サイトマップ
とさあちホーム
  暮らしいきいき 高知が見える 『とさあち』  

ホームとさあち五大陸ネット > ブイーノ!ザンビア

「ブイーノ」とは、ザンビアで使われるニャンジャ語で「いいね」という意味。ザンビアでの生活やボランティアに大忙しの菊地めぐみさん(安芸市出身)が見たアフリカの現状。
※高知新聞2月15日付夕刊の特集「金曜フリースペース」で菊地さんの活動を紹介しています。本文はこちらで読めます。

 

idokussaku.jpg指にはラスタカラーの指輪、腕にもラスタカラーの腕輪が光る。この人が区長!? 修士論文の調査のため、私が地元の女性たちと活動するコンパウンドが属する区の区長に初めて会った。

私と1歳しか違わない小柄な彼の名はンジェベ(ベンバ語で「人の話に耳を傾ける」という意味)。本職はミュージシャンで、無報酬で区長を引き受けている。

 自己紹介もままならず、ンジェベ氏は早口に区の問題について話し始めた。道路は赤土がむき出しで、子どもたちが練習するサッカーグランドはデコボコ、整備された市場もなく、何より住民の生活に必要な水の量が足りない。

翌朝、私は愛車パジェロJr.のハンドルを握り、デコボコの道を区の端から端まで走っていた。もちろん助手席にはンジェベが座っている。コンパウンドの構造について知りたいという私に見せるのが一番早いと思ったらしい。

mizukumi01.JPG
「よし、この機会に水汲み場や貯水ポンプ、保健所や学校も回って、ムプルング区の発展に何が必要か記した開発計画案を作ろう!」それを持って国際協力機関やNGOにムプルング区を売り込むのが彼の目的だ。

引っ切りなしに鳴る電話。区長の仕事に毎日を割いているのに報酬は一切なし。家賃収入と貯金を切り崩して家族を養っているそうだ(コンパウンド住民で銀行口座を持っている人は少ない)。

hodou01.JPG
給料も出ないのに、どうしてそんなに一生懸命働くのか聞いてみた。「Passion(情熱)」の一言が返ってきた。自分が住む地域をもっと良くしたいという情熱が、彼を駆り立てるらしい。論文を終えたら彼と共にムプルング区の発展のために働きたい!ンジェベに出会えたおかげで、次なる目標ができた。


よければ押してくださいね!人気ブログランキングへ

yasai01.JPG

tshut01.JPG

8月19日に、かねてからフランスの病院にて療養中だったザンビアのムワナワサ大統領が脳梗塞で亡くなりました。混乱が生じるかと心配したのですが、国民は心の準備ができていたのか街はいたって平穏。

国営テレビは連日追悼番組を放送し、新聞は毎日大統領の功績を称え、街にはザンビア国旗と大統領の顔写真が溢れていました。

大統領の誕生日である9月3日まで喪に服すことが発表され、9月1日までの予定だった学校の冬休みも6日まで延長されました。

驚いたのは、ザンビアの風習である遺体との対面式。大統領の遺体が安置された国会議事堂には最後のお別れをしようと大勢の市民が長蛇の列を作りました。

daitoryo01.JPG

さらに、突然のことで地方からお別れに来られない国民のために、なんと大統領の遺体は小型飛行機に乗って地方を回りました。

そして、9月3日、ルサカに戻った大統領の遺体は盛大な告別式の後、やっと埋葬される時がきたのです。(ザンビアの風習では、普通は死後3日で埋葬されるそうです。)

豪華な棺にはザンビア国旗の黒、赤、緑、オレンジに彩られた蓋がされ、その上に重厚な大理石が乗せられて土がかけられました。

しかしその後、灰色のセメントが流され、中国人の労働者がコテできれいに均し、大統領の棺はすっかりセメントの下に密閉されてしまったのです。

なんとも息苦しい光景が想像できると思うのですが、これは盗賊にお墓を荒らされないためにザンビアでは必要不可欠なこと。一般の人でも、遺体が身につけた衣服や棺に納められた貴金属を盗まれないために、棺の上はきっちりセメントで固めるんだそうです。

【写真】大統領の顔を描いたTシャツ(上)と看板

よければ押してくださいね!人気ブログランキングへ

gasyo01.jpg村の学校の生徒が式を盛り上げるため、劇と合唱を披露してくれました。ザンビア人のお芝居の上手さはピカイチ。長年、ザンビアに住んでいる外国人から、騙されないように注意を受けるほどです。

