土佐の街路市(露店市、青空市)についてのコラム!!高知の食材や農業、食の安全の話題も

サイトマップ
とさあちホーム
  暮らしいきいき 高知が見える 『とさあち』  

ホームいちの土佐 > 編集日記 いっちゃんスキ

大河ドラマ「龍馬伝」のふるさと高知から、坂本龍馬関連の話や、彼の生誕地近くの日曜市、火曜市など街路市のトピックなど、観光情報、食の情報をお届けしています。愛すべき日曜市のおじちゃん、おばちゃんの話、おいしい食べ物や農業の話、旅のつれづれ、街角の経済や投資の話題、歴史や土佐の風土など、考えたこと、感じたことをつづります。

食べてみましたの最近のブログ記事

けさの高知新聞の朝刊1面のトップは「『食べログ』で順位操作」。

「食べログ」は飲食店の検索サイトで、一般利用者が投稿する口コミなどに基づき、ランク付けされます。

それに投稿のやらせをする業者があるという話です。

horn

「食べログ」をこれまで重宝してきました。

知らない土地に行って、「どこか適当な場所はないだろうか?」と思ったときに、「答え一発」ですから。

はずれたことはないですね。

wantan

ところが、こういう業者が出てくると、口コミの信頼性にも関わってくる。

ランキング上位にいるか、いないかで売り上げが違ってくるから、「やらせ」があるのは予想できたことですが。

でも、でもです。

「自分の舌に自信があるか」と考えると、首をかしげたくなります。

確かに、おいしいものを普段から食べ慣れている人は舌が肥えています。

高知県人などは、安くておいしい素材が地元にたくさんあるから、素材の良し悪しがよく分かる。

susi

でも「おいしい」というのは、主観の判断。食べる場所、雰囲気、おなかのすき具合に大いに左右されます。

みんなが「おいしい」という店で食べたから、おいしく感じるということも多々あるのではないでしょうか。

若いとき、海外をさまよっていて、日本食を半年くらい食べなかったことがあります。

ネパールにたどりついたとき、日本人が経営する日本料理店で飲んだ一杯のみそ汁は、それまで食べたどんな料理よりおいしかった。

確かに、多くの人が「美味である」と感じる料理は、そんなにはずれることはないでしょう。

でも、「評判の店」で看板料理を食べても、おいしく感じなかった場合も少なからずあります。

すべての料理を「うまい」と感じられるのも一つの才能。

ジャンキーなものも、素材を生かした料理も、ぜいを尽くした食べ物も等しくおいしく食べられる。

舌に自信はないけれど、なんて幸せなことなんだろう。

四国ブログランキングに参加しています。「ぽちっ」

押していただければ、幸せです人気ブログランキングへ

■「いっちゃんスキ」トップ

「りょうまっち」に会いたい方はこちらへ

ry_bn2_500

先週半ばから東北に旅行に行ってきました。

仕事などがたまっていて、ブログを1週間ほどお休みしましたが、東北旅行の備忘録をまとめてみたいと考えています。

まずは食べ物から。

reimen

写真は盛岡市大同苑の冷麺。

盛岡は日本での冷麺発祥の地といわれています。

麺はそば粉ではなく、ジャガイモとか。太くて腰が強い。

だしはあっさりしていて、カツオだしのようなこくがあります。

渦巻いた麺の頂上に卵を置き、キュウリと牛肉、さらにはスイカも。

スイカには驚きましたが、夏の暑い時季に、口の中に清涼感を呼び起こします。

冷麺は韓国系、冷やし中華は中国系でどちらも大好き。

「人類は麺類」を信奉しており、毎日1度は麺類を口にしている私としては、また新たなレパートリーが広がり、うれしいです。

さあ、うどん食べに行こうか!

四国ブログランキングに参加しています。「ぽちっ」

押していただければ、幸せです人気ブログランキングへ

■「いっちゃんスキ」トップ

「りょうまっち」に会いたい方はこちらへ

ry_bn2_500

Twitterやってます。よろしければフォローをnabefollowme

やっと写真の取り込みが成功しました。

先日のと十和おかみさん市のバイキング写真です。

IMG_0819

メインのちらし寿司は、酢がほどよいかげんで、上品な仕上がり。

日曜市1丁目北26番の今井美弥子さんの酢がきいたお寿司も大好きですけど、このちらし寿司もいけます…って、何杯おかわりしてるんだ!

