたずまいの建物が。

中の調度も落ち着きのあるものばかり。

myucyodo

窓の外には人口の滝が流れていて、くつろぐスペースもあります。

myutaki03

メニューはカレーやパスタなど。

なんとなくの勘で、カレーを選びましたが、これが大当たり。

お肉や化学調味料を使ってない野菜カレーなのですが、驚いたことに、ものすごく、こくがあるんです。

myukare

「こく」というのは、動物性のものの「うまみ」から発生することが多いので、ちょっと信じられませんでした。

いままで食べたことのない、濃厚で、さっぱりしてて、幾重にも層が重なっているような奥深い味。

「これは、おいしい!」

単純ですが、この言葉しか出てきませんでした。

リンゴ畑の奥に、隠れていたこだわりのお店。

何かとても得した、明るい気分に。

青森旅行の出だしは絶好調で、いい旅を予感させてくれました。

ミュウの詳細は→こちら

四国ブログランキングに参加しています。「ぽちっ」

押していただければ、幸せです人気ブログランキングへ

■「いっちゃんスキ」トップ

「りょうまっち」に会いたい方はこちらへ

ry_bn2_500

Twitterやってます。よろしければフォローを

「住まば日の本 遊ばば十和田 歩けや奥入瀬(おいらせ)三里半」

arukeya

明治から大正にかけての随筆家、評論家、大町桂月の言葉

桂月は、桂浜の月。

名前からも分かる通り、桂月は高知の出身です。

青森県の十和田湖と奥入瀬が着目し、上の言葉にあるように、文章に著し、広く宣伝に努めました。

十和田湖畔からの三里半(約14キロメートル)の間に渓流が続いており、これに沿って、車道、遊歩道が整備されています。

桂月が愛した奥入瀬。

高知県にゆかりがあるからということではないのですが、私もこの遊歩道の散策が、とても気に入っています。

ところどころに滝が。

渓流の音を耳にしながら、自分のペースで歩く。

ブナの甘やかなにおいと、緑のイオンに包まれているような心地よさ。

隣りを車が通っているので、ときおりその騒音が興をそぐことがありますが、とてもいい空間です。

夜、宿泊のホテルの冷房が故障したため、星を見に高台へ。

するとたくさんの人がマットに寝転がっていました。

星を寝ながら見るのですね。

あいにくと月光がまぶしく、星はきれいに見えませんでした。

でも、静寂の中、漆黒の闇に包まれながら、星空を見上げると、周辺の神気が胸に集まって来るような気がして、落ち着きます。

今回はスケジュールの都合で、なかなか歩けなかったけど、今度またゆっくり来たいです。

四国ブログランキングに参加しています。「ぽちっ」

押していただければ、幸せです人気ブログランキングへ

■「いっちゃんスキ」トップ

「りょうまっち」に会いたい方はこちらへ

ry_bn2_500

Twitterやってます。よろしければフォローをnabefollowme

夏季休暇で、少しみちのく(青森中心です)を旅して来ましたので、しばしお付き合いください。

いいかげんな性格なので、順不同、興味本位、時系列無視でいきます。お許しを。

1回目は「借りぐらしのアリエッティ」。

seibien01

とはいっても、まだ映画は見てないのですが、このアリエッティのモデルの館が青森県平川市の「盛美園」にあるというので行ってきました。

粋をこらした庭園、金色の御宝殿、そしてアリエッティの盛美館。

下が和風、上が洋風の何とも、珍しい建物です。

屋根がコバルトブルーなのが印象的でした。

seibien02

庭園を散策すると、この盛美館がいろいろな角度から見られます。

角度によってさまざまな顔を見せてくれて、なかなか興味深かったです。

園内の係の人に聞くと、アリエッティブームで、若い人もたくさん訪れているとか。

宮崎駿監督のサインも置いてありました。

seibien03

くつろげるいい場所です。

さて、映画、見にいかなくては。

四国ブログランキングに参加しています。「ぽちっ」

押していただければ、幸せです人気ブログランキングへ

■「いっちゃんスキ」トップ

「りょうまっち」に会いたい方はこちらへ

ry_bn2_500

Twitterやってます。よろしければフォローをnabefollowme


follow ichansuki at http://twitter.com


お気に入りリンク

土佐名産ちりめん乾物専門店「中田遊亀商店」スタッフブログ

"あの"ゆりっちの土佐日記

"奥山佳恵のてきとう絵日記

オイラの赤い青春

クリエイターのWEBギャラリー  F-space!

こんぶろ・酒屋のブログ

むすび夢工房

どき土紀ブログ

高知ネット

映画を見ませんか SNS「ふらっと」ブログ

秋田のSNS・こみっと

日曜市に出店中【小出商店】


このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち& lt;$MTCategoryLabel$>カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは自然と日曜市< /a>です。

次のカテゴリは街路市< /a>です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

青森旅行: 月別アーカイブ

 

Powered by Movable Type 4.01