土佐の街路市(露店市、青空市)についてのコラム!!高知の食材や農業、食の安全の話題も

サイトマップ
とさあちホーム
  暮らしいきいき 高知が見える 『とさあち』  

ホームいちの土佐 > 編集日記 いっちゃんスキ

大河ドラマ「龍馬伝」のふるさと高知から、坂本龍馬関連の話や、彼の生誕地近くの日曜市、火曜市など街路市のトピックなど、観光情報、食の情報をお届けしています。愛すべき日曜市のおじちゃん、おばちゃんの話、おいしい食べ物や農業の話、旅のつれづれ、街角の経済や投資の話題、歴史や土佐の風土など、考えたこと、感じたことをつづります。

上海の最近のブログ記事

邱永漢さんのサイトでは、中国通のみなさんがコラムを持っていて、たいへん参考になります。

中でも、柳田洋さんの「中国ビジネスのすすめ」がおすすめ。

運送、倉庫会社を北京で経営している柳田さんが、身の回りで起きたことや仕事の中で感じたことなどを、つづっています。

文章も分かりやすいし、何よりバランス感覚が優れています。

shanghai01

きょうのコラムのタイトルは「お年寄りに席を譲る中国の人たちの余裕」。

北京では、地下鉄やバスで乗客が争ってお年寄りに席をゆずっているそうなんですね。

小さいころからのお年寄りを大切にする教育の徹底と、労働条件で比較的ゆとりがある点を、柳田さんは理由に挙げています。

残業が月20時間で1日1時間程度。これでもまだ文句をいう人がいると言うことですから、日本の労働環境から見ると、ちょっとうらやましいですね。

これで驚異の経済成長を成し遂げているのですから、「24時間働けますか?」で「坂の上の雲」を目指してきた日本人としては、「いったい、どうなってるんだろう?」と思ってしまいます。

中国の人たちの余裕のわけを、もう一つ付け加えるとすれば、人口が多いからではないでしょうか。

shanhai02

以前北京に行ったとき、どこへいってもやたらと人が多いのに、びっくりしました。

田舎者からすると、東京の人の多さも恐怖を感じますが、北京はそれ以上。

しかも、日本人からすると、博物館や美術館など公共施設などで、無駄に人が多いような気がします。

例えば切符切りの作業で、日本では1人ですむところを、中国では3人も4人も人手をかけている。

施設の中でもいたるところで職員を見かける。

shanghai03JPG

これはなぜか。

中国はあまりにも人がたくさんいるので、ワークシェアリングしないと、あぶれる人が出るためではないか、と思いました。

たぶん国中のいたるところで、この現象が起きている。

ただ、これからますます経済が発展し、機械化して省力化が図られ、競争がさらに激しくなって、みんなばりばり残業するようになり、仕事が拡大していったら、さらに経済が…。