タケノコ、イタドリ、フキと、山菜の煮物はどれもおいしい。

中でもタケノコは柔らかくて、味付けも最高。いやあ幸せ。

cameraroll-1304478145.263896

おからもいいですね。ご飯が進む。

豆腐のからし味噌。味が引き立ちます。

シイタケのたたき。カツオのたたきもいいけど、山のエネルギーに満ちている。

そしてお味噌汁。白状します。三杯おかわりしました。この味ですよ。この味。

地元のおかみさんたちが作る心がこもったおもてなしのバイキング。

満腹、満腹。大満足です。

毎週水曜日に、「道の駅四万十とおわ」でお昼にやってますので、高知県内の人も県外の人もぜひ一度味わってみてください。

それと、十和は鯉のぼりの村。

5月の風に吹かれて、町中に泳いでいました。

IMG_0821

そして向こうの山まで渡したロープにつながれている鯉のぼり集団を発見。

いいなあ、気持ちよさそうだなあ。

それを隣りで見ていた小さい女の子が「ちいさいひごいは子どもたち♪ 面白そうに泳いでる♪」と、元気よく歌っていてほほえましかったです。

四国ブログランキングに参加しています。「ぽちっ」

押していただければ、幸せです人気ブログランキングへ

■「いっちゃんスキ」トップ

「りょうまっち」に会いたい方はこちらへ

ry_bn2_500

話題のラーメン店、銀座「香味徳」に行ってきました。

kamotoku

もともとは鳥取のご当地ラーメン。

特色はだしに牛骨を使用していること。

ラーメンは豚骨が多いですよね。

牛骨のスープは澄んでます。

kamitoku02

そして、あっさりなのにうまみは口の中にあふれてきます。

こってり系も好きだけど、この透明なスープのさっぱり感はとても魅力的でした。

お昼ごろでしたが、やはり行列が。

そんなにまたなくてもよかったですけど。

都(みやこ)の方々は行列が好きですね。

でも、この味なら納得です。

四国ブログランキングに参加しています。「ぽちっ」

押していただければ、幸せです人気ブログランキングへ

■「いっちゃんスキ」トップ

「りょうまっち」に会いたい方はこちらへ

ry_bn2_500

kamaageojyako01.jpg
「食べてみました」というより、「ずっと食べています」です!ハイ。吉本幸司さん(日曜市3丁目南172番、火曜市60番、木曜市61番)のところのオジャコ。

ほんとにおかずのない時は、これだけでご飯がすすみます。

もともと薄味党なので、おしょうゆは全くかけていません。それでも釜でゆでられた天然の塩味と、とろけるようなオジャコの軟らかさが舌を堪能させてくれます。

そのまま食べるのもいいですが、私の場合、ダイコンおろしとともにいただくことが多いです。

ダイコンおろしの辛さと、微妙なオジャコの塩味がからまって、なんとも幸せな気分にさせてくれます。

たぶん小さい時から、このオジャコを食べている人は健康で、「骨太」の生活をおくるんでしょうね。カルシウムたっぷりですから。

このところ体調がいいのは、日曜市の食材をよく食べているからかも知れません。

【写真】新鮮でおいしい釜揚げチリメンジャコ

四国ブログランキングに参加しています。「ぽちっ」と押していただければ、幸せです→人気ブログランキングへ

いでにこれも「ぽちっ」と→にほんブログ村 地域生活ブログ 高知情報へ

bainfuran01.jpg
帰りの飛行機は深夜便。ホーチミンの空港に向かう前に、カフェに入って、ベトナムのプリン、バイン・フランを食べました。

このバイン・フラン、日本のプリンと違う点は、もっと卵の濃厚な味がすることです。一説によるとアヒルの卵が使われているとか。

「ぷるるん」とスプーンの上で弾むバイン・フランを口の中に入れると、ふわふわと溶けていきます。

現地のカフェは落ち着きがあるところが多く、やはりフランスの植民地だった影響でしょうね。

アジアの雑踏と、ヨーロッパの重厚さをかいま見せてくれる場所ホーチミン。滞在時間が短く、まだまだその魅力を味わい尽くしたとはいえないので、また今度ゆっくりこようと思ってます。

【写真】ふわふわと口の中で溶けるベトナムのプリン、バイン・フラン

四国ブログランキングに参加しています。「ぽちっ」と押していただければ、幸せです→人気ブログランキングへ

ついでにこれも「ぽちっ」と→にほんブログ村 地域生活ブログ 高知情報へ

kokonatu01.jpg
バクダンというお店で、ココナッツアイスをいただきました。

先にフォーを食べたところがバク・ハ。バクハにバクダン。「なんちゅう物騒な名前」と日本人なら思いますが、おいしさはバクダン級でした。

ココナッツの中に、フルーツとアイスクリーム。ココナッツの実も中に入っていて、まろやかなおいしさ。外の暑さを忘れるほどでした。

ガイドブックに載っているのを見て、一度食べてみたいと思い、お店の中に入ったのですが、座っているとぞろぞろと入ってきたのは日本人の団体さんでした。

前の席には親子連れの日本人旅行者が居たし、日本人好みの味なんでしょうね。おみやげ話にもしやすいし。

ちょうど目抜き通りの交差点を見下ろす2階でしたので、走りすぎる大量のバイク集団を見つめて、短かったホーチミンでの日々をアイスとともにかみしめていました。

【写真】ココナッツアイス。フルーツの部分は食べてしまってました

 

