サイトマップ
とさあちホーム
  暮らしいきいき 高知が見える 『とさあち』  

ホーム > とさあちスタッフ日記「りぐーる」

仕事中に出会った面白いこと。笑える失敗談、心動いたこと・・・。いつも一生懸命のとさあちスタッフが日々の泣き笑いを語ります。

 

ダイエットとロックンロール

松も取れて平常運転が始まっておられるのではないかと思われますが、皆さんいかがお過ごしですかiSalです。私はいつも平常運転ですけどね。ああ南の島にでも行きたい。どっかこう、アカプルコ的な海岸でテキーラ・サンライズでも飲みながら、うまいもん食べながら、だらだらしていたい。

「そしたらまた太るよ」という声が聞こえてきて私を現実に引き戻しますけれども、まことに仰るとおりでして、太っておる。正月太りといえばベタなのだけど、私の場合、正月なんて関係ないぐらいに肥満し膨満しぶくぶくになっておるわけでして、ダイエットは生命維持的な観点からも急務なのです。

もともと骨が太くて小太り型なわたくし。太りやすい食べ物が好きということもあり、中年以降、一万五千回ぐらいダイエットを行ってきましたが、そのたびにリバウンドしては前よりも体重が増える。という無益な状態だったのです。

それは食事制限を主にした、少々無茶な方法だったため、確かに一定の成果は上がるのですけれど、ダイエット終了した瞬間に親の敵のように食欲が盛り上がってしまい、結局以前よりもたくさん食べてしまう、という不毛な方式を採用していたからに他ならないのです。1日の摂取カロリーを1800kcalに限るという荒行を行ったときは、1カ月で12kg減量なんて目覚ましい成果も出たんですが、やはり無茶な方法は無理が出ますね。

でも今は、ネットという強力な味方がある。ネット上にあふれる専門サイトや掲示板で情報収集して、自分に合ったダイエット方法を探し当てれば、効率よく健康にやせることができるというわけです。

で、さっそく検索してみましたら、以下のようなダイエット方法が見つかりました。ごく一部ですが、ご紹介。

コアリズムダイエット
リンパマッサージダイエット
レコーディングダイエット
朝バナナダイエット
オーガニックダイエット
炭水化物抜きダイエット
リセットダイエット
ウォーキングダイエット
ゲルマニウム温浴ダイエット
踏み台昇降運動ダイエット
なわとびダイエット
おやつぬきダイエット
夕食抜きダイエット
シェイクダイエット
ランニングダイエット
もやしマヨネーズダイエット
ダイエット食品ダイエット
ビリーズブートキャンプダイエット
豆乳クッキーダイエット
低炭水化物ダイエット
スープダイエット
食品酵素ダイエット
パワープレートダイエット
ヨーグルトダイエット
エアロバイクダイエット

多すぎるねん。いくらダイエットの方式は星の数とはいえ、こんなにあったらワケ分からん。というか「おやつぬきダイエット」て、ダイエットするのにおやつ食べんでしょうが最初から。もうわあわあ言うておりますけど、そんな風に思わず激高してしまうほど、百花繚乱というか百家争鳴というか議論百出というか、そんな状態です。

まあダイエットって昔からそうですよね。最近で一番ワケ分からんかったのは「めん棒ゾーンセラピーダイエット」だったんですが、本当に何度聞いても何をするのか何のこっちゃか分からない。でも昔からそんな奇抜なアイデアが登場しては耳目を集め、そして忘れられていく。

それにしてもコレは多すぎるだろう。もうこの中からどの方式を、どうやって選んでいいか本当に分かりません。全部試すわけにもいかないし。

まあ要するに、目覚ましい結果を求めすぎるから、あるいは楽して最大の結果を求めようとするから人は極端に走るわけで、これは世間の物事ほとんどに言えると思うんですけれど、人間地道が一番。ショートカットして楽していい思いをしようとするから、サブプライムローンが破たんしたり派遣を安易に切ったり漢字を盛んに読み違えたり、そういうことになるわけです。

じゃあ、方式を具体的な(効くかどうか、試してみなければ分からない)メソッドに求めるのではなく、思想的な方向で考えるのはどうか。ダイエットとは「こうなりたい」理想へとリアルを近づける作業であるからして、その理想だけをきっちり心に抱いてアスファルトタイヤを斬りつけながら暗闇走り抜けるのはどうか。

510CHFRJ16L._SL500_AA240_なので、世にあふれるさまざまなダイエット方法の中から、私が選んだのはコレです「ロックンロール・ダイエット」。また強力にうさんくさいの選んだな、という感じなのですが、「格好良くなりたい(ロックスターのように)」という強い思いは、苦行への大きな動機付けになると思うのですよ。

これは書籍が出ていまして、昨年、嶋大輔主演で映画にもなりました。ウガンダ・トラさんの遺作としても知られています。「太っていてはロックができない」と一念発起、ダイエットに成功した著者の苦闘と、効果的なダイエット法方が満載です。「格好いいオヤジになろうぜ」。そうですね、ミック・ジャガーはマラソン走ってるしね。

リンクはオフィシャルサイトで、ここも涙なくしては読めない体験談からバーチャル断食祭り、「太っても食いたい煩悩レストランガイド」などが掲載されています。メルマガ購読しようかと思う昨今。仲間がいるってだけで心強いものね。ロックが好きで、やせたいと思う仲間。その中に私のような例えばスモール・フェイセズ好きな人がどれだけいるかは分かりませんが。

Alweired1 ところで、私自身のロックンロール・ダイエット方法として、何か食べたくなったらアル・ヤンコビックの「FAT」を思い出して萎えてみる、というのがあります。それって果たしてロックンロールだろうか。ところでアルヤンの本名はWeird Al Yankovicだと思うんですが、Weirdって部分、日本では完全に無視されてるよね。そもそもなんて読むんですか? とか話題をそらして食い気を失わせるわけです。すごい高等テクニック(そうなの?)

まあこの場合、具体的なダイエット方法は各個人にゆだねられているわけで(出発点はあくまでも思想的なものですから)、日々何をすればいいかは個人で編み出すしかないのです。

なので、要するに運動して食べなければやせる。というのは自明の理ですので、とりあえずは炭水化物・タンパク質・脂質を控えめに、そしてなるべく歩く(運動する)という穏やかなことから始め、体の代謝能力が高まってきたらさらに運動の強度を上げ、良質のタンパク質を摂って繰り返し筋肉に不可を与えることで筋力をアップし、気付けばこの上なくマッチョな体に。

それも面白いと思うんですけど、まあそこまでやんなくてもいい。とりあえずは少しずつ、始めたところです。ロックンロールな生き様を目指すには余りにも遅いかもしれませんけれど、というかメタボなロッカーもけっこう多いと思うんですけど、それはそれで、とりあえず「格好良いオヤジ」は魅力的な言葉ですので、ローリン&タンブリンって感じで頑張ってみようと思います。

マジなので特にオチはなく、次はもっちさん、お願いします。

アル・ヤンコビックつったら「Eat It」だろ、という人は → 人気ブログランキングへ


トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: ダイエットとロックンロール

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://blog.kochinews.co.jp/blog/mt-tb.cgi/2818

コメントする


最近のコメント

このブログ記事について

このページは、が2009年1月 8日 18:16に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「天地人」です。

次のブログ記事は「ドラマつれづれ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.01