サイトマップ
とさあちホーム
  暮らしいきいき 高知が見える 『とさあち』  

ホーム > 海百景

 高知といえば豊かな自然。何げない、それでいて高知らしい海辺の風景を、【とさあち】「高知・海百景」では写真で紹介します。
 2007年11月以前の海百景はこちら
 「海百景」では写真の投稿も受け付けております。投稿はこちらからお願いします。

 

2007年11月アーカイブ

 幡多郡大月町は高知県の西端にある町です。人がよくて、自然がよくて、その割に知られていなくて。高知県の中でもおそらく最高に神秘的な場所の一つです。

 高知新聞社の秋の恒例イベントで、県内各地に出向き、集中的にその土地の取材や催しを行う「移動高知新聞」、またの名を「ふれあい高新」が、今年は大月町で開かれ、十月二十四日の水曜日から二十八日の日曜日まで、メーン会場を弘見地区の町中央公民館として、精力的に大月町を紹介しました。

houzaki.jpg

 県内でも亜熱帯の風情漂う大月町。山肌も県内のほかの地域とはやや異なる植物が茂り、海岸線には切り立った荒々しい断崖が続く(大月町朴崎)

benten.jpg

 樫西海岸を代表する風景の一つ弁天島。気の遠くなるような長い時間をかけて、波が不思議な岩を形作る。

tenbou.jpg

 漁業とダイビングの島、柏島。ダイバーなら一度は訪れたいと思う、憧れの地でもある。近年はマグロの畜養や里海構想でも有名に。

kashiwajima1.jpg ボートを待つダイバーたち。桟橋には、各ダイビングショップのボートが慌ただしく出入りを繰り返していた。

kashiwajima2_1.jpg

 岩陰にはベラやイシモチの仲間が群れています。

 kashiwajima2_2.jpg 優雅に泳いでいるのか、ダイバーを威嚇しているのか。ハナミノカサゴ。

kashiwajima2_3.jpg

 まだ若いキジハタが岩の間を泳ぎ回っていました。

kashiwajima2_4.jpg

 ダイバーを警戒するウツボ。岩陰から突如頭を出して脅かす人気者でもあります。

kashiwajima2_5.jpg

 柏島は別名「ハゼ天国」。さまざまな種類のハゼが見られます。ダイバーに人気のハタタテハゼのペア。

kashiwajima3.jpg

 県西部の海ではよく見かけるタカノハダイ。磯釣りの外道でもよく釣れる。

kashiwajima4.jpg

 岩とガンガゼの間からウツボが威かくしていた。

tatsugasako2-1.jpg

 柏島のほかにも、大月町にはダイビングスポットが多数ある。波打ち際からほんの数メートル沖合に出ると、色とりどりの魚とサンゴが主役の海中風景が広がっているのも大月町の魅力。大月町竜ケ迫。

tatsugasako1.jpg

 海中に沈んだ空き缶から顔を出すニジギンポ。

amaji2-1.jpg

 岩場の間を泳ぐ色鮮やかな魚。大月町安満地。

amaji3-1.jpg 岩の間のイソギンチャクはダイバーになじみ深いクマノミのコロニー。大月町安満地。

amaji1-2.jpg

 岩とサンゴの周辺には、カゴカキダイやタカノハダイ、スズメダイの仲間がのんびり群れていた。大月町安満地。

amaji4-1.jpg

 鮮やかな縦じまのキンチャクダイ。大月町安満地。

最近のコメント

このアーカイブについて

このページには、2007年11月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

次のアーカイブは2007年12月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.01