四国ブログランキングに参加しています。「ぽちっ」と押していただければ、幸せです→人気ブログランキングへ

ついでにこれも「ぽちっ」と→にほんブログ村 地域生活ブログ 高知情報へ

ebiikagattai01.jpg
海鮮料理の中でもエビとイカは大好物ですが、エビをイカで巻いた揚げ物が出てきたので、びっくりしました。

弾力のあるイカをかむと、ぷりぷりとしたエビにいきつくこの食感。海鮮の人気者のコラボレーションを思う存分楽しむことができます。

塩とレモンをつけてもよし、ニュクマムで食べてもよし。

添えられた「ニンジンの花」もあでやかで、まさに、見て、かんで、味わって楽しめる逸品でした。

【写真】イカでエビを巻いた揚げ物

四国ブログランキングに参加しています。「ぽちっ」と押していただければ、幸せです→人気ブログランキングへ

ついでにこれも「ぽちっ」と→にほんブログ村 地域生活ブログ 高知情報へ

harumaki01.jpgベトナム料理定番のライスペーバーで巻いた春巻きです。前にも書きましたが、香草が苦手なので、どきどきしながら恐る恐る口の中に入れました。

全くだめという場合もあるのですが、このエビを巻いたのは、香草と混然一体となった味がグーでした。

これも例によってニュクマムをつけて食べます。もうちょっとベトナムに滞在して、たくさん味見すれば、自分に合った香草と好みの味を見つけられたと思います。また行かなくっちゃ。

けど、どちらかというとカリカリに揚げた、揚げ春巻きの方がどちらかというと好きですね。

初めて海外で春巻きの英語メニューを見た時、「スプリング・ロール」と書いてあったのに感動しました。そのまんまじゃないの。

まだまだ寒い日が続きますが、春を巻いて食べて、春を呼びたいですね。

【写真】エビが中に入った春巻き

四国ブログランキングに参加しています。「ぽちっ」と押していただければ、幸せです→人気ブログランキングへ

ついでにこれも「ぽちっ」と→にほんブログ村 地域生活ブログ 高知情報へ


 

kanidesu01.jpg
ちょっと奮発して現地名物のサイゴン蟹(ガニ)を食べてみました。いい赤に染まって湯気が出ています。それにしても、大きい。

サイゴンは、ホーチミンの旧名で、旧南ベトナムの首都でした。ホテル・サイゴンとかミス・サイゴンとか、サイゴンビールとか、未だにサイゴンを冠するものは多いですね。

ふきんにくるんでやっとこで「バキッ」と砕きます。ふきんをはずして手で割ると、白いむき身が姿を現しました。

蟹を食べる時は、無口になりますが、せっせせっせと身を出す作業に精を出しました。

この大きな爪で何をつかんできたんだろう?なんてことを思いをはせ、たぶん泥水の中で、ゆっくり気ままに生きてきたんだろうな、などと空想して、蟹さんに感謝。

塩味が付いているので、そのままどんどん食べられます。これも淡白で、透明な味。甲羅の裏まで、おいしくいただきました。

【写真】いい色をしているサイゴン蟹

四国ブログランキングに参加しています。「ぽちっ」と押していただければ、幸せです→人気ブログランキングへ

ついでにこれも「ぽちっ」と→にほんブログ村 地域生活ブログ 高知情報へ

 


 


follow ichansuki at http://twitter.com


お気に入りリンク

土佐名産ちりめん乾物専門店「中田遊亀商店」スタッフブログ

"あの"ゆりっちの土佐日記

"奥山佳恵のてきとう絵日記

オイラの赤い青春

クリエイターのWEBギャラリー  F-space!

こんぶろ・酒屋のブログ

むすび夢工房

どき土紀ブログ

高知ネット

映画を見ませんか SNS「ふらっと」ブログ

秋田のSNS・こみっと

日曜市に出店中【小出商店】


このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち& lt;$MTCategoryLabel$>カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは食の安全< /a>です。

次のカテゴリは西原理恵子< /a>です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

 

Powered by Movable Type 4.01