劇では、HIV/AIDSが題材としてよく取り上げられます。この日も、笑いを盛り込みながら、観衆に分かり易くHIV/AIDSについての情報を伝えてくれました。

一番感動したのは、村に響き渡った生徒たちの美しい歌声です。ザンビア人の歌を聞いたりダンスを見たりするたび、太古からアフリカの人々に流れている血を感じずにはいられません。

sorataka01.jpgどこまでも広がる青空をバックに歌う生徒の姿と、幾重にも重なる美しいハーモニーは、一生忘れられないことでしょう。

【写真】村人の前で合唱する子どもたち(上)と空高く響く子どもたちの歌声

よければ押してくださいね!人気ブログランキングへ

kaijyo01.jpg列に遅れをとらないよう必死で歩いていると、あっという間にチボンボ村の新しい保健所に到着しました。JICA(国際協力機構)の助成を受けて、「徳島で国際交流を考える会」が建設しました。

会場には、手作りの来賓席が用意され、終了式の準備は万端。でも、時間がきても式が始まる様子はありません。これがザンビアタイム。チボンボ村の時間の流れに身を任せ、村人が集まるまで1時間ほど待ちました。(1時間は早いほうです!)

やっと終了式の始まりです。郡の保健局長など偉い人の話に続いて、修了証書の授与が行われました。研修の最後に実施したテストの点数が高い人から授与されるとあって、一番先に名前を呼ばれた男性が前へ出ると、突然、村人の後ろの方から「ロロロロロロー」と奇声が上がり、彼の奥さんが飛び出てきて旦那さんに飛びつきました!

喜びを体いっぱいで表現する奥さんは、見ていてとても微笑ましかったです。

【写真】 新しくできた保健所と、手作りの来賓席

よければ押してくださいね!人気ブログランキングへ

hat01.JPG

ザンビアに事務所を置く日本のNGOは3つあります。

HIV/AIDSの啓蒙啓発活動及びエイズ孤児の教育支援を行う「難民を助ける会」、結核など保健医療に従事する「AMDA(アムダ)」、そして保健及び教育支援を実施する「徳島で国際協力を考える会」。

どの事務所もルサカ市内にあり、駐在員の皆さんがザンビアのために日々汗を流していらっしゃいます。

「徳島で国際協力を考える会」はお隣徳島県のNGO、そして、ザンビア事務所の山本駐在員は高知女子大学の出身。とても身近に感じるNGOです。

その「徳島で国際協力を考える会」が、医師や看護士の不足を補うため、予防接種や健康教育、栄養カウンセリング等の基礎的保健医療サービスを地域の人々に提供する保健医療従事者のための研修を実施しました。研修の終了式がルサカから約100キロ離れたチボンボ村で行われるということで、私も参加させてもらいました。

雨季の洪水で橋が流されたため、川岸に車を停めて、そこから3キロの道を歩きます。背高く伸びた草をかき分けながら進むと、マッシュルームハットが見えてきました。

マッシュルームハットの手前には白い綿花が咲いています。村人と同じ道を歩くと、村人の生活に近づいた感じがして好きです。どこまでも広がる青い空、どこまでも続く緑の丘。たまには、こんな村に住んでみたいなぁ。実際に生活をしてみると大変でしょうが、そんな気分になります。

【写真】 綿花畑の向こうはマッシュルームハット

よければ押してくださいね!人気ブログランキングへ

 

 

 

zanbia01.JPGザンビアで食料を買うときは、いつも「まとめ買い」です。野菜は、毎週火曜日に開かれる市場で1週間分の野菜を買い込みます。どうして火曜日なのか?それは、日曜日にルサカ近郊で収穫され、月曜日にルサカに運びこみ、そして、火曜日に市場に並べられるからです。

チューズデイマーケットでは、ザンビアで農場を経営している中国人も店を出すので、大根、ホウレンソウ、チンゲンサイ、豆腐など普段、スーパーでは手に入りにくい食材を買うことができます。

また、ザンビアでは「買い物をする」という楽しみがないので、週に一度、バスケット一杯に野菜を買って、買い物欲求を満たしているとも言えます。

市場では量り売りが基本。トマト1キロ2500クワチャ(約75円)、キャベツ1玉2,000クワチャ(約60円)など、1キロ単位で売られています。

zanbia02.jpg2人暮らしの我が家には量が多すぎるので、いつも「500グラムでも売ってくれる?」と聞いてから買います。

3年前は「1キロじゃないと売れない!」と断る人が多かったのに、最近は「500グラムでもいいよ」と快諾してくれるようになってきました。「多く売った方が収入が多い」=「500グラムだと損をする」と思い込んでいたからだと思うのですが、最近は商売をしているザンビア人も賢くなってきたようです。