考えるだけでも空恐ろしくなります。中国の潜在能力はまだまだこんなものじゃないかも。

貧しかった国の経済水準が上がることはいいことですが、かなうなら、途上国の経済発展によって、世界の富の不均衡が是正される方向に動いていってほしいです。

四国ブログランキングに参加しています。「ぽちっ」

押していただければ、幸せです人気ブログランキングへ

■「いっちゃんスキ」トップ

「りょうまっち」に会いたい方はこちらへ

ry_bn2_500

Twitterやってます。よろしければフォローをnabefollowme

日本人と中国人。

同じように漢字を使います。

ひらがなも、もともと漢字を崩して作られたもの。

文字表現上でも、中国からの恩恵は計り知れません。

kanji02JPG

でも似て非なるもので、微妙に違う言葉もあります。

汽車は、日本の汽車ではなく、自動車。上海汽車とか吉利汽車とか、自動車会社ですね。
汽車は中国では火車。火の車です。

日本で「○○屋」というと、寿司屋、天ぷら屋、総菜屋、便利屋、時代屋と、店屋さんを想像しますが…。

「献血屋」という看板を見かけました。これは献血センターなんでしょうね。

kenketu

屋内で献血するから献血屋。

分かっちゃいるけど、日本人の感覚からいうと、何かおかしい。

「献血の屋台」を想像して、おもわず顔がほころんでしまいました。

あと簡体字というか略字も多く、そこもちょっと、とまどいますね。

上海は路の名前の表示と東西南北が書いてあるので、とても歩きやすい。

kanji

「山东中路」は「山東中路」。「东」が「東」の簡体字です。

南京とか九江とか各地の名前が道路に付けられています。

こういう違いはあるにせよ、中国で旅行する時のいいところは、簡単なことなら、たいてい漢字で意思疎通ができること。

タクシーの運転手さんに、漢字で住所を渡すと、たいがいのところは行けました。

漢字を勉強したことのない欧米人では、絶対無理な筆談。

日本人のメリットをぞんぶんに生かして、大いに紙に文字を書いて、中国の人との会話を楽しんでみてはいかが。

四国ブログランキングに参加しています。「ぽちっ」

押していただければ、幸せです人気ブログランキングへ

■「いっちゃんスキ」トップ

「りょうまっち」に会いたい方はこちらへ

ry_bn2_500

Twitterやってます。よろしければフォローをnabefollowme

きょうの高知新聞23面「現論」。

イーデス・ハンソンさんが「便利な時代 弱まる観察力」と題して、執筆しています。

ケータイなどの小さな画面を見るのに忙しく、周囲の変化に無頓着な人たちが増えている。

スマートフォンのGPSは非常に便利で、東京など初めての土地を歩くときは非常に重宝します。

kid0080-047

行き先を打ち込めば、地図と徒歩、車、電車などの交通機関での所要時間がすぐ出てくる。

おまけに自分が地図上でどこの位置にいるか、すぐ分かります。

先日、上海の街を1人でうろうろしていたら、数時間前に分かれたばかりの知り合いに出会ってびっくり。

彼はといえば、うつむいてスマートフォンを見ている。

shanhai02

最近は海外でも定額でパケットし放題になっているので、早速つないでグーグルマップを使って、移動していたらしいのです。

異国で、土地勘がなく、言葉が分からない場所では、とても役に立つこの携帯地図。

ただ、彼の向かっていたのは目的地の全く逆方向でした。

私も同じことをよくやるので、彼のことを笑えません。

彼の地図を読む能力は、私より格段優れていて、大助かりでした。

ただ便利なものがあると、ついつい頼ってしまって、自分の立ち位置が分からなくなることがよくあります。

地図を開いて、自分の位置を確かめながら歩く。

迷ったら人に、たずねる。

やはりこれが一番確実のような気がします。

中国では言葉が通じないですが、幸いなことに、漢字がある程度分かる人が多い。

漢字発祥の地ですから当然といえば当然ですが。

shanhaiJPG

住所やメルクマールの建物を紙に漢字で書いて聞けば、だいたい目的地に着くことができます。

ハンソンさんは「山や街で五感を生かして歩こう」と話しています。

便利な機器に頼りすぎると、自分が生来持っている能力が落ちてくる恐れがあります。

無意識に歩いていても、人はさまざまなものを探索しながら、歩を進めている。

わらじサンダルをはいて歩いていると、路上の石や割れ目、みぞなどがさらに敏感に感じられるようになります。

足のサーチ機能がいくぶん高まったように実感しています。

無意識に感覚の衰えを危惧し、五感を高めるようにしているのかも知れません。

四国ブログランキングに参加しています。「ぽちっ」

押していただければ、幸せです人気ブログランキングへ

■「いっちゃんスキ」トップ

「りょうまっち」に会いたい方はこちらへ

ry_bn2_500

Twitterやってます。よろしければフォローをnabefollowme

黄浦江のちょうど、浦東と外灘(ワイタン)がパノラマのように見える場所に、上海の現地の方に案内してもらいました。

waitan03

浦東が現在の金融街。外灘は歴史的な香港上海銀行の設立場所だった建物がある、オールドシャンハイを感じさせる場所です。

日曜日の休日だったので人がいっぱい。

田舎者には、東京でもびっくりするぐらいの人口密度なのに、東京の比ではありません。
万博会期中に中国全土から「おのぼりさん」が出てくるので、こういう光景になるのでしょうね。