もう一つ量り売りで気をつけないといけないのは、秤の目盛り。ずる賢い人は、量る前に目盛りを少しプラスの方向にずらしていることがあるからです。

ザンビアには中国人と同じくインド人もたくさん住んでいるのですが、彼らはザンビア人よりも上手です。みんな「マイ秤」を持参して買い物をしています。しかも、目盛りをマイナスの方向にずらしている人もいるというから驚きです!

【写真】野菜に囲まれてトマトを売る女性。トマトはザンビア人にとってなくてはならない野菜(上)と(色とりどりの野菜に囲まれて)果物から野菜まで何でも手に入ります。

よければ押してくださいね!人気ブログランキングへ

ro-ne01.jpg以前、高知新聞の夕刊に掲載していただいたルサカ市チャザンガコンパウンドでの女性グループ支援活動。

ローンを貸し出して彼女たちの収入創出活動をサポートしているのですが、16人のトップを切って、来週2人のメンバーがローンの返済を終えられそうです。

貸し出したのは100000クワチャ(約3000円)。毎週5000クワチャ(約150円)の返済で、利子10%を追加した110000クワチャを、22週間で返済するというプログラムです。

この2人はラストスパートを頑張って、最近は毎週10000クワチャずつ支払っているので、予定より若干早く完済できそうです。

もちろん負債を抱えているメンバーも多数います。

コンパウンドでの生活は山あり谷あり。

雨期になるとマラリアでミーティングに出席できないメンバーも多かったし、子どもの学費を支払わなければいけない1月は、コンパウンドのだれもお金がなくて商売あがったり。

でも、ほとんどのメンバーが自分の借金の額を自覚し、返済が遅れても1000クワチャの罰金を払いながら、なんとか返済しようと頑張っています。

私も、そんな彼女たちに付き合えるようになりました。ここはザンビア。彼女たちの速度に合うようにやっていけばいいのです。

現在、彼女たちのみでローンを実施できるように少しずつ準備を始めています。

最初は不安そうでしたが、案外そう悪くもなさそう。

自分たちのグループができて、自分たちで運営できることを、とても楽しみにしているようです。

新しく生まれたグループの名前は「ティタンディザーネ」。ニャンジャ語で「お互いに助け合う」という意味だそうです。

よければ押してくださいね!人気ブログランキングへ

gaso01.jpgきょうのニュースで、高知のガソリンスタンドでのインタビューが報道されていました。

日本では暫定税率の期限切れで値下がりしたガソリン。ザンビアから見ると羨ましい限りです。こちらは首都ルサカで1リットル当たり217円。

3年前、私がザンビアに来た当初は5000クワチャ代だったのですが、それが6000代になり、7000代になり、昨年末からしばらく7100クワチャ(現在のレートで約200円)でとどまっていたのに、とうとう先週末7720クワチャ(約217円)に値上がりしてしまいました。

日本でガソリンを入れる時は常に「満タン」だったのに、こっちではもったいなくて100000クワチャ分(約2800円)とか、たまに思い切って150000クワチャ分(約4200円)とか、なかなか「full tank=満タン」という言葉を言う勇気が出ません。

ちなみに私の愛車パジェロJr.に満タン30リットル入れるとなると6500円もかかってしまいます。

ガソリンを入れても目盛りがあまり上がらないので、「ひょっとしてごまかされた?」と疑うこともしょっちゅうです。

最近は少なくなったように感じますが、以前はガソリンスタンドでガソリンの量やお釣りの額をごまかされることがあったからです。

車を停めたら、定員のあいさつに気を取られてはいけません。あいさつに答えつつも、目はじっと注入したガソリンの額を示す表示がゼロに戻ったかどうかを確認します。

たいてい小額分しか入れないザンビア人の額の続きで入れられることがあるからです。お釣りもきちんと確認しないと、半分に折って2枚に見せかけて渡すこともあると聞きました。

ガソリンスタンドで慎重になるクセがついたのか、日本に一時帰国した時もガソリンスタンドに行くと、ついつい目が表示を追ってしまう私です。

よければ押してくださいね!人気ブログランキングへ

sugoijyanpuryoku01.JPG段々畑を見た私たちの次の目的は、横跳(と)びするサル、ベローシファカ。「日本のコマーシャルにも登場したことがある」とガイドブックに書いてあるので、見たことがある人も多いかもしれません。

ベローシファカに会うべく、私たちはアンタナナリボからマダガスカル南端の町フォール・ドーファンまで飛行機で飛びました。

フォール・ドーファンからベローシファカが見られるベレンティー保護区まで、距離にして88キロメートル、時間にして2時間半。

国道だというこの道は、穴ボコだらけのガタガタ道。ザンビアで慣れているはずの私でも、かなり疲れました。

yokobobisurusifaka.jpg道中、小さな斧を肩に担いだ男性をよく見かけました。聞けば、いつでも木を切ったり、動物を仕留めたりするために持っているとのこと。「おじいさんは山に芝刈りに、お婆さんは川に洗濯に。」マダガスカルで日本の昔話を思い出しました。

やっとベレンティー保護区に到着です。シマシマの長いしっぽを持つワオキツネザルが迎えてくれます。「アーイアイ、アーイアイ、おサルさぁーんだよ」私の頭の中に昔、小学校で習った歌が流れてきました。

あれ、確か音楽の本の挿絵はシマシマのしっぽだったような。でも、ガイドブックを見ると「アイアイ」は黒い毛で覆われたちょっと不気味な姿をしています。今も小学校で「アイアイ」の歌を習うのかどうかは分かりませんが、あの挿絵(さしえ)は間違っていたことが、この時わかりました。

夕方、一息ついてから散歩に出かけました。ワオキツネザルとアカビタイキツネザルの写真を撮りながら歩いていると、少し先のほうに人影が。と、突然、その人影がピョンピョン道を横切っていく。

tobucyokuzennoshifaka.jpg

「ベローシファカだ!」急いでその場に駆けつけると、真っ白いフワフワの毛をしたベローシファカが木にしがみついていました。

と、突然、遅れてやってきたベローシファカが、夕日をバックにピョンピョン横跳びしながらこちらに向かってくるではありませんか!

興奮してシャッターを切りまくりました。夫は私の声に驚いて、その姿をビデオに収めることはできなかったとか。それほど、その姿は愛らしく、飛ぶ姿はまるでバレリーナのようでした。

よければ押してくださいね!人気ブログランキングへ

【写真】(上から)すごいジャンプ力、横飛びするシファカ、飛ぶ直前のシファカ、シマウマの尻尾のワオキツネザル

simaumawao01.jpg

inekari01.jpgアンチラベから30分ほど車を走らせると、そこは一面、田園地帯。小高い山の麓に赤土色の民家が立ち並び、田んぼでは農民が手作業で稲を刈っています。

刈った稲を頭の上に乗せて一列になって運ぶ光景は、まさにシャッターチャンス。運転手さんに車を停めてもらい、カメラを手に外に飛び出しました。

道路沿いの民家を訪ねると、おばさんがザルを使って籾の選別をしていました。積み上げられた稲に登って遊ぶ子どもたち。田んぼから刈ってきたばかりの稲を広げる若い女性。カメラを向けると、みんなすてきな笑顔を返してくれます。

sentaku01.JPG川では、おばさんたちが洗濯に精を出しています。

こちらも声をかけると、カメラに向かってとびきりの笑顔。道路沿いで果物を売るおばさんも、家の軒先でお米をつくおばさんも、小さいガラスのケースに入ったパンを売る女の子も、みーんないい顔をしています!

マダガスカル人の祖先は東南アジア系の人々だと考えられており、人々の表情はとてもアジア的。そんな顔で微笑(ほほえ)まれると、親近感を覚えずにはいられません。

どこまでも広がる田んぼに、素朴で優しい人々。これもマダガスカルの大きな魅力の一つでしょう。

【写真】稲刈り(上)、川で洗濯するおばさん(中)、表情はアジア的(下)

よければ押してくださいね!人気ブログランキングへ

  inenoue01.jpg


最近のコメント

ヨシ on 手作りおもちゃ: そうですよね、ほんと
panto on バランスの良さはピカイチ!: 写真拝見しました。現
mika on チューズデイマーケット: 色彩が鮮やかでまぶし
megumi on 闇に包まれたザンビア: yoshimuraさ
tugio.yosimura on 闇に包まれたザンビア: 元気で、頑張っている
Powered by Movable Type 4.292