waitan02JPG

上海万博会場は、黄浦江の両岸にわたってパビリオンがあるので、船の航行が制限されているらしく、「禁止通航」の電光掲示の文字が光っていました。

浦東区で、ひときわ目立つのが、テレビ塔、東方明珠電視塔。

hoto02

14年前に上海を訪れたときは、周囲には何もありませんでした。

赤いドームから天を突き刺す針のように伸びたテレビ塔の先端は、雲の中にあり、今でも一番目を引きますが、上海金融センターなど高層ビル群が続々と建ち並んでいます。

黄浦江の風に吹かれていると、数々の問題を抱えつつも、この14年の間、疾走に疾走を重ね、成長してきた中国のエネルギーを感じないではいられません。

現在の世界の金融の中心はニューヨーク。

しかし、そんなに遠くない将来、上海が名実ともに世界の金融センターになる日が来ることを予感しました。

四国ブログランキングに参加しています。「ぽちっ」

押していただければ、幸せです人気ブログランキングへ

■「いっちゃんスキ」トップ

「りょうまっち」に会いたい方はこちらへ

ry_bn2_500

Twitterやってます。よろしければフォローをnabefollowme

上海を貫く黄浦江。

沿岸では金融街だった外灘(ワイタン)と、新しい金融街、浦東区が向き合います。

hoto

ウィキペディアによると、黄浦江は、楚の国の政治家、春申君(黄歇=こうけつ)が封じられていることから名付けられているんですね。

黄歇浦→黄浦江になったらしいです。

へえー、知らなかった。

宮城谷昌光さんの小説「奇貨(きか)居(お)くべし」で、黄歇には、すごくなじみがあったのに。

彼はとても風韻のある人物に描かれてますね。

kika

胆力があって、義理堅く、天下を望む気概がある。

「奇貨居くべし」は秦の始皇帝の父親とも言われる大商人、呂不韋(りょふい)の物語(宮城谷さんの小説では父ではないけど)。

商魂たくましい悪人の典型とされていた呂不韋を、涼やかな心根を持ち、大志を抱く商人として描いた、宮城谷さんの快作です。

完璧の語源とされた「和氏の璧(かしのへき)」が縁で親交を深める呂不韋と黄歇。

考えて見れば、2200年以上前のお話なんですね。

2千年以上前の人物の名前が冠されている川。さすがは4千年の歴史を誇る中国です。

中国の史書、魏志倭人伝に邪馬台国の卑弥呼が登場したのが239年。

呂不韋や黄歇の時代からまだ400年以上あとの話です。

その当時の倭人、日本人は、入れ墨をして、魚取るのがうまかったらしい。

bunmei

当時は、中国は光輝く文明国だったわけです。

ちなみに、「文明」という言葉、上海の街でよく見かけました。

以前、北京の地下鉄に乗った時も、電車の乗り降りについて「文明人は降りる人が先、乗る人が後」って書いてありました。

上海の地下鉄でも、降りようとしたら、どんどん乗ってくるし。

ただ、以前は待つ列すら作られなかったそうですから、列ができているということは、徐々に乗り降りのマナーが浸透してきたのでしょうね。

かっての輝ける文明国、中国は21世紀の新しい文明国に生まれ変わっている最中かも知れません。

四国ブログランキングに参加しています。「ぽちっ」

押していただければ、幸せです人気ブログランキングへ

■「いっちゃんスキ」トップ

「りょうまっち」に会いたい方はこちらへ

ry_bn2_500

Twitterやってます。よろしければフォローをnabefollowme

古くから国際都市だった上海。

各国の租界があったこともよく知られています。

「新天地」という地名をご存じでしょうか。

sintenchi01

上海の新名所、新天地は元フランス租界。

その町並みを再現し、おしゃれなカフェやレストランが中に入って、にぎわっています。
古さと新しさが同居する不思議な雰囲気。

オープンカフェもあるんだけど、あいにくの雨です。

やや肌寒さを感じながら、ワインで体を温めました。

西洋人も多く、座っていると中国にいる気がしません。

猥雑さとモダンさが混じり合った1世紀ほど前の魔都・上海を、心の中に思い浮かべていました。

新天地のすぐ南に、私の老師(先生、マスター)の1人である邱永漢さんが名付けた「旧天地」があります。

洋装品店やパブ、カフェなどが立ち並ぶ、文化の香り漂う地区。

重厚でがっちりとした感じを受ける新天地に対し、旧天地はもっと軽やか。

ファッション、デザインで一旗揚げようとする若者が世界各地から集まっているだけあって、柔らかな熱気が渦巻いてます。

邱さん=Qさんのq's coffeeで、一服。

kyutenchiJPG

Qさんはコーヒー文化を中国に根付かせようと、雲南でコーヒー豆を栽培しています。

ティピカ種で、すっきりとした味わい。

tagobo

以前、北京で飲んだことがあるのですが、その時よりずっとおいしく、上品な味になっていました。

喫茶文化がコーヒー文化に変わっていくのか。

tagobo02JPG

やたらスターバックスが増えたのも、中流階級が順調に育っている印かも知れませんね。

四国ブログランキングに参加しています。「ぽちっ」

押していただければ、幸せです人気ブログランキングへ

■「いっちゃんスキ」トップ

「りょうまっち」に会いたい方はこちらへ

ry_bn2_500

Twitterやってます。よろしければフォローをnabefollowme

さて、上海への滞在も今日まで。

名残の早朝散歩をしてきました。

通勤するサラリーマン、サラリーウーマンたちが、沿道を行き来する姿は活気があります。

お好み焼き風のオムレツの店の前には、行列が。

saraba.jpg

コーヒーを持って、さっそうと歩いている若い中国人女性を見て飲みたくなり、彼女が出てきたコンビニへ。

「全家」。見慣れた色とロゴだと思ったら、ファミリーマートでした。

saraba02.jpg

店員さんにホットコーヒーといってみるものの、通じない。

すると、買い物をしていたこれも若い中国人女性が私に英語で話しかけてくれ、店員さんに中国語で中継してくれました。

おかげでコーヒーを買うことができました。

「ありがとう」というと、彼女がにっこり。

現在、日中の間はちょっと波が高いけど、現地の人は、こちらが困っているときに、とても親切に応対してくれました。

小さいけど、朝から気分のいい出来事。

明るい気持ちで帰国の途に着くことができます。

謝々!上海

みやげ話は明日から始めます。

四国ブログランキングに参加しています。「ぽちっ」

押していただければ、幸せです人気ブログランキングへ

■「いっちゃんスキ」トップ

「りょうまっち」に会いたい方はこちらへ

ry_bn2_500

Twitterやってます。よろしければフォローをnabefollowme

上海の天気はきょうもどんよりしています。

窓から見える浦東のテレビ塔が雲の上に出たいと叫んでいるかのよう。

それはともかく、おなかは減る。

shan01.jpg

あいにくの強風と雨にさいなまれながら、きのうは飲茶を楽しんできました。

その報告は後日、ということで、きょうはお茶の話。

ウーロン茶を頼んだのですが、この色が美しい。

shan2.jpg

黄金色に耀いています。ついでくれるお嬢さんも美しい。

お茶は、なんともまろやかで、優しい味。

食の油をまろやかに溶かし、胃を楽にしてくれる。

こういう存在の人って、いますよね。日本にも中国にも。

四国ブログランキングに参加しています。「ぽちっ」

押していただければ、幸せです人気ブログランキングへ

■「いっちゃんスキ」トップ

「りょうまっち」に会いたい方はこちらへ

ry_bn2_500

Twitterやってます。よろしければフォローをnabefollowme

なぜか上海!されど上海なのであります。

今私はコバルトの風になって、上海に舞い降りました。

上海の空は限りなく澄んで…思い切り雨でした。

shaghai.jpg

それも風が吹いて、横なぐりの雨。

あと少しの会期となった万博の日本館、中国館を見るのを楽しみにしていたのに。

天は時にむごいことをする。

まあちくと、きょうの地元テレビを見ていると、雨の中、残り少ない会期を惜しんで、お客さんが殺到したとか。

この中で待つのもちょっとしんどいかなと。

やめてもいいやと。根性なしの私は思ってしまったわけです。

それにしても、浦東空港からのリニアにはびっくり。

shan02.jpg

浮くんですよね。早いんですよね。空港から、地下鉄の龍陽路駅まで、わずか7分。

最高時速は431キロだそうですが、今回はセーブして301キロ。

301キロの表示が出たときには、どよめきが起きました。

shan03.jpg

そのとき、Kazuの手は震えていた。

近未来をちょっぴり体験した気分でした。

四国ブログランキングに参加しています。「ぽちっ」

押していただければ、幸せです人気ブログランキングへ

■「いっちゃんスキ」トップ

「りょうまっち」に会いたい方はこちらへ

ry_bn2_500

Twitterやってます。よろしければフォローをnabefollowme


follow ichansuki at http://twitter.com


お気に入りリンク

土佐名産ちりめん乾物専門店「中田遊亀商店」スタッフブログ

"あの"ゆりっちの土佐日記

"奥山佳恵のてきとう絵日記

オイラの赤い青春

クリエイターのWEBギャラリー  F-space!

こんぶろ・酒屋のブログ

むすび夢工房

どき土紀ブログ

高知ネット

映画を見ませんか SNS「ふらっと」ブログ

秋田のSNS・こみっと

日曜市に出店中【小出商店】


このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち& lt;$MTCategoryLabel$>カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは歴史< /a>です。

次のカテゴリは中国< /a>です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

上海: 月別アーカイブ

 

Powered by Movable Type 4.01